サガミジョウロウホトトギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サガミジョウロウホトトギス
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ホトトギス属 Tricyrtis
: サガミジョウロウホトトギス T. ishiiana
学名
Tricyrtis ishiiana (Kitagawa & T. Koyama) Ohwi
和名
サガミジョウロウホトトギス(相模上臈杜鵑草)

サガミジョウロウホトトギス(相模上臈杜鵑草、学名:Tricyrtis ishiiana (Kitagawa & T. Koyama) Ohwi)はユリ科ホトトギス属多年草神奈川県丹沢山地の一部に分布し、沢沿いの岩場から垂れ下がって咲く。

の長さは30~60cm、は卵状披針形-披針形で長さ7~15cm。は3cm前後の黄色い釣鐘型で、8月下旬~9月中旬に咲く。花の内面には赤紫色の斑点が多数ある。

Status[編集]

絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png

2007年8月、レッドリスト。以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧IA類(CR)

山野草ブームによる乱獲で激減し、「絶滅危惧IB類(EN)」に分類されている。

関連項目[編集]