サキドルエースSURVIVAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サキドルエースSURVIVAL
Sakidol Ace Survival
受賞対象 グループアイドル
グラビアアイドル
日本の旗 日本
授与者 週刊ヤングジャンプ編集部
初回 2012年
最新受賞者 実久里ことの(神使轟く、激情の如く。)(グランプリ)

サキドルエースSURVIVAL週刊ヤングジャンプ編集部が行う女性アイドルオーディションである。2019年から開始されたコスプレ大戦に関しても記述する。

概要[編集]

2012年からスタートしたグループアイドルによる読者参加型グラビアオーディション。“サキドルエースSURVIVAL”とは「最端アイドルグループのエース級少女によるサバイバル」の略称である[1]。週刊ヤングジャンプ該当号のアンケートはがきによる投票により優勝を争い、SEASON4までの優勝者にはグループ全体でのグラビアページ登場権利、SEASON5からはソログラビアによる紙面登場権利を争う。

SEASON6はSHOWROOMとコラボレーションし、動画配信も加点対象となった[2]。SEASON7以降の夏季大会はTIFにおいてコラボレーションした企画が行われている。

2019年1月10日、週刊ヤングジャンプ創刊20周年を記念し、各賞受賞者や2018年の表紙アイドルから選抜した「SS ELEVEN」[3]を結成。サキドルエースからはSEASON5出場後、継続的に紙面登場を果たしている安藤咲桜が選抜された。

※以下、所属グループはすべて参加当時のもの。

サキドルエースSURVIVAL[編集]

2012年12月に開催。5グループ5人参加。

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON2[編集]

2013年5月に開催[5]。5グループ5人参加。LinQが前回に引き続き参戦。

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON3[編集]

2014年2月に開催。12グループ12人参加。

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON4[編集]

2015年7月開催。1ラウンド目、3ラウンド目がソログラビア。2ラウンド目がタッググラビアという初のチームトーナメント形式となった。12グループ20人参加。dela、夢みるアドレセンスが2回連続。paletが2度目の参加。仙石みなみ、岡田ロビン翔子はチームを変えての2度目の参加となる。

優勝[編集]

  • palet

FINAL ROUND~Beautiful Dream・Battle Water Flower~[編集]

ROUND2 ~夢のアイドルタッグマッチ~[編集]

ROUND1 ~12アイドル タイマンバトル~[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON5[編集]

2016年5月開催。10チーム10人参加。

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON6[編集]

2016年12月開催。10チーム10人参加。バンドじゃないもん!が2回連続の参戦。過去最多の5万票超えの投票数を記録[9]

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON7[編集]

2017年8月開催。10チーム10人参加[10][11]。ヤングジャンプ36.37合併号の表紙では漫画『ONE PIECE』とのコラボレーションが行われた[12]。11月のグランプリ発表時に過去最高投票数と報じられた[13]

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON8[編集]

2018年1月開催。7グループ7人参加[14]

優勝[編集]

その他参加者[編集]

サキドルエースSURVIVAL SEASON9[編集]

2018年7月開催。過去最多[17]となる16グループ16人参加。神使轟く、激情の如く。純情のアフィリア、Shibu3projectが連続参加。

ヤングジャンプモバイルサイト「ヤンジャン!」ではサキドルエースSURVIVAL MOBILEも同時開催され、16名中12名が参加。MOBILE優勝者は所属グループ全員でのインタビューページ登場が特典となっている[18]

優勝[編集]

参加者[編集]

第一次コスプレ大戦 COSTUME WAR[編集]

2019年2月開催[20]。近年のグラビア登場モデルにコスプレイヤーが増えてきていることから、ヤングジャンプ創刊40周年企画として開催。紙面でヤングジャンプ連載漫画(連載終了作品も可能)のコスチューム、さらに個人の魅力を出すため持ち込みのコスチューム、水着姿を掲載[21]。読者アンケート1位(優勝)のコスプレイヤーにはソログラビア登場権を進呈。また撮影写真をもとにした電子書籍で個別に制作し、売上1位には優勝枠とは別に撮り下しデジタル写真集を制作する。

参加者[編集]

  • 水湊みお
  • さちぶどう
  • 桃色れく
  • すみれおじさん
  • カモミール
  • 小澤らいむ
  • 望月もち子
  • オシリス
  • ふぇりすみにょん
  • 赤木クロ
  • 羽生ゆか

脚注[編集]

  1. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2012年12月20日発売No.3・4 合併特大号(通巻No.1614)
  2. ^ “サキドルエースSURVIVAL SEASON6”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 2017年1月24日閲覧。
  3. ^ 今年注目の美女11人が水着で集結 豪華美ボディ競演 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース (2019年1月10日). 2019年1月10日閲覧。
  4. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2013年03月14日発売No.15 号(通巻No.1624)
  5. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2013年05月09日発売No.23 特大号(通巻No.1631)
  6. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2013年07月18日発売No.33 号(通巻No.1641)
  7. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2014年09月18日発売No.42 号(通巻No.1697)
  8. ^ 『ヤンジャン』が選ぶ次のブレイクアイドル決定 優勝は17歳Gカップ美女. ORICON NEWS. (2016年8月4日). 2016年3月21日閲覧。
  9. ^ “えりちょす、美腹筋&メリハリヒップで魅了 水着バトルで1位に”. ニフティニュース (2017年3月9日). 2017年3月9日閲覧。
  10. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2017年NO.35(通巻NO.1835)436頁
  11. ^ “「ヤンジャン」グラビア争奪戦第7弾が開幕 10人のアイドルがビキニに”. 毎日新聞 (2017年8月3日). 2017年8月3日閲覧。
  12. ^ “水着のアイドルが”麦わら帽子”をかぶって登場!『ONE PIECE』連載20周年記念企画でヤングジャンプの表紙をジャック!”. 集英社コミックシンク (2017年8月6日). 2017年8月4日閲覧。
  13. ^ “王道黒髪ロング美女・トゥラブ山広美保子に栄冠 ヤンジャン人気企画が過去最高の盛り上がり”. モデルプレス (2017年11月9日). 2017年11月9日閲覧。
  14. ^ “サキドルエース SURVIVAL:「ヤンジャン」グラビア争奪戦第8弾が開幕 7人のアイドルが水着に”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2018年1月4日). 2018年1月4日閲覧。
  15. ^ 生牡蠣いもこ、水着バトルに勝利「週刊ヤングジャンプ」で初表紙&巻頭グラビア”. 音楽ナタリー. 2018年3月22日閲覧。
  16. ^ サキドル優勝の美少女アイドル、神激の生牡蠣いもこがヤンジャン表紙に登場!”. T-SITEニュース. 2018年3月23日閲覧。
  17. ^ 集英社「週刊ヤングジャンプ」2018年08月09日号(No.34)(通巻No.1883)443頁
  18. ^ 【優勝グループ全員YJ本誌登場権争奪!サキドルエース SURVIVAL MOBILE season1” (日本語). 優勝グループ全員YJ本誌登場権争奪!サキドルエース SURVIVAL MOBILE season1. 2018年8月2日閲覧。
  19. ^ “実久里ことの:「ヤンジャン」グラビア企画で優勝 トレードマークのメガネ外し… - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20181121/dyo/00m/200/029000c 2018年11月22日閲覧。 
  20. ^ “No.12 表紙&巻頭&センター&巻末グラビア第一次コスプレ大戦” (日本語). 週刊ヤングジャンプ公式サイト. https://youngjump.jp/gravure/2019/1910/1.html 2019年2月19日閲覧。 
  21. ^ コスプレイヤー11人が『ヤンジャン』グラビア出演を賭けガチバトル 水着姿も披露”. ORICON NEWS (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。