サクラダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サクラダイ
Sacura margaritacea.jpg
サクラダイの雄
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ハタ科 Serranidae
亜科 : ハナダイ亜科 Anthiinae
: サクラダイ属 Sacura
: サクラダイ S. margaritacea
学名
Sacura margaritacea
(Hilgendorf, 1879
和名
サクラダイ(桜鯛)
英名
Cherry bass
Cherry Anthias

サクラダイ(桜鯛、学名:Sacura margaritacea) は、スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科に属する

分布[編集]

主に南日本沿岸に分布し、長い間日本固有種と考えられていたが、近年パラオ近海などでも生息が確認されている。ただし、通常のスクーバダイビングで観察できる場所は南日本に限られる。

形態[編集]

体長約15cm。雌雄で体の色や模様が異なる。雌性先熟で、生まれたときは全て雌であるが、成長すると雄に性転換する。 雌はオレンジ色を基調とした体色で、背鰭の付け根に1対の黒色斑を持つ。雄は真紅の身体に白い斑紋が点在し、非常に美しい。また、婚姻色の雄は、顔の色が銀色に近い桜色となる。


人間とのかかわり[編集]

水産上は重要でない。市場に桜鯛として流通しているのは春先に漁獲されるマダイのことである。小魚であるため、ほとんど市場には流通しない。主にかまぼこの原料として使われる。その他の料理法として、塩焼き煮付けなどがある。

近縁種[編集]

  • Sacura boulengeri(Heemstra, 1973)

Sacura boulengeri.jpg

  • Sacura parva

Heemstra & Randall, 1979

  • Sacura speciosa

Heemstra & Randall, 1979

関連項目[編集]