サクラホクトオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サクラホクトオー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1986年4月3日
死没 2000年3月16日(15歳没・旧表記)
トウショウボーイ
サクラセダン
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 谷岡牧場
馬主 (株)さくらコマース
調教師 境勝太郎
競走成績
生涯成績 14戦5勝
獲得賞金 1億8650万円
テンプレートを表示

サクラホクトオー日本競走馬種牡馬1988年朝日杯3歳ステークスがおもな勝ち鞍である。

概要[編集]

年齢はすべて旧表記(数え年)にて記載

サクラホクトオーは、父がトウショウボーイ、兄に1988年日本ダービー優勝馬サクラチヨノオーを持つことからデビュー前から期待されていた。デビュー後は新馬戦、府中3歳ステークス(当時はオープン特別)、朝日杯3歳ステークスと無傷の3連勝を飾り、翌年のダービー候補となり兄弟制覇も期待された。馬名は兄・チヨノオーが大相撲横綱千代の富士貢にあやかったものであったため、千代の富士の九重部屋での弟弟子でやはり横綱の北勝海信芳にあやかって命名された。

1989年は兄も勝った弥生賞からの始動となった。単勝1.4倍と圧倒的な人気となったが、中山競馬場の芝コースは大雨によって水が浮くほどの不良馬場となっていた。レースが始まるといつものように後方に付けたが、その後まったく伸びず16頭立て12着と惨敗した。続く皐月賞では3.0倍の1番人気に推されたが、レース当日の朝まで雨が降りまたしても不良馬場となってしまい、20頭立ての19着(1頭競走中止しており、事実上最下位)とまたしても惨敗した。

目標でもあった日本ダービーでは単勝9.9倍の5番人気にまで評価が落ちていた。ただ、この年の日本ダービーの1番人気はロングシンホニーの6.0倍であったように完全に人気が割れていた。しかし良馬場で行われた日本ダービーも内にササる(突然内側に斜行する)などでウィナーズサークルの9着と惨敗した。

夏は休養にあて、秋はセントライト記念からスタートした。やや重馬場、春の惨敗などもあって3番人気だったが勝利し、ふたたび菊花賞候補となった。

菊花賞では7番人気であった。直線に入るとサクラホクトオーは馬場の切れ目に驚いて外ラチぎりぎりまですっ飛んでしまい、外ラチいっぱいに追い込んできたが5着に敗れた。それでも勝ったバンブービギンとは0.4秒差であった。

その後は有馬記念イナリワンの3着と好走、翌1990年アメリカジョッキークラブカップを制し、続く産経大阪杯天皇賞(春)にも出走したが、ともにスーパークリークに完敗した。脚部不安による1年あまりの休養のあと、京王杯スプリングカップで復帰し2番人気に支持されるも9着と敗れ、続く安田記念では小島に代わり木藤隆行の騎乗で出走(4番人気)したがダイイチルビーの15着と惨敗、これが最後のレースとなった。結局、クラシック以降のGIとは縁がなく引退している。上記の通り重馬場が苦手だったうえ、良馬場の発表であっても出走時には雨が降ってくることが多かった。逆に、雨が予想されたレースを回避したところ、晴れて良馬場でレースが行われたといったこともあった。

種牡馬としてはトウショウボーイの後継馬の一頭としてかなりの人気を集めたが、サクラスピードオー(1996年共同通信杯4歳ステークス)を出した程度にとどまった。2000年3月16日に腸捻転により死亡した。墓は北海道静内町新和牧場に建てられた。ちなみに仔のサクラスピードオーは、父自身も皐月賞で対戦したミスタートウジンと対戦したことがあるが、結果は父と同じく先着を許してしまった(1998年2月22日の銀嶺ステークス〈14頭立て〉。成績はサクラスピードオー13着、ミスタートウジン8着。父は皐月賞〈20頭立て〉では19着、ミスタートウジン13着)。

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
1988.10.08 東京 3歳新馬 芝1600m(良) 11 3 3 002.70(1人) 01着 01:36.9(36.1) -0.3 小島太 53kg (ボストンキコウシ)
0000.11.26 東京 府中3歳S OP 芝1800m(良) 10 5 5 001.70(1人) 01着 R1:48.6(36.5) -0.7 小島太 54kg (マイネルブレーブ)
0000.12.18 中山 朝日杯3歳S GI 芝1600m(良) 9 5 5 001.30(1人) 01着 01:35.5(35.1) -0.3 小島太 54kg (スクラムトライ)
1989.03.05 中山 報知杯弥生賞 GII 芝2000m(不) 16 2 3 001.40(1人) 012着 02:12.1(42.8) -4.4 小島太 55kg レインボーアンバー
0000.04.16 中山 皐月賞 GI 芝2000m(不) 20 1 1 003.00(1人) 019着 02:08.5(41.3) -3.3 小島太 57kg ドクタースパート
0000.05.28 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 24 4 11 009.90(5人) 09着 02:30.2(38.0) -1.4 小島太 57kg ウィナーズサークル
0000.09.24 中山 セントライト記念 GII 芝2200m(稍) 9 8 8 004.80(3人) 01着 02:14.5(36.1) -0.2 小島太 56kg (スダビート)
0000.11.05 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 8 18 011.60(7人) 05着 03:08.1(34.7) -0.4 小島太 57kg バンブービギン
0000.12.24 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 7 12 012.60(3人) 03着 02:32.1(36.0) -0.4 小島太 55kg イナリワン
1990.01.21 中山 アメリカジョッキーC GII 芝2200m(良) 10 4 4 001.50(1人) 01着 02:13.8(36.5) -0.2 小島太 56kg ランニングフリー
0000.04.01 阪神 産經大阪杯 GII 芝2000m(稍) 9 5 5 003.20(2人) 07着 02:04.9(38.7) -2.0 小島太 57kg スーパークリーク
0000.04.29 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 16 6 10 007.00(3人) 014着 03:25.8(39.3) -3.9 小島太 58kg スーパークリーク
1991.04.21 東京 京王杯スプリングC GII 芝1400m(良) 18 3 6 006.70(2人) 09着 01:22.4(35.1) -0.9 小島太 58kg ダイイチルビー
0000.05.12 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 16 5 9 010.20(4人) 015着 01:35.4(36.4) -1.6 木藤隆行 57kg ダイイチルビー

主な産駒[編集]

血統表[編集]

サクラホクトオー血統 (血統表の出典)[§ 1]

トウショウボーイ
1973 鹿毛
父の父
*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
父の母
*ソシアルバターフライ
Social Buttefly
1957 鹿毛
Your Host Alibhai
Boudoir
Wisteria Easton
Blue Cyprus

サクラセダン
1972 鹿毛
*セダン
Sedan
1955 鹿毛
Prince Bio Prince Rose
Biologie
Sraffa Oresenigo
Signa
母の母
*スワンズウッドグローヴ
Swanswood Grove
1960 黒鹿毛
Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Fakhry Mahmoud
Fille de Salut
母系(F-No.) スワンズウッドグローヴ系(FN:16-a) [§ 2]
5代内の近親交配 Nasrullah 4×4、Mahmoud 5×4、Hyperion 4・5(父内) [§ 3]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2][1]
  3. ^ [1]


備考[編集]

1つ上の世代には同時代のスターホースオグリキャップが存在したが、対戦は89年の有馬記念の一戦のみである。 そのレースではサクラホクトオーが3着、オグリキャップが5着となっており、その後はオグリキャップが90年の有馬記念まで、 サクラホクトオーが91年の安田記念まで現役を続けたが、再戦をする事はなかった。 結果的にサクラホクトオーは日本馬で唯一の「オグリキャップに負けた事が無い(先着されていない)馬」となっている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|サクラホクトオー|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月28日閲覧。
  2. ^ 『優駿』1992年9月号、日本中央競馬会、13頁