サクレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Saclay
Blason ville fr Saclay (Essonne).svg

Mairie Saclay.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) エソンヌ県
(arrondissement) パレゾー郡
小郡 (canton) ビエーヴル小郡
INSEEコード 91534
郵便番号 91400
市長任期 クリスティアン・パージュ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du plateau de Saclay
人口動態
人口 3 241人
2010年
人口密度 237人/km2
住民の呼称 Saclaysiens[1]
地理
座標 北緯48度43分51秒 東経2度10分21秒 / 北緯48.7309702度 東経2.1724445度 / 48.7309702; 2.1724445座標: 北緯48度43分51秒 東経2度10分21秒 / 北緯48.7309702度 東経2.1724445度 / 48.7309702; 2.1724445
標高 平均:m
最低:108 m
最高:161 m
面積 13.65km2
Saclayの位置(フランス内)
Saclay
Saclay
公式サイト www.saclay.fr
テンプレートを表示

サクレーSaclay[2])は、フランスイル=ド=フランス地域圏エソンヌ県コミューン

地理[編集]

サクレーは、大規模な農業地帯であるサクレー平野の中にある。サクレーはパリのノートルダム大聖堂(フランス国道の起点)の南西19kmの地点にあり[3]エヴリーの22km北西[4]パレゾーの西5kmにある[5]。公共交通機関としてバス路線が7本ある。

歴史[編集]

サクレー池

その名の由来はほとんど知られていない。コミューンは現在の名称で1793年に誕生した。

ルイ14世の建築監督ゴベールは、ヴェルサイユより標高の高いサクレー平野に雨水を貯める構想を持っていた。宮殿に水を供給するためである。このように、ヴェルサイユの庭園の池に水を供給するため溝がつくられた[6]。こうした装置はリヴィエール・デュ・ロワ・ソレイユ、「太陽王の川」(fr)と呼ばれた。1648年、ルイ14世は一帯の水を集めるための人工池を掘らせ、ヴェルサイユへ向けて水路を掘らせた。1680年、ヴォーバン(1684年にゴベールの後継者となる)がダムを建設させ、ヴィルドンブル、デュ・プレシ、ビュックの各水道橋でヴェルサイユに水を運んだ。彼はヴィリエール池を掘らせ、「古い池」、サクレー池とは水道橋でつなげた。ヴィリエール池は「新しい池」と呼ばれた。王はパヴィリオンや狩猟用ロッジを建てた。

18世紀、面積の82%は農地であった。鉄道や交通通信網から遠く離れていたため、サクレーの都市化は進まなかった。19世紀、サクレーには2つの蒸留所があった[7]

1945年、シャルル・ド・ゴールは、原子力・代替エネルギー庁の設置を決定した。1947年、サクレー研究所の建設が始まった。中心となった建築家はオーギュスト・ペレである。サクレー研究所は現在4000人以上の専従職員がいる(1960年代には約10,000人の専従職員がいた)。

1946年、1870年に建てられていたヴィルラ砦に推進装置の試験センターが設置された。

1995年、社会保障全国軍人金庫(fr)がサクレーにラ・マルティネール療養所を設置した。2011年、サクレーは世界の技術革新の中心の1つとなっている。それを生かすため、84,000人の研究者がいくつかの大学、グランゼコール、50の大手企業に集められている。

経済[編集]

サクレーでは、小線源治療で使用される人工放射性同位体イリジウム192が製造されている。サクレー研究所は、原子力・代替エネルギー庁中で最大の民生化学センターである。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
1666 1991 2037 1865 2894 2882 3003

参照元:1962年までEHESS、1968年以降INSEE[8][9][10]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]