サタデー・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サタデー・ナイト
ベイ・シティ・ローラーズシングル
初出アルバム『エジンバラの騎士
B面 イギリスの旗 Marlina
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1974年
ジャンル グラム・ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル アリスタ・レコード
作詞・作曲 ビル・マーティン
フィル・クールター
プロデュース ビル・マーティン
フィル・クールター
ベイ・シティ・ローラーズ シングル 年表
"Love Me Like I Love You"
(1975)
"Saturday Night'"
(1975)
"Money Honey"
(1976)
ミュージックビデオ
"Saturday Night" (TopPop, 1976) - YouTube
テンプレートを表示

サタデー・ナイト」(: Saturday Night) は、スコットランドポップ・ロック・バンド、ベイ・シティ・ローラーズ1975年にリリースした楽曲。ビル・マーティン英語版フィル・クールター英語版のコンビが作詞・作曲・プロデュースを手掛け、リズミカルかつ熱狂的なヴォーカルで「SATURDAY」を「S-A-T-U-R-D-A-Y」と綴り出していくサビの部分が印象的なアップビートのロックナンバーである。

この曲のオリジナルを歌ったのはノビー・クラークであり、1973年イギリスでレコーディングされリリースされたが、チャート入りはしなかった[1]。1975年末に、「サタデー・ナイト」はアメリカ合衆国でリリースされてヒットし、1976年1月3日には、Billboard Hot 100 チャートの首位に立った[2]。この曲は、アメリカ合衆国が建国200周年を迎えた1976年Billboard Hot 100 で、最初に首位に立った曲であった。このバージョンは、1974年イギリスで発表されたアルバム『エジンバラの騎士 (Rollin')』に、ノビーに代わってボーカルとなったレス・マッコーエン英語版が歌って吹き込み直したものであった。このシングルは、カナダの音楽雑誌『RPM』のシングル・チャートでも、1976年1月10日付で首位となった[3]。この曲は、バンドにとって唯一の全米ナンバー・ワンとなったヒット曲である[2]

2019年には、Netflixの『Umbrella Academy』シリーズで、この曲が使用された。

日本での普及[編集]

日本では複数の「サタデー・ナイト」のシングルがリリースされている。いずれもレーベルはアリスタ・レコードで、Discogsのデータで1975年の発売とされている規格品番 BLPB-251-ARの盤(B面が「ベイ・シティ・ローラーズのテーマ (Shang-a-lang)」)[4][5]1976年3月20日の発売とされている規格品番 IER-10935-ARの盤(B面が「バイ・バイ・ベイビー (Bye Bye Baby)」)[1]のほか、曲名を「サタデイ・ナイト」としB面に「Hey! C.B.」を収めた1979年のシングル[6]や、CDの時代に入った後、CMで使用されたことをきっかけに1989年3月21日に再発された8センチCD(曲名表記は「サタデイ・ナイト」、2曲目は「ベイ・シティ・ローラーズのテーマ」)[7]、レーベルがBMGに代わり「サタデイ・ナイト」1曲が収録された2004年8センチCDがある[8]

チャート[編集]

週間チャート[編集]

チャート(1975/1976年) 最高位
オーストラリアの旗 オーストラリア (ケント・ミュージック・レポート 45
ベルギーの旗 ベルギーウルトラトップ 50、フランドル 5
カナダの旗 カナダ・トップ・シングルズ(RPM[3] 1
ドイツの旗 ドイツドイツ公式音楽チャート 10
オランダの旗 オランダネーダラントス・トップ40[9] 3
 ニュージーランドニュージーランド・レコード産業協会 7
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国スプリングボック・ラジオ英語版[10] 16
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国Billboard Hot 100[2] 1

年間チャート[編集]

チャート(1975年) 順位
カナダの旗 カナダ[11] 106
チャート(1976年) 順位
カナダの旗 カナダ[12] 33
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Billboard Hot 100[13] 64

カバー[編集]

イングランドのロック・バンドであるネッズ・アトミック・ダストビンは、マイク・マイヤーズ主演のロマンティック・コメディである1993年の映画ハネムーンは命がけ』のために、この曲をカバーした。その演奏はサウンドトラック・アルバムにも収録された。

カナダハードロック・バンドであるモンスター・トラック英語版は、『ホッケー・ナイト・イン・カナダ』の2017年/2018年のシーズンのために、この曲をカバーした[14]

後の楽曲への影響[編集]

トミー・ラモーンによれば、ラモーンズの「電撃バップ」における「Hey! Ho! Let's Go」というチャントは、「サタデー・ナイト」に示唆を受けたものだったという[15]

カナダのロック・バンドであるシンプル・プランは、2015年の楽曲「Saturday」のなかで、「サタデー・ナイト」の冒頭の「S-A-T-U-R-D-A-Y Night」のチャントを数カ所に挿入している[16]

日本男性アイドルグループロックバンドであるTOKIO2001年に発表した「カンパイ!!」は、この曲のリメイク・カバーとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 佐々木モトアキ (2019年3月20日). “ベイ・シティ・ローラーズの「Saturday Night」が日本で発売された日”. TAP the POP. 2019年5月8日閲覧。 -
  2. ^ a b c BAY CITY ROLLERS Chart History”. Billboard. 2019年5月8日閲覧。
  3. ^ a b Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2016年10月10日閲覧。
  4. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs
  5. ^ 泉山真奈美 (2013年10月30日). “歴史を彩った洋楽ナンバー ~キーワードから読み解く歌物語~第104回 Saturday Night(1975/全米No.1)/ ベイ・シティ・ローラーズ(1966-2000)”. 三省堂. 2019年5月8日閲覧。
  6. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs - 1979年のシングル
  7. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs - 1989年8センチCD
  8. ^ Bay City Rollers ‎– Saturday Night - Discogs - 2004年8センチCD
  9. ^ Bay City Rollers” (オランダ語). Top40. 2019年5月8日閲覧。
  10. ^ SA Charts 1965–March 1989”. 2018年9月1日閲覧。
  11. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2016年10月24日閲覧。
  12. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2016年10月10日閲覧。
  13. ^ Billboard 25 December 1976: TIA-6
  14. ^ Monster Truck Release Bay City Rollers’ Cover of ‘Saturday Night’; Hear the Truck throughout the 2017-2018 Hockey Night In Canada Season” (英語) (2017年9月29日). 2017年10月24日閲覧。
  15. ^ The Story Behind The Song: Blitzkrieg Bop by The Ramones” (英語) (2014年7月14日). 2016年7月18日閲覧。
  16. ^ Single Review: Saturday // Simple Plan” (英語) (2015年7月11日). 2017年5月31日閲覧。
先代:
ザ・ステイプル・シンガーズ
レッツ・ドゥ・イット・アゲイン
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1976年1月3日(1週)
次代:
C. W. マッコール
「コンボイ」