サダカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サダカアラビア語: صدقة‎, IPA: [sˤɑdæqɐ])とは、個人が善意で行なう喜捨を指す言葉である。義務的に行う制度喜捨であるザカート(救貧税)と区別されてきたが、近年の世俗化したイスラム国家ではザカートも個人の自由意思に任されるようになり、その区別が無くなってきている[1]

クルアーンにおける記述[編集]

  • クルアーン9章悔悟60節に、「サダカは貧者,困窮者、サダカを管理している者、改宗者、布教活動従事者、旅人、身代金や負債の救済のためのもの」で、これはアッラーフが決めたものであるという記述がある。
  • また第2章雌牛には、「サダカを行った者には、恩恵を与える」という記述がある。
寄付全般
  • 第2章 雌牛 215節 施してよいのは両親、近親、孤児、貧者と旅路にある者のため。
  • 第2章 雌牛 274節 寄付したことを公にするものでは無い。
  • 第3章 イムラーン家 92節 自分の大切だと思う財産から払うこと。

出典[編集]

  1. ^ ひろさちや 『世界の宗教がわかる本―成り立ち、儀式からタブーまで』 PHP研究所

関連項目[編集]