サダムパテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サダムパテック[1]
Sadamu Patek Chukyo Kinen2014(IMG1).jpg
2014年トヨタ賞中京記念
欧字表記 Sadamu Patek[2]
香港表記 瑞士名錶[3]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2008年3月30日(11歳)[1]
登録日 2010年9月23日
抹消日 2015年1月7日[4]
フジキセキ
サマーナイトシティ
母の父 エリシオ
生国 日本の旗 日本北海道白老町[1]
生産 (有)社台コーポレーション白老ファーム[1]
馬主 大西定[1]
調教師 西園正都栗東[1]
競走成績
生涯成績 30戦6勝
中央競馬)29戦6勝
(日本国外)1戦0勝
獲得賞金 国内:4億665万円
国外:398万7900円
 
勝ち鞍
GI マイルCS 2012年
GII 弥生賞 2011年
GII 京王杯スプリングカップ 2012年
GIII 東スポ杯2歳S 2010年
GIII 中京記念 2014年
テンプレートを表示

サダムパテック (Sadamu Patek) は、日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。おもな勝ち鞍はマイルチャンピオンシップ(2012年)、弥生賞2011年)、京王杯スプリングカップ2012年)、東京スポーツ杯2歳ステークス2010年)、中京記念2014年)。

経歴[編集]

生産者は北海道・白老町にある社台コーポレーション白老ファーム。2009年、1歳のときに「サマーナイトシティの2008[5]」としてセレクトセールに上場され、1200万円(税込1260万円)で落札された[6]。馬名は冠名+スイス時計名(パテック・フィリップ)より。

2歳[編集]

2010年10月17日、京都の2歳新馬戦柴田善臣を鞍上に迎えてデビュー、5番人気に支持され2着となる。続く10月30日の未勝利戦で鞍上はC.スミヨンを迎えて初勝利を飾った。 3戦目には11月20日の東京スポーツ杯2歳ステークスに出走、1番人気に支持された。道中は後方でレースを進め4コーナーでは中団待機まで進出し直線半ばで力強く抜け出し2着のリフトザウイングスに3馬身半差つけて快勝し重賞初制覇を飾った[7]12月19日朝日杯フューチュリティステークスでは単勝1.8倍の1番人気で出走、道中中団で待機し直線で外から追い詰めたがグランプリボスの4着に終わった。

3歳[編集]

2011年3月6日、鞍上に岩田康誠を迎え弥生賞に出走、1番人気に支持された。道中中団を追走し直線で外から抜け出すとプレイに1/2馬身差をつけて勝利した[8]。震災の影響で舞台が東京競馬場に変更となった4月24日皐月賞では中団から追い上げたが、先に抜けたオルフェーヴルに3馬身突き放され2着に敗れた。東京優駿では中団を追走したが最後の直線で伸びあぐねて7着に終わった。秋に入り9月18日セントライト記念に1番人気で出走、後方待機から直線で外から追い詰めたがフェイトフルウォーの3着。菊花賞では先団を追走したがオルフェーヴルの5着に終わった。12月3日鳴尾記念に1番人気で出走、好位から脚を伸ばしてくるが、外から一気に強襲したレッドデイヴィスにかわされ3着に敗れた。

4歳[編集]

2012年1月5日京都金杯に1番人気で出走、後方から追い込んだが5着に終わった。続く2月5日東京新聞杯は中団で待機したが直線で伸びず13着に敗れた。クレイグ・ウィリアムズに乗り替わった5月12日京王杯スプリングカップでは直線で鋭い差し脚を見せ、弥生賞以来、3度目の重賞勝利となった。しかし6月3日の次走安田記念では直線で失速し9着に敗れた。10月28日天皇賞(秋)では鞍上が武豊に乗り替わったものの、いいところなく8着に敗れた。11月18日マイルチャンピオンシップでは直線逃げるシルポートをかわして先頭に立ち、そのまま後続を振り切ってGI初勝利を挙げた。これは鞍上の武豊にとっても2年ぶりの中央競馬GI勝利となった[9]

5歳以降[編集]

2013年は5戦して未勝利と不振に終わった。2014年も凡走が続いていたが、安田記念では不良馬場ながら直線で差を詰めての7着と復活の兆しを見せると[10]、続く中京記念ではミッキードリームをハナ差抑えて優勝した[10]。その後は4戦未勝利に終わり、2015年1月7日付けで競走馬登録を抹消、引退した。引退後は優駿スタリオンステーション種牡馬となる[4]。2016年より韓国・済州島で種牡馬生活を送ることになった[6]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2010.10.17 京都 2歳新馬 芝1600m(良) 16 15.8(5人) 02着 1:37.1 (33.5) -0.2 柴田善臣 55 ケイティーズジェム
0000.10.30 京都 2歳未勝利 芝1600m(良) 14 02.4(1人) 01着 1:34.3 (34.8) -0.5 C.スミヨン 55 (ダノンシャーク)
0000.11.20 東京 東スポ杯2歳S GIII 芝1800m(良) 16 04.6(1人) 01着 1:47.3 (33.7) -0.6 C.スミヨン 55 (リフトザウイングス)
0000.12.19 中山 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 16 01.8(1人) 04着 1:34.1 (34.9) -0.2 C.スミヨン 55 グランプリボス
2011.03.06 中山 弥生賞 GII 芝2000m(良) 11 02.7(1人) 01着 2:01.0 (34.2) -0.1 岩田康誠 56 (プレイ)
0000.04.24 東京 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 02.5(1人) 02着 2:01.3 (34.9) -0.5 岩田康誠 57 オルフェーヴル
0000.05.29 東京 東京優駿 GI 芝2400m(不) 18 06.0(2人) 07着 2:32.8 (37.4) -2.3 岩田康誠 57 オルフェーヴル
0000.09.18 中山 セントライト記念 GII 芝2200m(良) 17 03.1(1人) 03着 2:10.7 (34.1) -0.4 岩田康誠 56 フェイトフルウォー
0000.10.23 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 24.0(7人) 05着 3:03.8 (35.9) -1.0 岩田康誠 57 オルフェーヴル
0000.12.03 阪神 鳴尾記念 GIII 芝1800m(良) 13 02.9(1人) 03着 1:45.7 (34.1) -0.1 岩田康誠 56 レッドデイヴィス
2012.01.05 京都 京都金杯 GIII 芝1600m(良) 16 02.7(1人) 05着 1:33.2 (34.4) -0.3 岩田康誠 57 マイネルラクリマ
0000.02.05 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 16 05.3(3人) 13着 1:34.2 (34.7) -1.4 岩田康誠 57 ガルボ
0000.05.12 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 15 07.2(4人) 01着 1:20.1 (33.3) -0.1 C.ウィリアムズ 56 (レオプライム)
0000.06.03 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 06.6(1人) 09着 1:32.0 (34.8) -0.7 C.ウィリアムズ 58 ストロングリターン
0000.10.27 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 38.0(10人) 08着 1:57.9 (34.0) -0.6 武豊 58 エイシンフラッシュ
0000.11.18 京都 マイルCS GI 芝1600m(稍) 18 10.5(4人) 01着 1:32.9 (34.1) -0.0 武豊 57 グランプリボス
0000.12.09 沙田 香港マイル G1 芝1600m(良) 12 (7人) 06着 1:34.65 -0.53 武豊 57 Ambitious Dragon
2013.05.11 東京 京王杯SC GII 芝1400m(稍) 18 05.4(3人) 07着 1:20.9 (34.0) -0.3 武豊 58 ダイワマッジョーレ
0000.06.02 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 20.4(8人) 13着 1:32.4 (33.6) -0.9 武豊 58 ロードカナロア
0000.10.26 京都 スワンS GII 芝1400m(稍) 13 33.1(10人) 03着 1:21.1 (33.6) -0.3 和田竜二 58 コパノリチャード
0000.11.17 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 11.2(5人) 07着 1:33.0 (34.3) -0.6 和田竜二 57 トーセンラー
0000.12.23 阪神 阪神C GII 芝1400m(良) 18 9.9(5人) 08着 1:21.9 (34.5) -0.5 和田竜二 57 リアルインパクト
2014.01.26 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 18 17.2(9人) 11着 2:14.8 (36.9) -0.8 戸崎圭太 57 ヴェルデグリーン
0000.03.02 中山 中山記念 GII 芝1800m(稍) 15 96.5(15人) 07着 1:50.8 (36.6) -1.0 田中勝春 57 ジャスタウェイ
0000.06.08 東京 安田記念 GI 芝1600m(不) 17 213.9(17人) 07着 1:37.5 (37.6) -0.7 田中勝春 58 ジャスタウェイ
0000.07.27 中京 中京記念 GIII 芝1600m(稍) 16 15.2(7人) 01着 1:37.1 (36.1) -0.0 田中勝春 58 ミッキードリーム
0000.09.14 新潟 京成杯AH GIII 芝1600m(良) 15 10.0(6人) 08着 1:33.7 (33.4) -0.4 田中勝春 58.5 クラレント
0000.11.01 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 13 10.4(6人) 10着 1:21.2 (33.8) -0.9 田中勝春 57 ミッキーアイル
0000.11.17 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 17 109.5(17人) 11着 1:32.5 (34.6) -1.0 田中勝春 57 ダノンシャーク
0000.12.27 阪神 阪神C GII 芝1400m(良) 18 52.9(12人) 11着 1:21.4 (34.6) -0.7 菱田裕二 57 リアルインパクト

血統表[編集]

サダムパテック血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

フジキセキ 1992
青鹿毛 千歳市
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer 1983
鹿毛 アメリカ
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

サマーナイトシティ 1999
鹿毛 白老町
*エリシオ
Helissio 1993
鹿毛 フランス
Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Helice Slewpy
Hirondelle
母の母
*ダイアモンドシティ
Diamond City 1988
鹿毛 アメリカ
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Honey's Flag Hoist the Flag
Cathy Honey
母系(F-No.) (FN:9-h) [§ 3]
5代内の近親交配 アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ [11]
  2. ^ [12]
  3. ^ [11]
  4. ^ [11][12]

母サマーナイトシティは現役時代24戦3勝、1000万下が最高。サダムパテックの5歳下の半妹に2018年のヴィクトリアマイルを制したジュールポレール(父・ディープインパクト)。4代母 Cathy Honey は1970年のエイコーンステークスの勝ち馬で、その孫に1982年のプリークネスステークス勝ち馬の Aloma's Ruler がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 日本軽種馬協会、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、サダムパテック、基本情報、2019年3月19日閲覧。
  2. ^ SADAMU PATEK (P607) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ 瑞士名錶 (P607)- 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  4. ^ a b サダムパテック号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2015年1月7日). 2015年1月7日閲覧。
  5. ^ 日本競走馬協会、セレクトセール2009、上場番号48 サマーナイトシティの2008、2019年3月19日閲覧
  6. ^ a b 日本軽種馬協会競走馬のふるさと案内所、馬産地ニュース、2016年1月22日付、「サダムパテックが韓国へ輸出」、2019年3月19日閲覧
  7. ^ 【東スポ杯2歳S】サダムパテック完勝!”. SANSPO.COM (2010年11月20日). 2010年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月18日閲覧。
  8. ^ 【弥生賞】パテック汚名返上!ねじ伏せV”. SANSPO.COM (2011年3月7日). 2010年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月18日閲覧。
  9. ^ またマイルチャンピオンシップは、もともとキャリアを通じて1度も勝利に恵まれておらず、武豊にとってもこれが悲願の初制覇となった。
  10. ^ a b 【中京記念】サダムパテック大外一気!12年マイルCS以来の復活V”. スポニチアネックス (2014年7月28日). 2015年1月7日閲覧。
  11. ^ a b c 血統情報:5代血統表|サダムパテック|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年5月13日閲覧。
  12. ^ a b サダムパテックの血統表”. netkeiba.com. 2018年5月13日閲覧。