サチヒカリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サチヒカリ
Sachihikari52.jpg
1952年12月21日中山競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 1948年
ダイオライト
シヤインモア
生国 日本の旗 日本千葉県
生産 若草牧場
馬主 石原利貞
調教師 小西喜蔵東京)→?(地方競馬)
競走成績
生涯成績 国営競馬
平地競走25戦4勝
障害競走40戦16勝
地方競馬
平地競走12戦以上5勝以上
障害競走4戦以上4勝以上
獲得賞金 531万1060円(国営競馬のみ)
テンプレートを表示

サチヒカリ日本競走馬である。1952年秋の中山大障碍に優勝した。

出自[編集]

中山大障碍 (秋)
大土塁を飛越する各馬。左からサチヒカリ、フクギク、ミスレインボウ。フクギクは直後に転倒。
中山大障碍 (秋)
逃げるサチヒカリを外から強襲するミスレインボウ

父は1940年代に4回リーディングサイアーとなったダイオライト。産駒にはサチヒカリの他にモトクマ、カミワカ、ブランドライトの3頭の大障害優勝馬がいる。母は1939年秋の中山農林省賞典障碍に優勝したシヤインモアで、「大障害馬から大障害馬」が生まれた唯一の例である[1]。兄弟には1947年平和賞で7着となったヒロハタ、1948年セントライト記念カブトヤマ記念で3着に入ったタカフブキがいる。

経歴[編集]

1950年11月5日東京競馬場サラ系3歳未出走でデビュー。勝ったイツセイ[2]から5馬身差の2着となった。しかしその後は低迷し、翌1951年6月に14戦目にして初勝利を挙げた。その後福島札幌で制限競走を2勝し、10月の中山開催から障害競走に転向した。

障害初戦は4頭立ての最下位に敗れたものの5戦目で初勝利。その後翌1952年5月末までに13戦して障碍特別を含む4勝[3]を挙げ、6月8日の中山大障碍に出走した。しかし、障害13戦11勝のカツシロや同厩のトーンライトや牝馬のキクイケなどに比べても実績的に劣り4番人気の評価で、レースでも道中ほとんど4番手のまま動けず4着に敗れた。

大障碍後は東京で2戦した後に北海道でレースに出走。この頃から成績が大きく向上し、札幌から東京で障害戦3連勝。続く東京の障碍特別では6頭立ての5着と大敗を喫したものの、再び連勝を開始して4連勝のまま中山大障碍に出走した。大障碍は関西馬が不出走で、春の勝ち馬カツシロが故障により登録せず、出走を予定していた春2着のキクイケは本番3日前に本馬場での飛越練習で騎手が落馬し空馬のまま2周走ったため出走を自重。新鋭のジヨリーも最終的に回避して、サチヒカリの他は同年23戦9勝のミスレインボウ、24戦3勝とフクギクとわずか3頭立ての競走になった。レースはサチヒカリが逃げ、ミスレインボウ、フクギクが続く展開。大竹柵前にフクギクが2番手に上がるが大土塁でフクギクが転倒して2頭立てとなった。そのままサチヒカリが逃げて直線に入り、ミスレインボウが追い込んで馬体を並べての叩き合いとなったが、サチヒカリがクビ差ミスレインボウを封じて優勝した。

1954年は6月の東京開催終了までに8戦して3勝2着4回、64kgで障碍特別に勝つなど順調な成績を収めていたが、6月28日の大障碍まで2週間を切っていた6月17日に登録を抹消して地方競馬に下った。当時の南関東では大井競馬場を除いて障害競走が行われており、サチヒカリも川崎船橋1950年秋の大障碍に勝ったアシガラヤマらを相手に少なくとも4勝を挙げている。しかし、当時の南関東は8割近くがアラブ系競走のためサラ系の出走できる競走は少なく、競走数の少ない障害競走もほとんどがアラブ系障害だったため出走できる競走が極めて限られており[4]、サチヒカリも平地競走での出走の方が多くなった。平地では10月までに少なくとも5勝を挙げているが、その後の戦績は不明である。


競走成績[編集]

国営競馬[編集]

1951年9月以前平地23戦3勝

年月日 競馬場 競走名 頭数 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム 着差 1着馬/(2着馬) 斤量
1951 10.20 中山 サラ系四歳馬障碍 4 3人 4着 坂本 53 障2600 (良) 大差 フクギク 51.5
10.27 中山 サラ系障碍60万以下 6 6人 4着 坂本 53 障2600 (良) 大差 キクイケ 51
11.4 東京 サラ系障碍未出走未勝利 3 1人 2着 坂本 53 障2700 (良) 3/4身 アサミドリ 53
11.23 東京 サラ系四歳馬障碍 5 3人 3着 坂本 53 障2100 (良) 2.3/4身 ヤシマホマレ 56
12.15 中山 サラ系障碍 (9月以降未出走未勝利) 4 3人 1着 坂本 53 障2600 (良) 2:59.6 1.1/2身 (ハリウツド) 58
1952 1.5 中山 サラ系障碍特ハン (9月以降40万以下) 7 7人 失格[1] 宇賀神 52 障2850 (重) (8身) トーンライト 55
1.12 中山 サラ系障碍100万以下 4 3人 4着 坂本 55 障2850 (重) 大差 キクイケ 54
1.19 中山 サラ系障碍勝入ハンデキヤツプ 3 3人 3着 坂本 53 障2850 (良) 8身 カツシロ 65
1.20 中山 サラ系障碍 2 2人 1着 坂本 58 障2600 (良) 2:59.6 1.1/4身 (ユウホウ) 58
3.10 東京 サラ系障碍60万以下 6 1人 1着 坂本 56 障2700 (不) 3:17.4 2.1/2身 (ミスレインボウ) 52.5
3.23 東京 障碍特別 5 3人 3着 宇賀神 56 障2900 (重) 大差 トーンライト 61
3.29 東京 サラ系障碍勝入 4 4人 2着 坂本 58 障2700 (良) 1身 カツシロ 60
4.6 中山 サラ系障碍 4 3人 3着 坂本 56 障2850 (良) 大差 キクイケ 55
4.13 中山 サラ系障碍 3 2人 2着 坂本 56 障2850 (良) 1.1/4身 ヤシマホマレ 58
5.5 東京 サラ系障碍 3 3人 2着[2] 坂本 57 障2700 (重) ハナ+1.1/4身 カツシロ 60
5.11 東京 サラ系障碍 2 2人 1着 坂本 57 障2700 (重) 3:07.0 2身 キクイケ 56
5.17 東京 障碍特別 5 1人 1着 坂本 55 障2900 (良) R3:19.6 1.1/2身
5.31 中山 サラ系障碍 7 6人 3着 坂本 58 障2600 (良) 2.1/2身 トーンライト 59
6.8 中山 中山大障碍 6 4人 4着 宇賀神 58 障4100 (良) 13.1/2身 カツシロ 60
6.21 東京 サラ系障碍 5 2人 4着 坂本 58 障2700 (良) 10.1/2身 カツシロ 62
7.5 東京 障碍特別 5 3人 3着 坂本 61 障2900 (良) 1.3/4身 グレートオー 62
7.19 函館 サラ系障碍 5 2人 3着 坂本 59 障2600 (良) 3.3/4身 フジトモ 57
8.2 函館 サラ系50万以下 6 2人 2着 宇賀神 57 芝1800 (良) 1/2身 グレートウイン 54
8.6 函館 サラ系40万以下 (牡) 4 1人 1着 宇賀神 57 芝1800 (良) 2:02.4 3身 (トクハヤ) 56
8.16 札幌 サラ系障碍 4 2人 2着 坂本 60 障砂2000 (良) 1身 フジトモ 60
8.23 札幌 サラ系障碍 6 1人 1着 坂本 60 障砂2000 (良) 2:18.4 2.1/2身 (ロールフレイ) 54
8.30 札幌 サラ系障碍特ハン 3 2人 1着 坂本 63 障砂2600 (良) 2:59.8 1.1/4身 (ロールフレイ) 54
9.27 東京 サラ系障碍 3 2人 1着 坂本 59 障2700 (良) 3:09.0 1身 (ジヨリー) 58
10.4 東京 障碍特別 6 1人 5着 坂本 60 障2900 (良) 大差 ジヨリー 58
10.25 中山 サラ系障碍 4 3人 1着 坂本 59 障2600 (良) 2:53.4 1.1/4身 (ジヨリー) 59
11.8 東京 サラ系障碍 4 1人 1着 坂本 60 障2700 (良) 3:06.4 クビ (タカカヅ) 54
11.23 東京 サラ系障碍 6 2人 1着 坂本 62 障2900 (良) R3:19.2 2.1/2身 (ジヨリー) 57
12.13 中山 サラ系障碍 3 2人 1着 坂本 61 障2600 (稍重) 2:56.8 1.3/4身 (キクイケ) 59
12.21 中山 中山大障碍 3 1人 1着 坂本 62 障4100 (良) 4:50.6 クビ (ミスレインボウ) 57
1953 3.7 東京 サラ系障碍 6 3人 4着 坂本 63 障2700 (良) マツミヤチ 56
3.28 東京 サラ系障碍 4 2人 2着 坂本 63 障2700 (良) 3身 タカカヅ 55
4.5 中山 サラ系障碍 4 2人 1着 坂本 63 障2600 (稍重) 2:54.4 3/4身
4.25 中山 障碍特別 4 1人 1着 坂本 64 障2850 (良) 3:09.2 1.1/4身 (ナルシス) 53.5
4.29 東京 サラ系障碍 4 1人 1着 坂本 64 障2700 (良) 3:08.2 2身 (カクセイ) 56
5.23 東京 サラ系障碍 5 4人 2着 坂本 65 障2700 (稍重) 1.1/4身 ニユーベツシー 58
5.30 東京 サラ系障碍 3 2人 2着 坂本 65 障2700 (稍重) 1.1/4身 ハクオー 63
6.13 中山 サラ系障碍 5 1人 2着 坂本 65 障2100 (稍重) 7身 サチフサ 59

1 サチヒカリは2位入線したが、スタート後最初の坂路で急に内側に斜行しヤマムサシとアサミドリを押圧、アサミドリを転倒させ、最後の直線で再び内側に斜行してライトイン及びヤマムサシの進路を妨害したため失格。
2 サチヒカリは3位入線したが、2位入線のヤシマホマレは内斜行及び外斜行でいずれもカツシロの進路を妨害したため失格となり繰り上がり。

地方競馬[編集]

年月日 競馬場 競走名 人気 着順 距離 タイム 1着馬/(2着馬)
1953 7.5 川崎 オールカマー障碍 1人 1着 障2100 2:23.6 (アシガラヤマ)
7.9 大井 サラ系 2着 ダ1600 ローズバツド
7.12 大井 サラ系 2着 ダ1700 セルホープ
7.18 川崎 オールカマー障碍 1人 1着 障2100 2:23.0 (アシガラヤマ)
8.9 大井 サラ系 1着 ダ1700 1:50.6 (ハナザクラ)
8.14 船橋 オールカマー障碍 1人 1着 障2400 2:51.2 (ヤマウメ)
8.19 大井 サラ系 1人 1着 ダ1600 1:43.8 (ブツシユオーキツド)
8.26 川崎 サラ系障碍 1人 1着 障2100 2:21.2 (ハツピーライフ)
9.8 船橋 サラ系 2着 ダ1200 マサホマレ
9.15 大井 サラ系 2着 ダ1700 ジヨオー
9.19 大井 サラ系 1着 ダ1700 1:50.6 (ブツシユオーキツド)
9.28 大井 サラ系 1人 1着 ダ1700 1.50.4 (マーキユリー)
10.2 大井 サラ系 3着以下 ダ1700
10.9 川崎 サラ系 1着 ダ1800 1.58.0 (マーキユリー)
10.15 大井 サラ系 3着以下 ダ1700 ブツシユオーキツド
11.3 川崎 サラ系 3着以下 ダ1600

抜け可能性あり、以降不明

脚注[編集]

  1. ^ 直系では他にハクレイ→ミスギンオー→グランドマーチスの例がある。
  2. ^ その後皐月賞ダービーで2着となる。 (優勝馬はトキノミノル)
  3. ^ 勝利した4戦のうち2戦は2頭立て。
  4. ^ 当時の南関東は土日も含めて毎日開催があったが、サラ系が出走できる障害は障害競走の施行が多い川崎を中心に月に2回程度であった。

参考文献[編集]

  • 競馬共助会『優駿』1952年8月号、12月号
  • 同 1953年1月号
  • 『スポーツニッポン』1952年12月19日、12月22日