サチン・テンドルカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg サチン・テンドルカール Cricket pictogram.svg
Sachin Tendulkar at MRF Promotion Event.jpg
個人情報
本名 Sachin Ramesh Tendulkar
生誕 (1973-04-24) 1973年4月24日(46歳)
インドの旗 インドムンバイ
愛称 リトルマスター、テンドリャ[1]、 ブラスター[2]、マスタブラスター[3][4]、リトルチャンピオン[5]
身長 5 ft 5 in (1.65 m)
打撃スタイル 右打ち
投球スタイル 右投げ レッグスピン / 右投げ オフスピン
守備位置 バッツマン
代表情報
代表 インド
初テスト(cap 187) 1989年11月15日 対 パキスタン
最新テスト 2013年11月14日 対 西インド諸島
初ODI(cap 74) 1989年12月18日 対 パキスタン
最新ODI 2012年3月18日 対 パキスタン
ODI背番号 10
初T20I(cap 11) 2006年12月1日 対 南アフリカ
所属チーム
チーム
1988 インドの旗 クリケット・クラブ・オブ・インディア
1988–2013 インドの旗 ムンバイ
1992 イングランドの旗 ヨークシャー
2008-2013 インドの旗 ムンバイ・インディアンズ (インド・プレミアリーグ)
選手成績
試合 テスト ODI FC LA
出場試合 200 463 310 551
得点 15,921 18,426 25,396 21,999
打率 53.78 44.83 58.84 45.54
100s/50s 51/68 49/96 81/116 60/114
最高得点 248* 200* 248* 200*
アウト数 4,240 8,054 7,605 10,230
ウィケット 46 154 71 201
防御率 54.17 44.48 61.74 42.17
1イニング5ウィケット 0 2 0 2
1試合10ウィケット 0 0 0 0
最優秀投手成績 3/10 5/32 3/10 5/32
捕球/スタンピング 115/– 140/– 186/– 175/–
出典: [1] - 2019年7月10日時点

サチン・ラメシュ・テンドルカール(Sachin Ramesh Tendulkar、マラーティー語: सचिन रमेश तेंडुलकर 、1973年4月24日 - )は、インドマハーラーシュトラ州ムンバイ出身の元プロクリケット選手。右投右打。バッツマン(打者)。様々な大記録を達成しているその業績からクリケットの神様(God of Cricket)とも評されている[6]

クリケットの長い歴史の中でも最も偉大な選手の一人とみなされている。テスト方式で史上最多の通産15,921得点(ラン)、ODI方式で史上最多の通算18,426得点を記録。テストとODIの合計で3万得点を越えている世界で唯一の人物である。また最高峰の世界選手権に位置づけられているクリケット・ワールドカップで史上最多の通産2,278得点。1試合100得点以上のセンチュリーがテストで史上最多の通産51回、ODIで史上最多の通算49回であり、合計で100回を記録した。1989年に若干16歳でインド代表としてテストとODIデビュー。2013年に40歳で現役を引退した[7]

2002年にはウィズデン・クリケッターズ・アルマナックによって、歴代でドナルド・ブラッドマンに次ぐ2番目に偉大なテストバッツマン、ODIバッツマンにおいてもヴィヴ・リチャーズに次ぐ2番目に偉大な選手と評価された[8]。キャリア晩年や引退後の評価では、ブランドマンやリチャーズを上回り、史上最高のバッツマンとの評価を受けることも多い[9][10]。2010年にはアメリカのタイム誌によって、世界で最も影響力のある100人に選出された[11]

国民からも大変な尊敬を受けており、2014年にはマザー・テレサも受賞歴のあるインドにおいて民間人を讃える褒章としては最高の栄典であるバーラト・ラトナ賞を受賞[12]。他にもインドスポーツ界において最高栄誉であるラジーヴ・ガンディー・ケール・ラトナ賞英語版等受賞した[13]

エピソード[編集]

アニメ「スーラジ ザ・ライジングスター」では主人公が入団するムンバイ・チャンピオンズの主将サミールのモデルになった[14]

栄典[編集]

インド政府[編集]

  • 1994 - アージュナ賞英語版:インドのスポーツ界における栄誉賞
  • 1997-98 - ラジーヴ・ガンディー・ケール・ラトナ賞英語版:インドのスポーツ界における最高栄誉賞
  • 1999 - パドマ・シュリー勲章英語版:インドの民間人に贈られる四番目に格式がある勲章
  • 2008 - パドマ・ヴィブーシャン勲章英語版:インドの民間人に贈られる二番目に格式がある勲章
  • 2014 - バーラト・ラトナ賞:インドの民間人に贈られる最も格式がある勲章

インド地方政府[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bal, Sambit. “Sachin Tendulkar — Cricinfo Profile”. Cricinfo. 2007年12月14日閲覧。
  2. ^ Sachin Tendulkar: Bio, Facts”. Celebrity Bio, Facts. 2017年5月30日閲覧。
  3. ^ Arora, Nishant. “India will need Sachin for next 2-3 years: Srikkanth: Cricket Next”. Cricketnext.in.com. 2008年11月27日閲覧。
  4. ^ Despite the loss of ageing stars, India is on the brink of a golden era”. Theage.com.au. 2008年11月27日閲覧。
  5. ^ Oct 18, 2008 (2008年10月18日). “AFP: Tendulkar a special talent, says Gavaskar”. Afp.google.com. http://afp.google.com/article/ALeqM5g1GRbImnh5S88rDMiES1YDRgx9yw 2008年11月27日閲覧。 
  6. ^ Sachin Tendulkar, India’s ‘God of Cricket,’retires Washington Post 2019年7月7日閲覧。
  7. ^ November 16, 2013: The end of the Sachin Tendulkar era India Today 2019年7月7日閲覧。
  8. ^ en:Wisden_100#All-time_lists
  9. ^ Sachin Tendulkar better than Don Bradman, new study shows The Weekend Australian 2019年7月7日閲覧。
  10. ^ Sachin Tendulkar greater than Don Bradman: Study India Today 2019年7月7日閲覧。
  11. ^ The 2010 TIME 100 Time 2019年7月7日閲覧。
  12. ^ C.N.R. Rao, Sachin conferred Bharat Ratna The Hindu 2019年7月8日閲覧。
  13. ^ List of Rajiv Gandhi Khel Ratna Awardees Rajiv Gandhi Khel Ratna 2019年7月8日閲覧。
  14. ^ 作品自体が「巨人の星」を基にしており、テンドルカールは長嶋茂雄に相当する