サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

サッカードイツ代表サッカーイタリア代表は世界において有数の強豪として知られており、両チームの間には長きにわたるライバル関係が存在している。21回開催されたFIFAワールドカップの歴史においてこの2チームは14回決勝に進出し、両者を合わせてFIFAワールドカップ優勝回数8回を誇る。両者はワールドカップにおいて5回対戦し、そのどれもがFIFAワールドカップの歴史を形作ってきた。ドイツ語Jahrhundertspiel (世紀の試合)と呼ばれる1970 FIFAワールドカップ準決勝の試合は延長戦において点を取り合う「死闘」を展開し (4-3でイタリアが勝利)、試合が行われたメキシコシティエスタディオ・アステカには入口に記念の額が飾られている。

両者の対決における成績ではイタリアが優勢で、35試合で15勝8敗12分の成績を残している[1]

試合の一覧[編集]

試合数 日時 場所 大会 試合 結果
01 1923年1月1日 イタリアの旗 ミラノ 親善試合 イタリア - ドイツ 3 – 1
02 1924年11月23日 ドイツの旗 デュースブルク 親善試合 ドイツ - イタリア 0 – 1
03 1929年4月28日 イタリアの旗 トリノ 親善試合 イタリア - ドイツ 1 - 2
04 1930年3月2日 ドイツの旗 フランクフルト 親善試合 ドイツ - イタリア 0 – 2
05 1933年1月1日 イタリアの旗 ボローニャ 親善試合 イタリア - ドイツ 3 - 1
06 1936年11月15日 ドイツの旗 ベルリン 親善試合 ドイツ - イタリア 1 – 1
07 1939年3月26日 イタリアの旗 フィレンツェ 親善試合 イタリア - ドイツ 3 - 2
08 1939年11月26日 ドイツの旗 ベルリン 親善試合 ドイツ - イタリア 5 – 2
09 1940年5月5日 イタリアの旗 ミラノ 親善試合 イタリア - ドイツ 3 - 2
10 1955年3月30日 ドイツの旗 シュトゥットガルト 親善試合 ドイツ - イタリア 1 – 2
11 1955年12月18日 イタリアの旗 ローマ 親善試合 イタリア - ドイツ 2 - 1
12 1962年5月31日 チリの旗 サンティアゴ FIFAワールドカップ イタリア - ドイツ 0 - 0
13 1965年3月13日 ドイツの旗 ハンブルク 親善試合 ドイツ - イタリア 1 – 1
14 1970年6月17日 メキシコの旗 メキシコシティ FIFAワールドカップ イタリア - ドイツ 4 - 3
15 1974年2月26日 イタリアの旗 ローマ 親善試合 イタリア - ドイツ 0 - 0
16 1977年10月8日 ドイツの旗 ベルリン 親善試合 ドイツ - イタリア 2 – 1
17 1978年6月14日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス FIFAワールドカップ イタリア - ドイツ 0 - 0
18 1982年7月11日 スペインの旗 マドリード FIFAワールドカップ イタリア - ドイツ 3 - 1
19 1984年5月22日 ドイツの旗 ベルリン 親善試合 ドイツ - イタリア 1 – 0
20 1986年2月5日 イタリアの旗 アヴェッリーノ 親善試合 イタリア - ドイツ 1 - 2
21 1987年4月18日 ドイツの旗 ケルン 親善試合 ドイツ - イタリア 0 – 0
22 1988年6月10日 ドイツの旗 デュッセルドルフ UEFA EURO ドイツ - イタリア 1 – 1
23 1992年3月25日 イタリアの旗 トリノ 親善試合 イタリア - ドイツ 1 - 0
24 1994年3月23日 ドイツの旗 シュトゥットガルト 親善試合 ドイツ - イタリア 2 – 1
25 1995年6月21日 スイスの旗 チューリッヒ 親善試合 ドイツ - イタリア 2 – 0
26 1996年6月19日 イングランドの旗 マンチェスター UEFA EURO ドイツ - イタリア 0 – 0
27 2003年8月20日 ドイツの旗 シュトゥットガルト 親善試合 ドイツ - イタリア 0 - 1
28 2006年3月1日 イタリアの旗 フィレンツェ 親善試合 イタリア - ドイツ 4 - 1
29 2006年7月4日 ドイツの旗 ドルトムント FIFAワールドカップ イタリア - ドイツ 2 - 0
30 2011年2月9日 ドイツの旗 ドルトムント 親善試合 ドイツ - イタリア 1 – 1
31 2012年6月28日 ポーランドの旗 ワルシャワ UEFA EURO ドイツ - イタリア 1 – 2
32 2013年11月15日 イタリアの旗 ミラノ 親善試合 イタリア - ドイツ 1 – 1
33 2016年3月29日 ドイツの旗 ミュンヘン 親善試合 ドイツ - イタリア 4 – 1
34 2016年7月3日 フランスの旗 ボルドー UEFA EURO ドイツ - イタリア 1– 1aet
(PK 6 - 5)
35 2016年11月15日 イタリアの旗 ミラノ 親善試合 イタリア - ドイツ 0 – 0

主要国際大会[編集]

1962ワールドカップ[編集]

1970ワールドカップ[編集]

1978ワールドカップ[編集]

1982ワールドカップ[編集]

UEFA EURO 1988[編集]

UEFA EURO 1996[編集]

2006 FIFAワールドカップ[編集]

2006 FIFAワールドカップ準決勝において、ドイツとイタリアはドルトムントヴェストファーレンシュタディオンにて試合を行った。7月4日に行われた試合には65,000人の観衆が詰めかけた。ファビオ・グロッソアレッサンドロ・デル・ピエロのゴールによりイタリアはドイツを延長戦の末に下して決勝に駒を進め、この大会で優勝を飾った。アンドレア・ピルロはこの試合の最優秀選手に輝いた。ドイツはこれまでヴェストファーレンシュタディオンにおいて敗れたことがなかったが、これが初めての敗戦となった。

ドイツが敗北を喫した要因としてそれまでチームの中心的な役割を果たしていたMFトルステン・フリンクスの欠場が大きかったと分析されている。ドイツはアルゼンチンPK戦の末に破っており、この試合後両チームの選手間で乱闘が起きていた。FIFAは既にドイツ代表選手の調査は終わったと公表し、アルゼンチン代表の選手が乱闘の原因を作ったとして罰則を適用していた。しかし、イタリアメディアはFIFAに対しフリンクスがアルゼンチン代表FWフリオ・クルスを殴っている様子を写した動画を送付し、FIFAの規律委員会は動画を検証した後、フリンクスに対し2試合の出場停止を命じた。しかしその後、クルスはフリンクスが自分を殴ったりはしていないと発言している。この決定により、フリンクスは準決勝の試合に出場することは不可能になった。フリンクスはこの決定を非難し、インタヴューに対して次のように答えている。「これはすべて政治的な問題だ。アルゼンチン代表選手が自分たちを攻撃してきたから、私は自分を守り、イタリア人はFIFAに働きかけを行った。この出場停止処分で、FIFAは単に開催国ドイツに対しても特別な扱いはしないと示したいだけなんだ。」

UEFA EURO 2012[編集]

イタリアとドイツは2012年6月28日にワルシャワ国立競技場で行われたUEFA EURO 2012の準決勝でも対決した。試合に先立って、ドイツはUEFA EURO 2012予選や本戦などの公式戦15連勝の新記録を更新していた。一方、イタリアは大会において1勝3分とあまり振るわなかった。 20分、イタリア代表FWマリオ・バロテッリアントニオ・カッサーノからのチップクロスを決めて1点を挙げる。36分には再びバロテッリが得点を挙げ、点差を2点に広げた。 後半に入り、ドイツはイタリアのゴールへと迫るが、イタリアの守備陣やGKジャンルイジ・ブッフォンの見事なセーブにあい得点することができない。 2分のアディショナルタイムの間に、イタリアのDFフェデリコ・バルザレッティがペナルティーエリア内において手でボールに触れてしまいドイツにPKが与えられた。これをメスト・エジルが決めて1点差としたが、その直後に試合が終了し2-1でイタリアが決勝に進出した。2006 FIFAワールドカップの時と同じく、アンドレア・ピルロが試合の最優秀選手に選出された。

UEFA EURO 2016[編集]

ドイツは主要国際大会のFIFAワールドカップ、UEFA EUROにおいてイタリアに勝ったことがなかったが本大会の準々決勝において延長戦の末のPK戦で勝利した[2](PK戦での勝利であり記録上は引き分けとなる。)。

統計[編集]

全体[編集]

西ドイツ時代の成績を含む
PK戦で決着がついた試合は記録上引き分けとなる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]