サッカーウクライナ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカーウクライナ代表
国または地域  ウクライナ
協会 ウクライナサッカー連盟
愛称 Жовто Блакитні(青黄軍団)
監督 ウクライナの旗 アンドリー・シェフチェンコ
最多出場選手 アナトリー・ティモシュチュク(144試合)
最多得点選手 アンドリー・シェフチェンコ(48得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1992年4月29日ハンガリー
2-2
最大差勝利試合 2013年9月6日サンマリノ
9-0
最大差敗戦試合 1995年3月25日クロアチア
0-4
2006年6月14日スペイン
0-4
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は2006
最高成績 ベスト8(2006
UEFA欧州選手権
出場回数 2回
最高成績 本大会出場(20122016

サッカーウクライナ代表ウクライナ語: Збірна України з футболу)は、ウクライナサッカー連盟(FFU)により編成されるウクライナサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都キエフにあるオリンピスキ・スタジアム

歴史[編集]

1990年代―ウクライナ代表の誕生[編集]

1991年ウクライナが独立を果たした事に伴い、代表チームは創設された。翌1992年4月29日ハンガリーとの間で初の国際試合が行われたが、1994 FIFAワールドカップ予選への参加は見送った。このため、アンドレイ・カンチェルスキスヴィクトル・オノプコを始めとしたウクライナ国籍を持つ多くの有力選手が、実質的にソビエト連邦代表を継承したロシア代表でプレーをすることを選択した。

1994年9月から始まったUEFA EURO 1996の予選には参加し、国際大会への一歩を踏み出したものの、グループ4位となり本大会には進めなかった。

その後、アンドリー・シェフチェンコセルヒー・レブロフといった才能が育ち、1998 FIFAワールドカップのヨーロッパ予選ではドイツと接戦を演じグループ9の2位でプレーオフ進出を果たす。1997年10月から11月にかけて行われたプレーオフの相手はウクライナと同じく独立を果たして間もないクロアチアとなったが、敵地での初戦を0-2で落とすとホームでの第2戦を1-1で引き分け、ワールドカップ出場を逃した。

UEFA EURO 2000予選でもプレーオフまで進んだが、スロベニアに2試合合計2-3で競り負け、初出場は叶わなかった。

2000年代[編集]

2000年に、ソ連代表やFCディナモ・キエフを率いた実績のあるヴァレリー・ロバノフスキーが監督に就任。2002 FIFAワールドカップの予選では再びプレーオフ進出を果たしたが、ドイツに2試合合計2-5で敗れ、主要大会においては3大会連続で予選プレーオフで涙をのむこととなった。

続くUEFA EURO 2004の予選はプレーオフにも進出できず予選敗退となり、2003年9月にはレオニド・ブリヤク英語版に代わってオレフ・ブロヒンが監督に就任。すると2006 FIFAワールドカップ予選ではトルコデンマークギリシャらに競り勝ち、グループ首位で初の本大会出場を果たす。2006年6月にドイツで行われた本大会では、初戦でスペインに0-4と大敗を喫したものの、サウジアラビアチュニジア相手にそれぞれ4-0、1-0で勝利を収めグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦ではスイスをPK戦の末に下し準々決勝進出。準々決勝ではこの大会を制することになるイタリアに0-3で敗れるも、初出場ながらベスト8という成績を残した。

2007年4月にはUEFAの理事会において、ポーランドとの共催でウクライナがUEFA EURO 2012の開催国となることが決定した。

しかし続く国際大会のUEFA EURO 2008は予選敗退、オレクシー・ミハイリチェンコに監督を変えて臨んだ2010 FIFAワールドカップの予選でもプレーオフでギリシャに敗れ本大会出場を逃した。

2010年代[編集]

ウクライナポーランドの共催で開かれたUEFA EURO 2012は、ホスト国のため予選を免除され、初の欧州選手権参戦となった。再びオレフ・ブロヒンを監督に据えての挑戦であったが、組み込まれたグループDはスウェーデンフランスイングランドと同居する厳しいものとなった。それでも初戦のスウェーデン戦はアンドリー・シェフチェンコの2得点で2-1の逆転勝利を飾り、欧州選手権初勝利を手に入れた。続くフランス戦は雷雨のため開始4分で試合が中断され、約1時間後に試合が再開されたが、0-2で敗戦。勝負の最終節のイングランド戦は後半3分に先制され、得点が必要となる中、後半17分にマルコ・デヴィッチのシュートが相手GKジョー・ハートに当たりゴールラインをわずかに越えた後ジョン・テリーにクリアされる場面があった。しかし審判はラインを越えていないと判断し得点とはならず、そのまま0-1での敗戦となり、開催国でありながらグループリーグで大会を去ることとなった。大会後には長年ウクライナ代表を支えてきたシェフチェンコが現役を引退し[1]、2012年12月には新たにミハイロ・フォメンコが監督に就任した。

2014 FIFAワールドカップの予選はプレーオフまで進出し、フランス相手にホームでの1stレグを2-0で勝利するも、アウェーに乗り込んだ2ndレグで0-3の敗戦を喫し、ワールドカップは2大会連続で予選プレーオフでの敗退となった。

それでも出場枠が24に増加したUEFA EURO 2016に向けての予選ではプレーオフでスロベニアを2試合合計3-1で下し、初の予選を勝ち抜いての欧州選手権参加を決めた。しかし、本大会ではグループリーグでドイツ北アイルランドポーランドを相手にそれぞれ0-2、0-2、0-1で敗戦。無得点かつ全敗で大会を去ることとなった。大会後にはフォメンコに代わり、シェフチェンコが監督に就任。また、2016年8月にはウクライナ代表最多出場記録を更新し続けていたアナトリー・ティモシュチュクが代表引退を発表した[2]

2018 FIFAワールドカップは予選敗退となり、ワールドカップへの切符は3大会連続で逃す一方で、UEFA EURO 2020の予選は初代UEFAネーションズリーグ王者ポルトガルを抑えグループリーグ首位通過を果たし、3大会連続での欧州選手権参加を決めた。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

開催国 / 年 成績
アメリカ合衆国の旗 1994 不参加
フランスの旗 1998 予選敗退
日本の旗大韓民国の旗 2002
ドイツの旗 2006 ベスト8 5 2 1 2 5 7
南アフリカ共和国の旗 2010 予選敗退
ブラジルの旗 2014
ロシアの旗 2018
合計 出場1回 5 2 1 2 5 7

UEFA欧州選手権[編集]

開催国 / 年 成績
スウェーデンの旗 1992 不参加
イングランドの旗 1996 予選敗退
ベルギーの旗オランダの旗 2000
ポルトガルの旗 2004
オーストリアの旗スイスの旗 2008
ポーランドの旗ウクライナの旗 2012 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 4
フランスの旗 2016 グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 5
合計 出場2回 6 1 0 5 2 9


監督[編集]

2019年11月17日現在

期間 名前 試合 備考
1992 ウクライナの旗 ヴィクトル・プロコペンコ英語版 3 0 1 2
1992 ウクライナの旗 ミコラ・パヴロウ英語版 1 0 1 0 暫定監督
1993-1994 ウクライナの旗 オレフ・バジレヴィチ英語版 11 4 3 4
1994 ウクライナの旗 ミコラ・パヴロウ英語版 2 0 0 2 暫定監督
1994 ウクライナの旗 ヨージェフ・サーボ英語版 2 1 1 0
1995 ウクライナの旗 アナトリー・コニコウ英語版 7 3 0 4
1996-1999 ウクライナの旗 ヨージェフ・サーボ英語版 32 15 11 6
2000-2001 ウクライナの旗 ヴァレリー・ロバノフスキー 18 6 9 3
2002-2003 ウクライナの旗 レオニド・ブリヤク英語版 19 5 6 8
2003-2007 ウクライナの旗 オレフ・ブロヒン 46 21 14 11 2006 FIFAワールドカップ出場
2008-2009 ウクライナの旗 オレクシー・ミハイリチェンコ 21 12 5 4
2010 ウクライナの旗 ミロン・マルケヴィチ英語版 4 3 1 0
2010-2011 ウクライナの旗 ユーリー・カリトヴィンツェウ英語版 8 1 5 2 暫定監督
2011-2012 ウクライナの旗 オレフ・ブロヒン 18 7 3 8 UEFA EURO 2012出場
2012 ウクライナの旗 アンドリー・バル英語版 2 0 1 1 暫定監督
2012 ウクライナの旗 オレクサンドル・ザヴァロウ英語版 1 1 0 0 暫定監督
2012-2016 ウクライナの旗 ミハイロ・フォメンコ 30 20 6 4 UEFA EURO 2016出場
2016- ウクライナの旗 アンドリー・シェフチェンコ 33 19 9 5

選手[編集]

主要大会のメンバー[編集]

主な歴代選手[編集]

個人記録[編集]

出場試合数[編集]

最多出場選手のアナトリー・ティモシュチュク

2019年11月17日時点

  水色は現役代表選手
順位 名前 試合数 得点数 期間
1 アナトリー・ティモシュチュク 144 4 2000-2016
2 アンドリー・シェフチェンコ 111 48 1995-2012
3 ルスラン・ロタン 100 8 2003-2018
4 オレフ・フセウ英語版 98 13 2003-2016
5 アンドリー・ピアトウ 93 0 2007-
6 オレクサンドル・ショフコフスキー 92 0 1994-2012
7 アンドリー・ヤルモレンコ 86 37 2009-
8 イェウヘン・コノプリャーンカ 85 21 2010-
9 セルヒー・レブロフ 75 15 1992-2006
10 アンドリー・ヴォロニン 74 8 2002-2012

得点数[編集]

最多得点選手のアンドリー・シェフチェンコ

2019年11月17日時点

  水色は現役代表選手
順位 名前 得点数 試合数 期間
1 アンドリー・シェフチェンコ 48 111 1995-2012
2 アンドリー・ヤルモレンコ 37 86 2009-
3 イェウヘン・コノプリャーンカ 21 85 2010-
4 セルヒー・レブロフ 15 75 1992-2006
5 オレフ・フセウ英語版 13 98 2003-2016
6 セルヒー・ナザレンコ英語版 12 56 2003-2012
7 イェウヘン・セレズニョウ 11 58 2008-
8 アンドリー・フシン 9 71 1993-2006
アンドリー・ヴォロベイ 9 68 2000-2008
10 ティメルラン・フセイノウ英語版 8 14 1993-1997
アンドリー・ヴォロニン 8 76 2002-2012
ルスラン・ロタン 8 93 2003-2018
アルテム・ミレフスキー 8 50 2006-2012
アルテム・クラヴェツ 8 23 2011-

脚注[編集]