サッカーエラン・バニン代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカーエラン・バニン代表
国または地域 マン島の旗 マン島
協会 マン島国際サッカー連盟(MIFA)
監督 クリス・バス
最多得点選手 カラム・モリッシー(6得点)
初の国際試合 2014年4月6日モナコ
10-0
最大差勝利試合 2014年4月6日モナコ
10-0
最大差敗戦試合
未敗北[1]
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
UEFA欧州選手権
出場回数 0回
ConIFAワールドフットボール・カップ
出場回数 1回
最高成績 準優勝(2014)

サッカーエラン・バニン代表は、マン島サッカーナショナルチームである。マン島代表は、FIFAUEFAに加盟していないため、ワールドカップや、EUROに参加することはできない。

歴史[編集]

マン島には、1993年に創設されたサッカーマン島代表が既に存在していた。このチームも、FIFA及びUEFAに所属していないため、ワールドカップやEUROに出場することができなかった。その上、NF-Boardにも加盟していなかったため、国際アイランドゲームズ協会主催のアイランドゲームズでの対戦に限られていた。

2013年ConIFAが創設されると、従来のマン島代表に対抗してマン島国際サッカー連盟(MIFA)なるサッカー協会を新たに設立し、マン島出身者のみにチームに加入できるようにした。これはFIFA資格規定(en:FIFA eligibility rules)に則ったものであり、マン島代表がマン島サッカーリーグに所属していれば国籍を問わずにチームに加入できたのとは正反対の措置であった。MIFAとマン島サッカー協会との間で了解覚書が交わされた後、マン島内に2つのサッカー協会が並立する状況の中、2014年4月6日ダグラスにて、モナコと初の国際試合を行った[2]。その試合で10-0と大勝し、上々のスタートを切った[3]

2014年に開催されたConIFAワールドフットボール・カップでは、事前にクリス・バス監督が米国イギリス本土よりマン島出身者に連絡を取って、代表選手を選抜。開催半年前の2013年のクリスマスより練習を重ねた[4]。その甲斐あって、本番では快進撃を続けた。グループリーグでナゴルノ・カラバフに3-2で逆転勝ちを収める[4]と,カウンテア・デ・ニッサを4-2と破り、首位で決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント初戦(準々決勝)でクルディスタンを1-1(PK戦4-2)で退けると、準決勝ではアラメア・スルヨエに4-1と快勝した。6月8日に行われた決勝では、カウンテア・デ・ニッサとの再戦となり0-0の末にPK戦で3-5で敗れたが、低かった前評判を覆して準優勝という結果を残した。表彰式では、国内の政情不安を乗り越えて大会に参加したダルフールに敬意を表し、ダルフール代表のユニフォームを着て、式に参加する粋な演出も見せた[5]

選手[編集]

  • ジャック・マクヴィ(MF
  • カラム・モリッシー(FW

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し、2014年ConIFAワールドフットボール・カップ決勝でカウンテア・デ・ニッサに0-0の引き分けながら、PK戦で3-5と敗れている。
  2. ^ Ellan Vannin announce Monaco friendly”. Non-FIFA Football Updates (2014年2月17日). 2014年7月23日閲覧。(英語)
  3. ^ Ellan Vannin thrash Monaco 10–0 on international debut”. BBC News (2014年4月7日). 2014年7月23日閲覧。
  4. ^ a b タミル・イーラムや南オセチア、ダルフールなど。FIFAから閉め出されている代表チームによる、もう一つのW杯(6頁)フットボールチャンネル (2014年7月21日)
  5. ^ タミル・イーラムや南オセチア、ダルフールなど。FIFAから閉め出されている代表チームによる、もう一つのW杯(7頁)フットボールチャンネル (2014年7月21日)