サッカースイス代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サッカースイス代表
国または地域 スイスの旗 スイス
協会 スイスサッカー協会
愛称 La Nati
監督 ヴラディミル・ペトコヴィッチ
最多出場選手 ハインツ・ハーマン(117試合)
最多得点選手 アレクサンダー・フライ(42得点)
初の国際試合 1905年2月12日フランス
1-0
最大差勝利試合 1924年5月25日リトアニア
9-0
最大差敗戦試合 1909年5月20日イングランド
0-9
FIFAワールドカップ
出場回数 11回(初出場は1934
最高成績 ベスト8(193419381954
UEFA欧州選手権
出場回数 4回
最高成績 ベスト16(2016

サッカースイス代表:Équipe de Suisse de football:Schweizer Fussballnationalmannschaft)は、スイスサッカー協会(ASF / SFV)によって編成されるスイスのサッカーのナショナルチームである。愛称の「リ・ナティ」は、スイス国民の意味から[要出典]

歴史[編集]

FIFAワールドカップは1934年のイタリア大会で本大会に初参加。1回戦でオランダに勝利しベスト8入りを果たす。

1938年のFIFAワールドカップ・フランス大会では1回戦でドイツPK戦までもつれ込むが辛くも勝利して2大会連続でベスト8に進出した。

3大会連続出場となった1950年のFIFAワールドカップ・ブラジル大会では開催国のブラジルメキシコユーゴスラビアと同じグループ1に入りメキシコに勝利、開催国のブラジルに引き分けるなど検討したが、初戦のユーゴスラビア戦の敗戦が響き1勝1分1敗の3位でグループリーグ敗退となる。

1954年の地元開催で行われたFIFAワールドカップ・スイス大会ではイタリアイングランドベルギーと同じグループ4に入る。この大会のみグループリーグにシード制が導入され総当りではなかったため、初戦のイタリアには勝利したが結果的にそのイタリアと1勝1敗で並びプレーオフが行われた。そのプレーオフでスイスはイタリアに4-1と勝利し結果的にイタリア相手に2勝してグループリーグを2位で突破し、3度目のベスト8入りを果たした。ベスト8ではオーストリア相手に打ち合いを演じるが5-7で敗戦した。

1962年のFIFAワールドカップ・チリ大会では開催国のチリ西ドイツ、イタリアと同じグループ2に入るが、全敗でグループリーグ敗退。

1966年のFIFAワールドカップ・イングランド大会では西ドイツ、アルゼンチンスペインと同じグループ2に入るが2大会連続で全敗でグループリーグ敗退。その後は予選突破ができず、1994年のFIFAワールドカップ・アメリカ大会まで本大会には出場できずにいた。

その1994年FIFAワールドカップ・アメリカ大会予選では、同組となったイタリアを相手に1勝1分と勝ち越して7大会ぶりに予選を突破する。本大会では開催国のアメリカコロンビアルーマニアと同じグループAに入り、1勝1分1敗の2位で決勝トーナメントに進出した。その決勝トーナメントではラウンドオブ16でスペインと対戦し0-3で敗戦した。

UEFA欧州選手権には1996年のイングランド大会で本大会初出場を果たす。グループリーグでは開催国のイングランド、オランダ、スコットランドと同じグループAに入り、初戦で開幕戦となる開催国イングランド相手に1-1と引き分けたが、その後2敗を喫し、初の本大会はグループリーグ最下位で敗退となった。

1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会では予選でプレーオフに進出できる2位のハンガリーに勝点2と僅かに足りず、4位で敗退となり2大会連続での出場は叶わなかった。

2000年のUEFA欧州選手権・ベルギー・オランダ共催大会では予選でデンマークと勝点で並んだが、直接対決で1分1敗と負け越し、3位となり予選敗退となった。

2002年のFIFAワールドカップ・日韓共催大会では予選で後に本大会に出場となるロシアスロベニアと同じグループに入ったが、フェロー諸島ルクセンブルクにしか勝利を挙げることが出来ず、結局予選4位となり2大会連続で予選敗退となった。

2004年のUEFA欧州選手権・ポルトガル大会では予選で2002年のFIFAワールドカップ予選で苦汁をなめられたロシアと再び同組になるが、勝点1差でそのロシアを振り切り予選1位となり2大会ぶりの本大会出場を決めた。本大会ではフランス、イングランド、クロアチアと強豪国ばかりのグループBに入り1分2敗で初の決勝トーナメント進出とはならなかった。

2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会ではプレーオフで前回大会3位のトルコアウェーゴール差で破り3大会ぶりの本大会出場となった。本大会のグループリーグでは今大会限りで現役を引退するジネディーヌ・ジダン要するフランス、前回大会4位の韓国、初出場のトーゴと同じグループGに入った。初戦のフランスには0-0と引き分けたものの、トーゴ、韓国にはともに無失点で勝利しグループリーグを1位で通過した。決勝トーナメントでは1回戦で初出場となるウクライナと対戦し、0-0でPK戦までもつれ込んだ結果敗退となった。なお、今大会で1失点も喫することなく無敗で大会を去った。

地元とオーストリアとの共同開催となった2008年のUEFA欧州選手権・スイス・オーストリア共催大会ではチェコポルトガル、トルコと同じグループAに入ったが、開幕戦のチェコ、2戦目のトルコに連敗をし、最終戦を戦わずしてグループリーグ敗退が決まった。

2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会では予選でギリシャを勝点差1で振り切り本大会に2大会連続出場を決めた。本大会では後に大会初優勝となったスペイン、チリホンジュラスと同じグループHに入った。グループリーグ初戦でスペインに1-0と勝利するも続くチリには0-1と敗れ、最終戦のホンジュラスに勝てば決勝トーナメント進出の可能性が十分あったが、0-0とスコアレスドローとなり3位でグループリーグ敗退となった。なお、第2戦のチリ戦で後半30分にマルク・ゴンサレスにゴールを決められるまで559分の連続無失点記録を樹立した。

3大会連続出場を狙った2012年のUEFA欧州選手権・ポーランド・ウクライナ共催大会では予選でイングランドなどと同組になるが、プレーオフに出場できる2位のモンテネグロに勝点1差で僅かに及ばず3大会連続出場は叶わなかった。

2014年のFIFAワールドカップ・ブラジル大会では予選でアイスランド、スロベニアなどと同組になるが、序盤から勝点を積み重ね、終わってみれば7勝3分の成績となり無敗で予選を突破した。本大会では組み合わせ抽選会が行われた当時のFIFAランキングで7位となりシード国が入るポット1となり、エクアドル、フランス、ホンジュラスと同じグループEに入った。初戦のエクアドルには1-1で迎えた後半アディショナルタイム3分にハリス・セフェロヴィッチのゴールで2-1と逆転勝利をした。続くフランスには終盤に2点を返すも2-5と大敗を喫した。最終戦の相手は前回大会同様ホンジュラスが相手となったが、ジェルダン・シャチリのハットトリックの活躍で3-0と勝利し、グループリーグを2位で終え2大会ぶりの決勝トーナメント進出となった。決勝トーナメント1回戦ではアルゼンチンと対戦し、延長戦までもつれ込む接戦となったが、延長後半13分にディ・マリアにゴールを奪われ、0-1と敗れた。

2016年のUEFA欧州選手権・フランス大会では予選を2位で突破し、2大会ぶりの本大会出場を決めた。本大会では開催国のフランス、ルーマニア、アルバニアと同じグループAに入り、1勝2分で2位となり、初の決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントでは1回戦でポーランドと対戦し、前半39分にポーランドのヤクブ・ブワシュチコフスキに先制点を奪われるが、後半37分にジェルダン・シャチリのゴールで同点に追いつくことに成功した。試合はこのままPK戦までもつれ込んだが、スイスの2人目であるグラニト・ジャカが失敗をし、対するポーランドは全員成功させ、ベスト16で姿を消した。

2018年大会でも4大会連続での本大会出場を決めた。

2018年大会ではブラジルコスタリカセルビアと同じグループEに入り、ブラジルに次ぐ2位通過で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めたが、ラウンドオブベスト16ではスウェーデンと対戦して敗れた。

FIFAワールドカップの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
ウルグアイの旗 1930 不参加
イタリアの旗 1934 ベスト8 2 1 0 1 5 5
フランスの旗 1938 3 1 1 1 5 5
ブラジルの旗 1950 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 6
スイスの旗 1954 ベスト8 4 2 0 2 11 11
スウェーデンの旗 1958 予選敗退
チリの旗 1962 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 8
イングランドの旗 1966 3 0 0 3 1 9
メキシコの旗 1970 予選敗退
西ドイツの旗 1974
アルゼンチンの旗 1978
スペインの旗 1982
メキシコの旗 1986
イタリアの旗 1990
アメリカ合衆国の旗 1994 ベスト16 4 1 1 2 5 7
フランスの旗 1998 予選敗退
大韓民国の旗 日本の旗 2002
ドイツの旗 2006 ベスト16 4 2 2 0 4 0
南アフリカ共和国の旗 2010 グループリーグ敗退 3 1 1 1 1 1
ブラジルの旗 2014 ベスト16 4 2 0 2 7 7
ロシアの旗 2018 4 1 2 1 5 5
合計 11/21 37 12 8 18 50 64

スイスは、初出場の1934年大会初戦から1994年大会のラウンド16まで出場22試合連続で失点を喫しており、これはワールドカップにおける連続試合失点の記録である。その一方で、2006年大会ではグループリーグ3試合を無失点(この大会初戦で連続試合失点を止めた)、決勝トーナメント一回戦でウクライナに0-0からのPK戦で敗れ、ワールドカップ史上初の無失点での大会敗退という珍記録を残した。さらに、2010年大会のグループリーグ第1戦のスペイン戦も無失点で、イタリアと並ぶ5試合連続無失点のワールドカップタイ記録を樹立し連続試合失点と連続試合無失点、両方のレコードホルダーになった。続くチリ戦では後半30分に失点するが、この時点までの大会通算連続無失点時間は86・90年大会のイタリア(550分)をも上回る559分となり、わずかながら記録を更新した。

UEFA欧州選手権の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
フランスの旗 1960 不参加
スペインの旗 1964 予選敗退
イタリアの旗 1968
ベルギーの旗 1972
ユーゴスラビアの旗 1976
イタリアの旗 1980
フランスの旗 1984
西ドイツの旗 1988
スウェーデンの旗 1992
イングランドの旗 1996 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 4
ベルギーの旗 オランダの旗 2000 予選敗退
ポルトガルの旗 2004 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 6
オーストリアの旗 スイスの旗 2008 3 1 0 2 3 3
ポーランドの旗 ウクライナの旗 2012 予選敗退
フランスの旗 2016 ベスト16 4 1 3 0 3 2
合計 4/15 13 2 5 6 8 15

現在のメンバー[編集]

2018 FIFAワールドカップにおける代表招集メンバー

選手[編集]

監督[編集]