サッカーデンマーク代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッカーデンマーク代表
国または地域  デンマーク
協会 デンマークサッカー協会
愛称 Danish Dynamite
監督 ノルウェーの旗 オーゲ・ハレイデ英語版
最多出場選手 ピーター・シュマイケル(129試合)
最多得点選手

ポウル・ニールセン

ヨン・ダール・トマソン(52得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1908年10月19日フランス
9-0
最大差勝利試合 1908年10月22日フランス
17-0
最大差敗戦試合 1937年5月16日ドイツ
0-8
FIFAワールドカップ
出場回数 5回(初出場は1986
最高成績 ベスト8 (1998)
UEFA欧州選手権
出場回数 7回
最高成績 優勝 (1992)

サッカーデンマーク代表デンマーク語: Danmarks fodboldlandshold)は、デンマークサッカー協会(DBU)により編成されるデンマークサッカーのナショナルチームである。

歴史[ソースを編集]

ダニッシュ・ダイナマイト」のあだ名を持つデンマーク代表は、古くからサッカーの強豪として知られていた。オリンピックでは1908年のロンドン、1912年のストックホルムと2大会連続で銀メダルを、1948年のロンドンオリンピックで銅メダル、1960年のローマオリンピックで銀メダルを獲得している。

ワールドカップには長らく参加しない状態が続いていたが、1958 FIFAワールドカップ スウェーデン大会から参加した。この大会では本大会に駒を進められず、以降、欧州予選敗退が続いていたが、80年代に入って好選手が次々に台頭して84年の欧州選手権でベスト4に進出し、実力国として注目を浴び始める。そして1986 FIFAワールドカップ メキシコ大会で本大会に初出場した。この大会ではプレーベン・エルケーア・ラルセンミカエル・ラウドルップの2トップを擁してグループリーグを3戦全勝し、ベスト16でスペインに敗れたものの、3-5-2システムの果敢な攻撃サッカーから「ダニッシュ・ダイナマイト」と呼ばれた。

欧州選手権ではしばしばベスト4に入る活躍を見せたが、最も注目されるのはUEFA EURO '92での優勝である。デンマークは本大会への出場権を懸けた予選でユーゴスラビアに競り負け、本来、本大会への出場資格を有していなかったが、ユーゴスラビア代表がスウェーデンに入国した段階で国際サッカー連盟(FIFA)欧州サッカー連盟(UEFA)国際連合の対ユーゴスラビア制裁に従って、ユーゴスラビアの出場資格を取り消したため、急遽ユーゴスラビアに代わって出場することになった。選手の殆どはバカンスに出かけていた状態であり、準備も出来ないまま大会に臨んだが、ピーター・シュマイケルブライアン・ラウドルップらの活躍もあり、優勝候補のオランダドイツなどを退けて初のビッグタイトルを獲得した。

1995年にはFIFAコンフェデレーションズカップの前身であるキング・ファハド・カップで優勝している。

ワールドカップ出場を2大会連続で逃したのち、1998 FIFAワールドカップ フランス大会では、ラウドルップ兄弟やシュマイケルらの活躍で過去最高のベスト8を記録した。その後、ヨン・ダール・トマソンクリスティアン・ポウルセンらの世代に交代したが、国際大会ではトーナメント1回戦の壁を越えられず、若手の台頭が乏しい状況となった。伝統的にスウェーデンには激しいライバル意識を持っており、UEFA EURO 2004UEFA EURO 2008などで対戦している。

2010 FIFAワールドカップにはニクラス・ベントナーシモン・シェアーら新鋭を加えて出場したが、堅守が崩れてグループリーグ3戦全てで失点。オランダ日本に次ぐグループEの3位に終わり、本戦出場を果たした大会では初めて決勝トーナメント進出を逃した。

2大会振りの出場となったUEFA EURO 2012ではグループBでドイツ、オランダ、ポルトガルと対戦。2010 FIFAワールドカップ準優勝のオランダを破るも、その後連敗しグループリーグ敗退となった。2014 FIFAワールドカップUEFA EURO 2016は予選敗退となった。

2018 FIFAワールドカップでは2次予選アイルランドに勝利し、2010年以来2大会ぶりの本大会出場を決めた。本大会では初戦のペルー戦を1-0で勝利した後、2戦を引き分け、勝点5の2位で2002年大会以来の決勝トーナメント進出を果たしたが、決勝トーナメントのクロアチア戦では、開始58秒でマティアス・イェルゲンセンのゴールで先制しながら4分にマリオ・マンジュキッチのゴールで同点にされ、そのまま延長へと突入した。延長ではルカ・モドリッチのPKをGKのカスパー・シュマイケルが止めるなど120分で決着がつかずPK戦となり、シュマイケルが2本を止める活躍を見せたものの、デンマークはクロアチアのGKダニエル・スバシッチに3本を止められ2-3で敗退となり、1998年フランス大会以来のベスト8を逃してしまった。

成績[ソースを編集]

FIFAワールドカップ[ソースを編集]

開催国 / 年 成績
ウルグアイの旗 1930 不参加
イタリア王国の旗 1934
フランスの旗 1938
ブラジルの旗 1950
スイスの旗 1954
スウェーデンの旗 1958 予選敗退
チリの旗 1962 不参加
イングランドの旗 1966 予選敗退
メキシコの旗 1970
西ドイツの旗 1974
アルゼンチンの旗 1978
スペインの旗 1982
メキシコの旗 1986 ベスト16 4 3 0 1 10 6
イタリアの旗 1990 予選敗退
アメリカ合衆国の旗 1994
フランスの旗 1998 ベスト8 5 2 1 2 9 7
日本の旗大韓民国の旗 2002 ベスト16 4 2 1 1 5 5
ドイツの旗 2006 予選敗退
南アフリカ共和国の旗 2010 1次リーグ 3 1 0 2 3 6
ブラジルの旗 2014 予選敗退
ロシアの旗 2018 ベスト16 4 1 3 0 3 2
合計 出場5回 20 9 5 6 30 26

UEFA欧州選手権の成績[ソースを編集]

開催国 / 年 成績
フランスの旗 1960 予選敗退
スペインの旗 1964 4位 2 0 0 2 1 6
イタリアの旗 1968 予選敗退
ベルギーの旗 1972
ユーゴスラビアの旗 1976
イタリアの旗 1980
フランスの旗 1984 ベスト4 4 2 1 1 9 4
西ドイツの旗 1988 1次リーグ 3 0 0 3 2 7
スウェーデンの旗 1992 優勝 5 2 2 1 6 4
イングランドの旗 1996 1次リーグ 3 1 1 1 4 4
ベルギーの旗オランダの旗 2000 1次リーグ 3 0 0 3 0 8
ポルトガルの旗 2004 ベスト8 4 1 2 1 4 5
オーストリアの旗スイスの旗 2008 予選敗退
ポーランドの旗ウクライナの旗 2012 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 5
フランスの旗 2016 予選敗退
合計 出場8回/優勝1回 27 7 6 14 30 43

歴代監督[ソースを編集]

選手[ソースを編集]

キャップ[ソースを編集]

2016年6月3日現在 

名前 キャップ数 期間
1 ピーター・シュマイケル 129 1987-2001
2 デニス・ロンメダール 126 2000-2014
3 ヨン・ダール・トマソン 112 1997-2010
4 トーマス・ヘルヴェグ 108 1994-2007
5 ミカエル・ラウドルップ 104 1982-1998
6 モアテン・オルセン 102 1970-1989
マルティン・ヨルゲンセン 102 1998-2011
8 トーマス・セーレンセン 101 1999-2012
9 クリスティアン・ポウルセン 92 2001-2012
10 ヨン・シヴェベーク 87 1982-1992

得点[ソースを編集]

2016年6月3日現在

名前 得点数 期間
1 ポウル・ニールセン 52 1910-1925
ヨン・ダール・トマソン 52 1997-2010
3 パウリ・イェルゲンセン 44 1925-1939
4 オーレ・マドセン 42 1958-1969
5 プレーベン・エルケーア・ラルセン 38 1977-1988
6 ミカエル・ラウドルップ 37 1982-1998
7 ヘニング・エノクセン 29 1958-1966
ニクラス・ベントナー(#) 29 2006-
9 ミカエル・ローデ 22 1915-1931
エッベ・サンド 22 1998-2004

関連項目[ソースを編集]