サッポロガーデンパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サッポロガーデンパークSapporo Garden Park)は、札幌市東区にある複合施設[1]レストランビアホール博物館ショッピングセンター、屋内練習場で構成している。

概要[編集]

2003年平成15年)に閉鎖したサッポロビール札幌工場(札幌第2製造所)跡地を再開発[2]開拓使の一事業としてビール造りが始まった歴史を守りながら未来へ繋ぐことを目的とした施設[3]。開発に当たって赤レンガ建築や原生林を保存し、北海道らしい都市空間づくりを目指した[2]。日本国内唯一のビール博物館「サッポロビール博物館」は「札幌苗穂地区の工場・記念館群」の1施設として「北海道遺産」に選定されており[4]、札幌の観光資源の1つになっている。サッポロガーデンパークは地域に開かれた緑豊かなオープンスペースづくりが評価されており、『第30回緑の都市賞』奨励賞[5]、『第21回全国花のまちづくりコンクール』国土交通大臣賞を受賞している[6]

都市再開発による新たなまちづくり「苗穂駅周辺地区まちづくり計画」の策定範囲になっており、札幌市や「苗穂駅周辺まちづくり協議会」が苗穂駅移転を含む駅周辺の再開発を進めている[7][8]

沿革[編集]

  • 1966年昭和41年):「開拓使麦酒記念館」(サッポロビール博物館の前身)、「サッポロビール園」オープン[9]
  • 1968年(昭和43年):サッポロビール園「トロンメルホール」オープン[9]
  • 1972年(昭和47年):サッポロビール園「ライラック館」オープン(2005年取り壊し)[9][10]
  • 1977年(昭和52年):サッポロビール園「ポプラ館」オープン(1992年に新たな「ポプラ館」オープン)[9]
  • 1987年(昭和62年):「サッポロビール博物館」開館[11]
  • 2003年平成15年):サッポロビール札幌工場閉鎖[12]北海道日本ハムファイターズ屋内練習場完成[13]
  • 2004年(平成16年):サッポロビール博物館リニューアル[14]
  • 2005年(平成17年):サッポロビール園「ガーデングリル」オープン[9]。「サッポロガーデンパーク」(アリオ札幌)開業[15][16]
  • 2015年(平成27年):アリオ札幌リニューアル[17]
  • 2016年(平成28年):サッポロビール博物館リニューアル[18]

施設[編集]

サッポロビール園

  • 新星苑が運営[19]
  • 施設
    • 開拓使館
      • 1F: トロンメルホール
      • 2F/3F: ケッセルホール
    • ポプラ館
    • ライラック
    • ガーデングリル
    • ガーデンショップ

サッポロビール博物館

アリオ札幌

北海道日本ハムファイターズ屋内練習場

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 買う、食べる、本探し、日ハム応援…*苗穂に“巨艦”出現*きょう開業サッポロガーデンパーク”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年11月23日). 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ a b コミュニケーションスペースとして(サッポロガーデンパーク)”. サッポロビール. 2017年4月23日閲覧。
  3. ^ “サッポロビール140周年記念 2016年春『サッポロガーデンパーク』をリニューアル” (PDF) (プレスリリース), サッポロビール, (2015年8月17日), http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021166/pdf/20150817sgprn.pdf 2017年4月23日閲覧。 
  4. ^ 札幌苗穂地区の工場・記念館群”. 北海道遺産協議会事務局. 2017年4月22日閲覧。
  5. ^ サッポロビール株式会社 サッポロガーデンパーク”. 都市緑化機構. 2017年4月22日閲覧。
  6. ^ 第21回全国花のまちづくりコンクール 花のまちづくり大賞”. 日本花の会. 2017年4月23日閲覧。
  7. ^ 苗穂駅周辺地区のまちづくり”. 札幌市. 2017年4月22日閲覧。
  8. ^ はばたく苗穂”. 苗穂駅周辺まちづくり協議会. 2017年4月22日閲覧。
  9. ^ a b c d e ビール園紹介”. サッポロビール園. 2017年4月22日閲覧。
  10. ^ サッポロビール園 開業以来初*大改装*飲食施設新設・小公園も整備*札幌・東区 10月完成予定*地元客取り込み狙う”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年4月13日). 2017年4月22日閲覧。
  11. ^ サッポロビール 博物館お披露目”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1987年7月2日). 2017年4月22日閲覧。
  12. ^ 見納め*今月限り”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年3月7日). 2017年4月22日閲覧。
  13. ^ 日ハム*屋内練習場が完成*合宿所も報道陣に公開*札幌”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年11月22日). 2017年4月22日閲覧。
  14. ^ “サッポロビール博物館リニューアルオープン 〜12月12日(日)に装いも新たにオープン〜” (PDF) (プレスリリース), サッポロビール, (2004年12月10日), http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000000673/pdf/0000000673.pdf 2017年4月23日閲覧。 
  15. ^ “イトーヨーカドーの大型ショッピングセンター「Ario(アリオ)札幌」の専門店テナント全店舗が決定!! 111店舗の専門店『Ario(アリオ)札幌』2005年11月23日(水)グランドオープンのご案内” (PDF) (プレスリリース), イトーヨーカ堂, (2005年10月26日), https://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/company/news/pdf/2005/1110_02.pdf 2017年4月23日閲覧。 
  16. ^ 道内最大級SC*アリオ札幌きょう開業”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年11月23日). 2017年4月22日閲覧。
  17. ^ “営業10年目を迎え開業以来初の大規模改装を実施 5/27(水)アリオ札幌リニューアルオープン!” (PDF) (プレスリリース), イトーヨーカ堂, (2015年5月26日), https://www.itoyokado.co.jp/__resources__/01d18cd2-6ccd-40d6-990f-e924a41e5227.pdf 2017年4月23日閲覧。 
  18. ^ “新「サッポロビール博物館」2016年4月21日グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), サッポロビール, (2015年12月22日), http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021248/pdf/20151222sapporohakubutsukanopen.pdf 2017年4月23日閲覧。 
  19. ^ 株式会社 新星苑”. 2017年4月23日閲覧。
  20. ^ 北海道支部通信 VOL.11 (PDF)”. 日本建築構造技術者協会北海道支部. pp. 1-2 (2004年). 2017年4月23日閲覧。
  21. ^ 平成15年照明普及賞”. 照明学会. 2017年4月23日閲覧。
  22. ^ 北海道日本ハムファイターズ 札幌屋内練習場・合宿所”. TAISEI DESIGN. 大成建設. 2017年4月23日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯43度04分16秒 東経141度22分10秒 / 北緯43.07111度 東経141.36944度 / 43.07111; 141.36944