サッポロヘルス&ビューティフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サッポロ ヘルス&ビューティフェア
Sapporo health&beauty fair
会場のアクセスサッポロ
会場のアクセスサッポロ
イベントの種類 展示会
正式名称 サッポロ ヘルス&ビューティ フェア
開催時期 毎年10月下旬
初回開催 2007年10月20日 - 10月21日
最終開催 2016年10月22日 - 10月23日
開催時間 10:00 - 17:00
(日曜日は16:00まで)
会場 札幌流通総合会館(アクセスサッポロ)
主催 サッポロヘルス&ビューティフェア 実行委員会
共催 札幌商工会議所
北海道バイオ産業クラスター・フォーラム
北海道バイオビジネスネットワークフォーラム
さっぽろ健康スポーツ財団
後援 北海道経済産業局
北海道厚生局
北海道
札幌市
日本チェーンドラッグストア協会
出展数 約100社
来場者数 約2万人
アクセスサッポロへの交通アクセス
最寄駅 札幌市営地下鉄東西線大谷地駅
直通バス 開催時に大谷地バスターミナルから無料シャトルバス運行
駐車場 あり
公式サイト

サッポロヘルス&ビューティフェアとは、北海道札幌市白石区にある札幌流通総合会館(アクセスサッポロ)にて、2007年から2016年まで毎年10月の第4土曜日と日曜日に行われていた、健康美容をテーマにしたイベントフェスティバル。

キャッチ・コピーは「美と健康の今がわかる2日間!」。                       

概要[編集]

  • 北海道で初めて行政と「健康」「美容」に関わる団体、メーカー等が一体となり行うイベント。全国各地のメーカーの最新商品紹介から、「健康」「美容」に関する日頃役立つ知識や情報を幅広く発信する。会場内では、参加メーカーの商品展示、サンプル配布、健康・体力チェック、体験教室、セミナー、そしてタレントによるトークショー等を開催。
  • 特設ステージでは毎年、女性タレントを迎えてのトークショーが行われており2007年に辺見えみり、2008年に梅宮アンナ、2009年に奈美悦子里田まい、2010年に板井麻衣子、2011年に佐藤かよ、2012年にKelly樫木裕実、2013年に蛯原英里、2014年に浅田舞[1]、2015年に田中美保が出演した。
  • 札幌から未来の美容エキスパートを育てるという意図で、札幌市内の美容専門学校生を対象に、メイクアップ作品を募集する「ビューティコンテスト」を行っていた。    

開催遍歴[編集]

出来事[編集]

  • 2007年には、第88回全国高等学校野球選手権大会決勝で話題となったハンカチ王子斎藤佑樹にちなんで、来場者先着1,000名に”幸運を呼ぶ青いハンカチ”をプレゼントした。
  • 当フェアで人気イベントとなった「ビューティコンテスト」は2009年から開催された。
  • 2011年にはYOSAKOIソーラン祭りに出場する「極楽とんぼ」が演舞を行った。
  • モーディア所属で、現在ネットアージュに所属しているモデルの多田夏摘は、2014年にNINA RICCI(株式会社メイクアップ)のブースでコンパニオンをしていた[2]
  • 初開催から10年続いたヘルス&ビューティフェアは2016年を最後に終了。会場のアクセスサッポロはそれに代わる10月中旬のイベントとして『トヨタ クルマルシェ』(札幌トヨタグループ主催)[注 1]を2017年から開催している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初回開催は2017年10月21日 - 22日。この時は札幌モーターショー2018のプロモーションブースがあり、4代目の札幌モーターショーガールとして山田かおりと池田彩夏の2名がお披露目された[3][4]

出典[編集]

  1. ^ 「サッポロヘルス&ビューティフェア」に2017冬季アジア札幌大会PRブースを出展!”. 2017冬季アジア札幌大会 (2014年10月23日). 2016年10月16日閲覧。
  2. ^ 多田夏摘 (2014年10月27日). “ヘルス&ビューティフェア①”. ただなっちゃんのblog♪. CyberAgent. 2017年5月22日閲覧。
  3. ^ おはようございます!本日開催のトヨタ クルマルシェinアクセスサッポロにて札幌モーターショーガール撮影会を行っております”. 札幌モーターショー. Facebook (2017年10月21日). 2017年12月30日閲覧。
  4. ^ “札幌モーターショー ショーガールに山田さん、池田さん”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2017年10月28日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/141470 2017年12月30日閲覧。