サニーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
サニーゴ
全国
イノムー - サニーゴ(#222) - テッポウオ
ジョウト
パルシェン - サニーゴ(#173) - テッポウオ
ホウエン
ジーランス - サニーゴ(#180) - チョンチー
基礎データ
英語名 Corsola
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第2世代
ポケモン学
分類 さんごポケモン
タイプ みず / いわ
高さ 0.6m
重さ 5.0kg
特性 しぜんかいふく / はりきり
かくれ特性 さいせいりょく
テンプレートを表示

サニーゴは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

モデルはサンゴ。角の成長が悪くなるなどの理由から、汚染された海域では生息できない。

サニーゴが複数集まって珊瑚礁を形成する事があり(その際、一体一体がどの様な状態になっているかは不明)、その珊瑚礁の上に住む人々もいる模様。

ゲームでのサニーゴ[編集]

基本となるみずタイプの技はなかなか覚えられないものの、一方で「ロックブラスト」や「とげキャノン」「ミラーコート」などの珍しい技をたくさん覚えることが出来る。「ぼうぎょ」・「とくぼう」はやや高いが、その他の能力は若干低めである。タイプの関係で、くさタイプの技にはめっぽう弱い。

アニメでのサニーゴ[編集]

無印、『アドバンスジェネレーション』ではカスミのポケモンとして登場。カスミ (アニメポケットモンスター)#カスミのポケモンを参照。

映画でのサニーゴ[編集]

水の都の護神 ラティアスとラティオス』と『ピカピカ星空キャンプ』ではカスミのサニーゴが登場している。

ポケモンカードでのサニーゴ[編集]

ポケモンカードゲームでは、水タイプまたは闘タイプのたねポケモンとして扱われている。

初登場はポケモンカードneo拡張パック第二弾「遺跡をこえて…」で、レアリティはアンコモンだった。また、映画記念セットにカスミのポケモンとして収録された。

ポケモンカードゲームDPでは、拡張パック第三弾「ひかる闇」に収録された。このパックと同時に発売された構築スタンダードデッキ「パルキアLV.X」には、絵違いのサニーゴが収録されている。

その他におけるサニーゴ[編集]

そのファンシーな姿からぬいぐるみなどのグッズのモデルになることが多い。

関連項目[編集]