サバーハ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サバーハ家
آل صباح‎
クウェートの旗 クウェート
当主称号 アミール(首長)
創設 1756年
家祖 サバーハ1世
現当主 ナワーフ
民族 アラブ人

サバーハ家アラビア語: آل صباح‎、Al-Sabah)は、クウェートの首長家。18世紀より現在まで、クウェートのアミール首長)を輩出している。なお、日本の報道機関では首長はサバハ首長と表記されることが多い[1]

概要[編集]

もともとはバーレーンハリーファ家英語版同様にオナイザ族英語版バニー・ウトバ英語版氏族に属し、中央アラビアのダルイーヤにいたが、同じオナイザ族のサウード家に追われてクウェートに移住。18世紀に、オスマン帝国との交渉役としてクウェート商人の互選でサバーハ家が選ばれ、首長となった。さらに1871年、第4代の首長アブドゥッラー2世がオスマン帝国からカーイマカム(総督)の称号を与えられ、クウェートは帝国のバスラ州の一部であると認められた。

なお、現在の憲法の規定により、首長及び世子は第7代ムバーラクの直系男子と定められている。ムバーラクは兄のムハンマドを暗殺して首長になったが、ムハンマドの子息は生き延び、現在も子孫が続いているため、ムハンマドの子孫の首長位継承権を否認するための規定である。ムバーラクの子息、第8代ジャービルの子孫・ジャービル家と第9代サーリムの子孫・サーリム家の子孫から、ほぼ交互に首長を輩出しているが、近年、サーリム家の衰えが激しく、ジャービル家に首長・世子・首相など重要ポストのほとんどを押さえられている。

首長の一覧[編集]

首長 出身家 在任期間 備考
1 サバーハ1世 1756年
- 1762年
2 アブドゥッラー1世 1762年
- 1814年5月3日
3 ジャービル1世 1814年
- 1859年
4 サバーハ2世 1859年
- 1866年11月
5 アブドゥッラー2世 1866年11月
- 1893年5月
6 ムハンマド 1893年5月
- 1896年5月17日
暗殺
7 Mubarak Al-Sabah of Kuwait.jpg ムバーラク 1896年5月18日
- 1915年11月28日
8 ジャービル2世 1915年11月28日
- 1917年2月5日
ジャービル家の祖
9 サーリム 1917年2月5日
- 1921年3月29日
サーリム家の祖
10 أحمد الجابر الصباح.jpg アフマド ジャービル家 1921年3月29日
- 1950年1月29日
次男が第13代首長、三男が第15代首長、四男が第16代首長
11 Gamal Abdel Nasser with Shaikh Abdullah III Al-Salim Al-Sabah.jpg アブドゥッラー3世 サーリム家 1950年1月29日
- 1965年11月24日
12 サバーハ3世 サーリム家 1965年11月24日
- 1977年12月31日
13 عميد الصحافة ناصر العثمان الفخرو مع أمير الكويت السابق الشيخ جابر الأحمد الصباح.jpg ジャービル3世 ジャービル家 1977年12月31日
- 2006年1月15日
長弟が15代首長、次弟が16代首長
14 Saad Al-Salim Al-Sabah.jpg サアド サーリム家 2006年1月15日
- 2006年1月24日
急死
15 Sheikh Sabah IV.jpg サバーハ4世 ジャービル家 2006年1月24日
- 2020年9月29日
次代首長が弟
16 Nawaf Al-Ahmad Al-Jaber Al-Sabah (cropped).jpg ナワーフ英語版 ジャービル家 2020年9月30日
- 現職
先代首長は兄

主な王族[編集]

1940年生まれ。第10代アフマド首長の子、ナワーフ首長の異母弟。2020年10月8日、議会の承認を受け、80歳で首長世子となった[2]
  • ナーセル王子英語版(ジャービル家)
1941年生まれ。第10代アフマド首長の次男ムハンマド王子の子。首相。
  • ファハド英語版(ファハド・アッ=サバーハ、ジャービル家)
第10代アフマド首長の第六首長世子で、第13代ジャービル首長・第15代サバーハ首長・ナワーフ首長の末弟。湾岸戦争に際し、イラク軍と戦った唯一の王族。その戦闘により死亡した。国民からは英雄と崇敬されている。
  • アフマド王子英語版(ジャービル家)
1961年生まれ。ファハド王子の子、第15代サバーハ4世首長の甥。元エネルギー大臣。父ファハド王子の壮絶な戦死により、国民の人気が高く、政治的にも発言力が強い。現在のアジアハンドボール連盟の会長を務めている。

系図[編集]

 
 
 
ジャービル
 
 
 
マリヤム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サバーハ1世1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アブドゥッラー1世2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャービル1世3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サバーハ2世4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アブドゥッラー2世5ムハンマド6ムバーラク7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(サーリム家)
サーリム9
(ジャービル家)
ジャービル2世8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(ハマド家)
ハマド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アブドゥッラー3世11サバーハ3世12アフマド10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハムードムバーラク
初代ワクフ相
ハーリド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サアド14ムハンマド
3代外相
ジャービル3世13サバーハ4世15ナワーフ16ミシュアル
首長世子
ファハド
初代OCA会長
ムハンマド
初代国防相
 
 
 
 
 
アフマド
5・11代内相
ジャービル
7代首相
サバーハ
8代首相
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナーセル
13代国防相
 
 
 
 
 
 
アフマド
2代OCA会長
ナーセル
6代首相
 
シャラザードアブドゥラ
EPA長官
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アフマド
5代外相
 
サバーハ
 
 
 
  • 下津源太郎『世界帝王系図集』(増補版、近藤出版社、1987年)を基に作成。

出典[編集]

  1. ^ クウェートのサバハ首長が入院」『共同通信』、2020年7月19日。2020年7月19日閲覧。
  2. ^ “Kuwait parliament blesses Sheikh Mishal Al-Sabah as Crown Prince”. KUNA. (2020年10月8日). https://www.kuna.net.kw/ArticleDetails.aspx?id=2930258# 2020年10月10日閲覧。