サヘル・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サヘル・ローズ
プロフィール
別名義 サヘル
滝川クリサヘル
愛称 さっちゃん
生年月日 1985年10月21日
現年齢 34歳
出身地 イランの旗 イラン
血液型 O型
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
活動
ジャンル タレント女優モデル
事務所 エクセリング
その他の記録
日本語ペルシャ語ダリー語タジク語を話す[1]
モデル: テンプレート - カテゴリ

サヘル・ローズ[3](Sahel Rosa[4]Rosa Sahel[要出典]ペルシア語: ساحل روزا [要出典]1985年10月21日[1] - )は、イラン出身、日本で活動するタレント女優である。本名も同じ(ただし、生来の姓名あるいは個人名は不明[5])。愛称さっちゃん

ラジオテレビ番組では「サヘル」でクレジットされることも多い。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

イラン西部の小さな町に生まれる。イラン・イラク戦争さなかの1989年2月下旬、国境近くにあった町はイラク軍の空爆により壊滅、13人の大家族のなかで生き残ったのは末っ子のサヘルだけだった。壊滅した町への救護隊ボランティア要員としてテヘラン大学からかけつけていた、後に養母となる大学生のフローラ・ジャスミンに救い出され、孤児院で暮らすこととなる。空爆被害で本来の出生年、出生名が不明となり、養母が考えた出生年や名前を使用することになる[5]。サヘル・ローズとは砂浜に咲く薔薇という意味。薔薇が好きな養母が、薔薇は砂浜に咲かないはずだが自らの力で困難に立ち向かう力強さを持ってほしいという想いでつけた。知り合いがいたため、1993年8月13日に養母に伴われ7歳のときに来日した[6]。来日当初の生活は非常に貧しく、2週間ほど公園でホームレス同然の生活を経験したこともある[7]。通っていた小学校の校長に日本語を学ぶ[1]東京都立園芸高校出身[8]と自身の冠番組「サヘル・ローズのイチオシNIPPON」#10熊本編で語っている。大学時代にはITを専攻しており、セキュリティプログラミングJavaなどを学んだ[9]。また専門学校時代、俳優の松田洋治に演技の指導を受けていた[要出典]

芸能活動[編集]

イランでも放送されていた『おしん』を観たのがきっかけで、幼少時代から女優になりたいという夢を持っていた[10]

10代になるころ芸能界に入り、モデル、ラジオ番組の出演を経てテレビ番組にレギュラー出演するようになる。日本テレビTHE・サンデー』などでは、滝川クリステルものまねでニュースを読む「滝川クリサヘル」として出演している。近年ではバラエティ番組でのタレント活動に加え、イラン出身という特性を活かせる国際情報番組のキャスターにも起用されている。

逸話[編集]

  • 日本で養母はペルシャ絨毯を売るための織り子(デモンストレーター・実演販売)として働いた[11]。そのためか、自己紹介文に「ペルシャ絨毯に乗って日本にやって来た」と書く事が多い。なお、養母は『セクシーボイスアンドロボ』の第1話に出演したことがある[12]
  • 2011年4月23日、前月に発生した東日本大震災を受けて、アラーグチー駐日イラン大使の夫人や大使館のシェフらと共に被災地の岩手県山田町を訪問して500食以上の炊き出しを行い、鶏肉のトマトシチュー[13]ナン、伝統菓子などを振る舞った[14]
  • 自身のブログ(2011年9月26日付)で、これまで彼氏がいないことを告白している[15]
  • 一番の好物は白飯。自身のブログで「地球が滅びる前に食べておきたい食べ物は卵かけご飯」と述べている[16]
  • 2013年に一人で初めてイランに帰国している。その後も仕事などでイランに訪れている。

趣味[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在のレギュラー[編集]

現在の準レギュラー[編集]

過去のレギュラー[編集]

夕刊フジTV』アシスタント(2006年
滝川クリサヘルの週刊!男前ニュース」キャスター
「滝川クリサヘル」名義(後に本名がクレジットされるようになった)

ドラマ[編集]

過去の出演番組・単発番組[編集]

ラジオ番組[編集]

現在のレギュラー[編集]

過去のレギュラー[編集]

単発放送[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

舞台[編集]

  • 「志士たち」(208年6月、新宿シアターサンモール)- お竜役 役
  • 「龍馬疾る!」(2006年)-マーガレット 役
  • 「Asterisk」トリビアファクトリー(2009年5月3日-4日)
  • ぱるエンタープライズ公演Vol.28「Peach Boy's」(2012年3月15日-18日、シアターサンモール)- おきよ 役
  • エクセリング主催公演「バイオハザードカフェで朝食を」(2013年2月5日-10日、俳優座劇場
  • 大人の麦茶公演「ゆびにのこるかおり。」(2013年11月29日-12月8日、紀伊国屋劇場)
  • Initial Film株式会社公演「あなたに贈る×(キス)」(2013年12月18日-22日、新宿シアターサンモール)
  • Project Nyx公演「宝島」(2014年2月7日-16日、東京芸術劇場シアターウエスト)
  • Project Nyx公演「千夜一夜」(2015年1月16日-25日、東京芸術劇場シアターウエスト)
  • パルコ・プロデュース公演「メルシー!おもてなし ~志の輔らくごMIX~」(2016年6月4日-26日、PARCO劇場
  • ProjectNyx公演「時代はサーカスの象にのって」(2017年1月19日-23日、新宿FACE)
  • オフィス3○○特別公演「川を渡る夏」(2017年9月15日-24日、すみだパークスタジオ倉)
  • ピュア―マリー公演「殺しのリハーサル」(2018年4月12日-15日、スペース・ゼロ
  • 新宿梁山泊公演「恭しき娼婦」(2018年10月10日-14日、東京芸術劇場シアターウエスト)
  • metro公演「陰獣INTO THE DARKNESS」(2019年1月17日-20日、赤坂レッドシアター)

連載コラム[編集]

  • メトロガイド」~サヘル・ローズのコトダマ日詩~
  • 「毎日新聞」~おんなのしんぶん~

リリース作品[編集]

DVD[編集]

  • サヘルローズ「初めてのサヘル」(2008年ポニーキャニオン
  • 福祉ビデオシリーズ『新しい絆の作り方 特別養子縁組・里親入門』(司会サヘル・ローズ、ディレクター・猪瀬美樹 NHK厚生文化事業団、2019年3月)

書籍[編集]

  • 戦場から女優へ(2009年1月27日、文藝春秋。ISBN 978-4-16-371020-4)

共著[編集]

  • 安田菜津紀(写真) 『あなたと、わたし』 日本写真企画、2018年12月。ISBN 978-4865620849。 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『サヘルの旅』サヘル・ローズ tweet[22][23][24][25][26]。Instagram[27]
  2. ^ 『世界はほしいモノにあふれてる』(恋しいペルシャ 美の源流)サヘル・ローズ tweet[29][30][31]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i サヘル・ローズ”. 所属タレント. エクセリング. 2015年11月3日閲覧。
  2. ^ a b 427FOTO*Sahel Rosa PHOTO Exhibition「CATCH IN THE WIND」写真展&トークショー開催のお知らせ | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)
  3. ^ 本表記(中点 ・ を含む)が用いられる出典として、[1][2]
  4. ^ 本表記(Sahelが先)が用いられる出典として、[2]
  5. ^ a b サヘル・ローズ 『戦場から女優へ』 P17
  6. ^ 友達として向き合ってくれた校長先生 サヘル・ローズさんに聞く日本語習得の日々”. 毎日新聞 (2020年7月28日). 2020年9月14日閲覧。
  7. ^ 平岩国泰 (2018年8月24日). “親がいない、家がない、それよりも辛いこと~学校に行きたくないあなたへサヘル・ローズさんのメッセージ~”. 2018年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。
  8. ^ NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE (2015年3月6日). 2016年9月7日閲覧。
  9. ^ イー・ベンキョー・ピープル Vol.1”. 2009年4月2日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 女優 サヘル・ローズに聞く(後編)”. 日経トレンディネット. 2013年3月21日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 2008年7月29日放送の『踊る!さんま御殿!!』より[要検証]
  12. ^ 2008年2月10日放送の『THE・サンデー』より[要検証]
  13. ^ イランの伝統料理「ホラーケ・モルグ」(ペルシア語: خوراک مرغKhorak-e Morgh / Xorâk-e Morğ)のこと。
  14. ^ 被災地でのイラン大使館の支援活動 - 2011年4月23日
  15. ^ らすと”. サヘル・ローズオフィシャルブログ「sahel日記」 (2011年9月26日). 2014年4月21日閲覧。
  16. ^ んまい!!”. サヘル・ローズオフィシャルブログ「sahel日記」 (2010年11月11日). 2014年4月21日閲覧。
  17. ^ 2009年4月14日放送の『徹子の部屋』より[要検証]
  18. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (1 June 2020). "「6月4日22時から Eテレ『こころの時代』」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  19. ^ こころの時代〜宗教・人生〜 セレクション (5)「砂浜に咲く薔薇(ばら)のように」”. NHK (2020年6月4日). 2020年8月25日閲覧。
  20. ^ サヘル・ローズ (2020年4月10日). [こころの時代 HUMAN サヘル・ローズ~砂浜に咲く薔薇(ばら)のように] (YouTube). NHK.. https://www.youtube.com/watch?v=HtHDQy4dDeA 2020年8月25日閲覧。 
  21. ^ ETV特集「サヘルの旅~傷(いた)みと生きるということ~」”. NHK番組表 (2020年8月15日). 2020年8月16日閲覧。
  22. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (10 August 2020). "「…同じく苦しんでいる人もいて、私一人の痛みではない。皆さんには伝わると信じています。」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  23. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (15 August 2020). "「今夜23時からです。…」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  24. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (18 August 2020). "「皆様へ ETV特集『サヘルの旅』をご覧くださり、あたたかいお言葉の数々、本当にありがとうございます。…」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  25. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (19 August 2020). "「今夜00時、再放送されます。怖い。これは正直な思い。伝わり方、捉え方は様々だから。…」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  26. ^ サヘルローズ [@21Sahel] (22 August 2020). "「多くの方々から 温かいお言葉を頂いております。…」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  27. ^ サヘル・ローズ (2020年8月22日). “「いろいろ話したから、こわかった。 … 著書の中でも触れていなかったり 今まで濁したりしてきたから。…」”. サヘル・ローズInstagram. 2020年8月25日閲覧。
  28. ^ せかほし [@nhk_sekahoshi] (20 August 2020). "恋しいペルシャ 美の源流" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  29. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (19 August 2020). "「20日 22:30からはNHK総合にて『世界はほしいモノであふれている』ペルシャの魅力をステキな方々とお伝えしています。」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  30. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (21 August 2020). "「ペルシャの文化、人々、美しさや優しさに共鳴してくださり心から感謝致します。」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  31. ^ サヘル・ローズ [@21Sahel] (24 August 2020). "「再放送ですが、ぜひ、ご覧頂けたら嬉しいです。」" (ツイート). Twitterより2020年8月25日閲覧
  32. ^ 映画「西北西」公式サイト”. 2018年8月25日閲覧。
  33. ^ “村上虹郎×広瀬アリス×武正晴監督! 中村文則デビュー作「銃」映画化”. 映画.com. (2018年6月11日). https://eiga.com/news/20180611/3/ 2018年6月23日閲覧。 

参考文献[編集]

  • サヘル・ローズ『戦場から女優へ』文藝春秋、2009年1月27日。ISBN 978-4-16-371020-4。

関連項目[編集]