サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Golf pictogram.svgサマンサタバサ&GMOインターネット
ガールズコレクション・
レディーストーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2012年
開催地 茨城県
開催コース イーグルポイントゴルフクラブ
基準打数 Par72(2019年)[1]
ヤーデージ 6601Yards(2019年)[1]
主催 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 6000万円(2019年)[1]
開催月 7月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 199 日本の旗 小祝さくら(2019年)[1]
通算スコア -17 日本の旗 小祝さくら(2019年)[1]
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 小祝さくら(2019年)[1]
テンプレートを表示

サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディーストーナメントはバッグやジュエリーを主に若い女性向けに製造・販売しているブランドメーカー・サマンサタバサジャパンリミテッドGMOインターネットの主催、日本女子プロゴルフ協会の公認により、茨城県稲敷郡阿見町にあるイーグルポイントゴルフクラブで開催されている女子プロゴルフトーナメントである。2019年現在、賞金総額6000万円、優勝賞金1080万円[1]。大会期間中はサマンサモデルによるファッションショーやライブも開催されている。

2019年までは、サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントとして開催されており、2020年より現在の名称に変更されている。

歴代優勝者[編集]

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント
開催回 開催年 優勝者名 スコア 備考
第1回 2012年 日本の旗 木戸愛 -14 プロ初優勝。
第2回 2013年 日本の旗 吉田弓美子 -16 表純子とのプレーオフを制す。
第3回 2014年 日本の旗 成田美寿々 -16 香妻琴乃とのプレーオフを制す。
第4回 2015年 日本の旗 前田陽子 -8 プロ通算2勝目
第5回 2016年 大韓民国の旗 全美貞[2] -10 3年ぶりの勝利でツアー通算23勝目を挙げる[2]
第6回 2017年 大韓民国の旗 金楷林(キム・ヘリム)[3] -11 日本女子ツアー初参戦で初優勝の快挙を達成する[3]
第7回 2018年 日本の旗 有村智恵[4] -13 6年ぶりの日本ツアー優勝で通算14勝目を飾る[4]
第8回 2019年 日本の旗 小祝さくら[1] -17 17アンダーの大会新記録でプロ初優勝[1]
サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディーストーナメント
第9回 2020年 新型コロナウイルス感染拡大の影響により大会中止[5]

テレビ放送[編集]

  • 大会2日目・最終日の模様をテレビ東京系列6局ネットで放送[6]。なおBSデジタル放送BSテレ東では2012年は地上波とのディレイ放送、2013年以降は後日、前後編1時間ずつの総集編として放送している[7]。またCS放送のスカイAで『GOLF×GOLF(西暦)』として後日、土曜日・日曜日の模様を遅れネットで放送される(ただしCMは差し替えるため、スポンサーCMは一切放送されない)。以前はゴルフ専門CSチャンネルのゴルフネットワークでも『とことん1番ホール生中継』として土曜日・日曜日の1番ホールの模様を中継していた(リピート放送もあり)[6]
    • 大会中止となった2020年は、本来放送予定日だった7月18日・19日共に「特別編」を2日間かけて放送した。他の中止となった大会については、過去の振り返りまたは数人のプロによる対戦を1日だけ放送するのが大方であるが、2日間放送するのは異例である。18日は過去の振り返りとサマンサタバサ社員の仕事紹介(例年大会期間中に行われるモデルオーディションの舞台裏と、2020年進行中の社内プロジェクトの様子)で構成し、19日は8人のプロによるマッチプレーとして開催した「サマンサグローバルプレゼンツ GMOインターネットカップ」の模様を放送した[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 小祝さくら逆転でツアー初制覇 黄金世代8人目 - 日刊スポーツ、2019年7月21日配信、同日閲覧
  2. ^ a b 3日間ノーボギー全美貞が3季ぶりV 木戸愛1打差競り負け - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年7月17日閲覧
  3. ^ a b 金楷林が初優勝 2位岩橋里衣、ユン・チェヨン - 日刊スポーツ、2017年7月16日閲覧
  4. ^ a b 有村智恵6年ぶりV2打差を逆転 2位は青木瀬令奈 - 日刊スポーツ、2018年7月15日配信、同日閲覧
  5. ^ サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディーストーナメント「開催中止」について - (一社)日本女子プロゴルフ協会、2020年6月12日配信、同日閲覧
  6. ^ a b 【2017】サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント テレビ放送 - 日本女子プロゴルフ協会、2017年7月16日閲覧
  7. ^ サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント2018 - テレビ東京・BSジャパンゴルフ総合サイト、2018年7月15日閲覧
  8. ^ “サマンサグローバル プレゼンツ GMOインターネットカップ開催~チャリティオークション開催~” (プレスリリース), GMOインターネット, (2020年7月16日), https://www.gmo.jp/gmo-cup/ 2020年7月19日閲覧。