サミール・ハンダノヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サミール・ハンダノヴィッチ Football pictogram.svg
Samir Handanovic (2012).jpg
名前
ラテン文字 Samir Handanovič
基本情報
国籍 スロベニアの旗 スロベニア
生年月日 (1984-07-14) 1984年7月14日(35歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア リュブリャナ
身長 193cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 インテル・ミラノ
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
2002-2003 スロベニアの旗 ドムジャレ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 スロベニアの旗 ドムジャレ 7 (0)
2003-2004 スロベニアの旗 ザゴリェ (loan) 11 (0)
2004-2012 イタリアの旗 ウディネーゼ 182 (0)
2005-2006 イタリアの旗 トレヴィーゾ (loan) 3 (0)
2006 イタリアの旗 ラツィオ (loan) 1 (0)
2006-2007 イタリアの旗 リミニ (loan) 39 (0)
2012- イタリアの旗 インテル・ミラノ 300 (0)
代表歴2
2002-2003 スロベニアの旗 スロベニア U-19 6 (0)
2004-2006 スロベニアの旗 スロベニア U-21 7 (0)
2004-2015 スロベニアの旗 スロベニア 81 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月30日現在。
2. 2015年1月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

サミール・ハンダノヴィッチSamir Handanovič, 1984年7月14日 - )は、ユーゴスラビア (現:スロベニア)・リュブリャナ出身のサッカー選手セリエAインテルナツィオナーレ・ミラノ所属。スロベニア代表。ポジションはゴールキーパー

サミル・ハンダノビッチと表記されることもある[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

ウディネーゼ[編集]

スロベニア国内のクラブを経て、2004年7月1日イタリアウディネーゼへ移籍。ただし当時はモルガン・デ・サンクティスが不動の守護神として君臨していたため出番は少なく、2005年7月1日にセリエAに昇格したトレヴィーゾレンタル移籍した。しかし、3試合しか出場できずに1年でセリエBに逆戻りとなってしまった。

2006年1月31日マッテオ・セレーニと入れ替わる形で今度はラツィオへレンタル移籍した。だが、アンジェロ・ペルッツィマルコ・バロッタの両ベテランの前に1試合の出場にとどまった。

7月1日、セリエBのリミニにレンタル移籍。ようやくポジションを射止め、39試合に出場した。

2007年6月1日、ウディネーゼに復帰。ベテランのアントニオ・キメンティを抑えて、セビージャFCに移籍したデ・サンクティスの後継者として正GKの座を掴んだ。復帰初年度は7位だったが、コッパ・イタリアの決勝戦が既にUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手にしていた、リーグ優勝のインテルと準優勝のローマの組み合わせだったためUEFAカップ1回戦の出場権を手に入れた。

1回戦では、ドイツボルシア・ドルトムントと対戦。2008年9月18日に敵地ズィグナル・イドゥナ・パルクで行われた1stレグでは2-0で勝利したが、10月2日にホームスタディオ・フリウーリで行われた2ndレグでは逆に0-2で敗北。トータルスコアで並んだため延長戦に縺れ込んだが、そこでも決着がつかずPK戦に持ち込まれた。PK戦では1人目のハイナル・タマーシュと4人目のヤクブ・ブワシュチコフスキのキックを止めて4-3で勝利。見事に本戦進出を果たした[2]

本選ではイングランドの強豪トッテナム等と同じ組になったが、見事首位で決勝トーナメントに進出した。ラウンド16では前年度優勝のロシアゼニトを破ってベスト8に進出したが、準々決勝ではドイツのブレーメン戦は負傷の影響で欠場し、チームも敗北した。

2011年2月5日サンプドリア戦から3月20日カターニア戦まで7試合連続完封を記録。この年は4位に躍進し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に寄与した。これらの活躍を受けて、夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドバイエルン・ミュンヘン等のビッグクラブが関心を寄せたが[3]、最終的には残留を決断。6月30日にウディネーゼとの契約を2016年まで延長した[4]

インテル[編集]

2012年7月9日インテルへの完全移籍が発表された[5]。移籍金は約1000万ユーロ(推定)[6]ジュリオ・セザルに代わって背番号1を貰った。リーグ戦開幕直前の8月17日、練習中に負傷した右膝半月板内視鏡手術を受ける[7]。これによりセリエAの2試合を欠場するが、9月16日トリノ戦で復帰しインテル移籍後のリーグ戦初出場を果たした。 2019年2月13日、マウロ・イカルディに代わって主将に就任した[8]

代表[編集]

2004年11月7日スロバキア戦でスロベニア代表デビュー。2007年から正GKとなり、EURO2008予選においてはホームでのオランダ戦を1失点に抑えたが、予選突破はならなかった。

南アフリカW杯予選ではスロベニアを欧州全体で2番目に少ない4失点(最少は2失点のオランダだが、2試合少ない)にとどめる原動力となり、ロシアとのプレーオフでも2戦合計1失点に抑え、スロベニアを本戦に導いた。2010 FIFAワールドカップ本大会ではグループリーグ全3試合で先発フル出場したが、グループステージで敗退した。

EURO2012予選でも正GKを務め、2011年10月11日セルビア戦ではネマニャ・ヴィディッチPKを止め勝利に貢献[9]。しかし、グループ4位に終わり本大会出場を逃した。 2016年ユーロフランス大会出場権をかけたウクライナとのプレーオフで敗れ、代表からの引退を宣言した。[10]

プレースタイル[編集]

状況判断に優れ、長身を生かしたハイボールの処理能力と俊敏性を兼ね備える[11]。特筆すべきはペナルティーキックに対する無類の強さで、2010-11シーズンには8本のうち6本を止めてセリエAのシーズン記録を樹立した[12][13][14]。2008-09シーズンからの4シーズンで32本のうち15本を止めており、ストップ率は約46.9%である[15]。2012年のインテル移籍後も高い阻止率を誇り、2014-15シーズンは5本中4本を止め、PKストップ率80%を記録。2015年4月11日エラス・ヴェローナではルカ・トーニのPKを止め、セリエA通算21本目のPKセーブを記録した(ジャンルカ・パリュウカの24本に次ぐリーグ歴代2位)[16]

人物[編集]

個人タイトル[編集]

  • セリエAベストイレブン 2010/11、2012/13、
  • セリエA最優秀ゴールキーパー 2011、2013

脚注[編集]

  1. ^ サミル・ハンダノビッチ - Goal.com
  2. ^ ウディネーゼ ドルトムントとのPK戦を制しグループリーグ進出AFP 2008年10月3日
  3. ^ マンU・バイエルンが狙っていた ウディネーゼGK代理人:「マンU、バイエルンが狙っていた」将来的なビッグクラブ移籍を示唆
  4. ^ ウディネーゼ、ハンダノビッチと契約延長
  5. ^ メルカート:ハンダノヴィッチの移籍手続きが完了 inter.it 2012年07月09日
  6. ^ ハンダノビッチ、インテル加入が正式決定 goal.com 2012年7月10日
  7. ^ ハンダノヴィッチ:右膝に内視鏡手術 inter.it 2012年08月17日
  8. ^ http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=346891
  9. ^ ヴィディッチが代表引退を示唆「PK失敗の責任を取りたい」
  10. ^ Handanovic quits Slovenia”. Football Italia (2015年11月17日). 2015年12月2日閲覧。
  11. ^ 時事ドットコム:ワールドカップ南アフリカ大会選手名鑑【スロベニア】サミル・ハンダノビッチ
  12. ^ ウディネーゼとナポリの話題沸騰!快進撃を陰で支えるふたりの守護神。(1/3) - Number Web : ナンバー
  13. ^ GKハンダノビッチがインテルに移籍 uefa.com 2012年7月9日
  14. ^ PKを止められたのはサミュエル・エトーエドガル・バレートダビド・ディ・ミケーレマレク・ハムシクエディンソン・カバーニマウロ・サラテの6人。なお、決めたフランチェスコ・トッティエルナン・クレスポの2人。
  15. ^ Samir Handanovic - Udinese - Italian Serie A - SI.com
  16. ^ 長友の同僚ハンダノビッチが、また止めた! 今季PKストップ率80%を記録 フットボールチャンネル 2015年4月12日
  17. ^ ハンダノヴィッチ:「インテルこそ自分が望んでいたトップクラブ」 inter.it 2012年07月11日