サムイル・サモスード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サムィル・アブラモヴィチ・サモスード
Могила дирижёра Самуила Самосуда.JPG
サムィル・アブラモヴィチ・サモスードの墓
基本情報
生誕 (1884-05-18) 1884年5月18日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国トビリシ
死没 (1964-11-06) 1964年11月6日(80歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者チェロ奏者
担当楽器 チェロ

サムィル・アブラモヴィチ・サモスード:Самуил Абрамович Самосуд, ラテン文字転記:Samuil Abramovich Samosud, 1884年5月18日 トビリシ - 1964年11月6日 モスクワ)は、グルジア出身のソビエト連邦指揮者

経歴[編集]

1906年にトビリシ音楽学校のチェロのクラスで卒業し、様々なオーケストラで演奏を行った。後にプラハハヌシュ・ヴィハーンについて学び、またパリパブロ・カザルスの下で学んだ。ロシアに戻ってペテルブルク人民会堂オーケストラのチェリストとなった。

1910年から1917年まで、人民会堂オペラ劇場の指揮者を務めた。1917年から1919年にはマリインスキー劇場で働き、その後ミハイロフスキー劇場の主任指揮者と芸術監督となった。1929年からはサンクトペテルブルク音楽院で指揮法の教授をした(1934年からは同音楽院教授)。1936年にはモスクワに招聘され、1943年までボリショイ劇場を主導した。そして、1943年から1950年にはスタニスラフスキーおよびネミロヴィチ=ダンチェンコ記念モスクワ・アカデミー音楽劇場 (The Stanislavski and Nemirovich-Danchenko Moscow Academic Music Theatre) の主任監督を務めた。1953年から1957年まで、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団を率いた。その後、1957にロシア国立シンフォニー・カペラを創設し、1964年まで同団体を主導した。

1964年11月6日に亡くなり、モスクワのノヴォデヴィチ墓地に埋葬された。

演奏活動[編集]

プロコフィエフオペラ戦争と平和』や交響曲第7番ショスタコーヴィチ交響曲第7番およびオペラ『』『ムツェンスク郡のマクベス夫人』といった、ソビエト連邦時代の重要な作品の初演者として名を残している。

脚注[編集]