サムエル・カビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サムエル・カビル(Samuel Kabiru、1983年6月6日 - 2004年7月)は日本国内で活躍したケニア出身の男子陸上競技選手長距離種目)。身長175cm。体重57kg。

経歴[編集]

仙台育英学園高等学校に留学、渡辺高夫監督による指導で実力を伸ばし、全国高等学校駅伝競走大会での同校の優勝などに貢献した。高校卒業後は実業団のホンダに就職し陸上部で活躍したが、白血病によってこの世を去った(21歳)。

主な戦績[編集]

自己ベスト[編集]