サムシング・イン・ジ・エアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サムシング・イン・ジ・エアー
サンダークラップ・ニューマンシングル
初出アルバム『Hollywood Dream
B面 ウィルヘルミナ
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トラック・レコード
作詞・作曲 スピーディー・キーン
プロデュース ピート・タウンゼンド
チャート最高順位
サンダークラップ・ニューマン シングル 年表
サムシング・イン・ジ・エアー
(1969年)
アクシデンツ
(1970年)
ミュージックビデオ
「Something in the Air」 - YouTube
テンプレートを表示

サムシング・イン・ジ・エアー」(Something in the Air)は、英国のロックバンド、サンダークラップ・ニューマンが1969年に発表したデビュー・シングル。

概要[編集]

ドラマーでシンガーのスピーディー・キーンは、ザ・フーが1967年12月に発表したアルバム『セル・アウト』で「アルメニアの空(Armenia City in The Sky)」という楽曲を提供していた。それが縁となり、ザ・フーのピート・タウンゼンドはキーンの楽曲を演奏するバンドを作ることを目論む。1969年、タウンゼンドのイーリング・アート・カレッジ時代の友人でジャズ・ピアニストのアンディ・ニューマン、まだ15歳だったギタリストのジミー・マカロック、そしてキーンの3人で「サンダークラップ・ニューマン」が結成された。

「サムシング・イン・ジ・エアー」はタウンゼンドのプロデュースにより同年5月23日にシングルA面曲として発表された[1][2]。タウンゼンドは「Bijou Drains」という変名でベースも担当した。オリジナルのタイトルは「Revolution」だったが、ビートルズ同名の楽曲との混同を避けるため変更された。B面の「ウィルヘルミナ」はアンディ・ニューマンがリード・ボーカルをとった。

同年7月、全英シングルチャートにおいて3週連続1位を記録した[3]。また11月1日付のビルボード・Hot 100で37位を記録した[4]

本作品はホ長調(E)で始まるが、2番の歌詞で1音上がり、嬰ヘ長調(F)に転調する。次のニューマンのピアノ・ソロでハ長調(C)に下がり、3番でまた変イ長調(A)に転調する。

演奏メンバー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]


先代:
ビートルズ
ジョンとヨーコのバラード
全英シングルチャート 1位
1969年7月2日 - 7月16日(3週)
次代:
ローリング・ストーンズ
ホンキー・トンク・ウィメン