サムライハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サムライハート[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2002年4月9日[1]
サンデーサイレンス[1]
エアグルーヴ[1]
母の父 トニービン[1]
生国 日本の旗 日本北海道勇払郡早来町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 (有)サンデーレーシング[1]
調教師 伊藤雄二池江泰寿栗東[1][2]
競走成績
生涯成績 5戦3勝[1][2][3]
獲得賞金 3036万4000円[1]
テンプレートを表示

サムライハートとは日本競走馬種牡馬である。馬名は英語で「の心」を意味する[4]。母は1997年JRA賞年度代表馬エアグルーヴ[2][3]全姉エリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴ[2]、半弟にフォゲッタブルルーラーシップ、半妹にグルヴェイグがいる。

経歴[編集]

2002年北海道早来町ノーザンファームで生まれる。ノーザンファーム生産の同期生にはディープインパクトシーザリオラインクラフトカネヒキリといったのちのGI優勝馬がいるが、この時点では血統背景からこれらの馬よりも評判が高かった。サンデーサラブレッドクラブでの募集価格は全40口で1口550万円(総額2億2000万円[5])と設定された[6]

しかし、競走馬としては2歳時に骨折して[7]クラシックを棒に振り、復帰後2連勝[8]のあとも体質の弱さから[2]放牧と帰厩を繰り返すなどしたため、大成することは叶わなかった。5歳秋までにわずか5戦[2]中央競馬)、最終クラスは1000万円以下で競走馬生活を終えた。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2004 11. 7 京都 2歳新馬 7 1 1 1.4(1人) 1着 武豊 55 芝2000m(良) 2:05.6 (34.4) -0.2 (マイネルシルバート)
12. 11 阪神 エリカ賞 500 8 8 8 1.1(1人) 5着 武豊 55 芝2000m(良) 2:03.3 (36.3) 0.8 トーセンマエストロ
2005 10. 8 京都 3歳上500万下 18 3 6 1.5(1人) 1着 武豊 55 芝1800m(良) 1:47.3 (34.5) -0.2 (チョウノゾミ)
11. 13 京都 ドンカスターC 1000 15 8 14 1.5(1人) 1着 武豊 55 芝1800m(良) 1:46.3 (34.6) 0.0 (シンメイセレリティ)
2006 3. 5 中山 アクアマリンS 1600 16 5 10 2.7(1人) 8着 武豊 56 芝1600m(良) 1:34.8 (34.6) 0.4 メテオバースト

種牡馬時代[編集]

引退後はその優れた血統背景から種牡馬となり、2008年から優駿スタリオンステーションで種牡馬生活をスタートさせた[5][3]シンジケートは即日満口となり[5]、2008年は104頭[9]、2011年は177頭[10]種付けを行った。初年度産駒は2011年にデビューし[3]5月18日ルーキーチャレンジ門別競馬場)でレイモニが優勝し、産駒の初勝利をあげた。繋養先はのちに沙流郡日高町のクラウンホースメイトに移っている[1][11]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

サムライハート血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

エアグルーヴ
1993 鹿毛
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ
Kampala
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
母の母
ダイナカール
1980 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイフェザー *ガーサント
*パロクサイド
母系(F-No.) パロクサイド系(FN:8-f)
5代内の近親交配 アウトブリード
出典
  1. ^ 血統情報:5代血統表|サムライハート|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年5月15日閲覧。[3]


脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o サムライハート”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f エアグルーヴの仔、サムライハートが種牡馬入り” (日本語). netkeiba.com (2007年11月1日). 2012年8月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 優駿スタリオンステーション 種牡馬のご案内 サムライハート (PDF)” (日本語). 優駿 (2012年). 2012年8月7日閲覧。
  4. ^ 馬名の由来 2002年産駒” (日本語). サンデーサラブレッドクラブ. p. 3. 2012年8月7日閲覧。
  5. ^ a b c サムライハートは優駿SSで種牡馬入り” (日本語). netkeiba.com (2007年11月8日). 2012年8月7日閲覧。
  6. ^ 過去の募集馬カタログ エアグルーヴの02” (日本語). サンデーサラブレッドクラブ. 2012年8月7日閲覧。
  7. ^ サムライハート、骨折” (日本語). netkeiba.com (2004年12月13日). 2012年8月7日閲覧。
  8. ^ サムライハート、連勝” (日本語). netkeiba.com (2005年11月13日). 2012年8月7日閲覧。
  9. ^ トピックス「主要種牡馬の種付頭数がまとまる、JBBA、日高地区」” (日本語). ケイバブック (2008年9月25日). 2012年8月7日閲覧。
  10. ^ トピックス「2011年日高地区主要種馬場の種付頭数まとまる」” (日本語). ケイバブック (2011年9月19日). 2012年8月7日閲覧。
  11. ^ “幸運な第二の馬生”ノボジャック&ノボトゥルー”. スポニチアネックス. スポーツニッポン. 2019年7月31日閲覧。
  12. ^ レイモニがレコードで重賞初制覇/リリーカップ” (日本語). netkeiba.com (2011年8月25日). 2012年8月7日閲覧。
  13. ^ フリオグレイスー”. JBISサーチ. 2017年11月15日閲覧。
  14. ^ オヤコダカ”. JBISサーチ. 2017年11月15日閲覧。