サム・スティムボート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サム・スティムボート
プロフィール
リングネーム サム・スティムボート
サミー・スティムボート
本名 サミュエル・モクアヒ・ジュニア
ニックネーム 褐色の豹[1]
身長 180cm[1]
体重 104kg[1](全盛時)
誕生日 1934年5月4日
死亡日 (2006-05-02) 2006年5月2日(71歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ州の旗 ハワイ州マウイ島[1]
トレーナー ルー・テーズ[2]
デビュー 1956年[3]
テンプレートを表示

サム・スティムボートSam Steamboat、本名:Samuel Mokuahi, Jr.1934年5月4日 - 2006年5月2日)は、アメリカ合衆国プロレスラーハワイ州マウイ島出身[1]

先住ハワイアンベビーフェイスとして、地元のハワイやフロリダを主戦場に活躍した。

リッキー・スティムボートはサムの「甥」という触れ込みのもと、彼にあやかったリングネームデビューしたが、両者の間に血縁関係はない[2][4]

来歴[編集]

ルー・テーズに見出され[2]、テーズの一番弟子として[1]1956年にハワイにてデビュー[3]。ハワイの現地語で「汽船」(燃える島)を意味する本名の "Mokuahi" を英名に変えたサム・スティムボートSam Steamboat)をリングネームに[4]、翌1957年からはアメリカ合衆国本土テキサスにも進出[3]。以降、ハワイとアメリカ大陸を往復し、1961年1月25日にはディック・ハットンからNWAハワイ・ヘビー級王座を奪取した[5]

その後、デトロイトカナダトロントなどを経て、1964年よりフロリダに参戦。フェイスターンしていたエディ・グラハムのパートナーとなり、同年6月23日にNWAフロリダ・タッグ王座を獲得する[6]。11月には単身でWWWFにも出場しており、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにおける同月16日の定期戦ではボリス・マレンコから勝利を収めた[7]。以降もグラハムとのコンビでジョージアノースカロライナ、テキサス、テネシーなど各地を転戦。テネシーでは1966年の初頭に、ヒロ・マツダ&カンジ・イノキの日本人コンビとNWA世界タッグ王座を争った[8]

1966年5月、日本プロレスにグラハムと共に初来日[9]。6月18日に川崎球場にて、凱旋帰国したヒロ・マツダと吉村道明が保持していたアジアタッグ王座に挑戦した[10]。翌1967年7月には、マツダがエースを務めていた国際プロレスの旗揚げ第2シリーズに単身で再来日。このときは手薄だった日本人陣営に加わり、マツダや豊登を援護している[11]。8月14日に大阪で行われた日本プロレスとの興行戦争では、大阪府立体育館のメインイベントでマツダと組み、ビル・ドロモ&ロジャー・カービーから勝利を収めた[12]

グラハムとのコンビ解消後、1968年からはノースカロライナのNWAミッドアトランティック地区にてミスター・レスリングとのタッグチームなどで活動。1970年代に入ると再びハワイを主戦場に、1971年2月24日にカーティス・イヤウケア、9月29日にジン・キニスキー1972年9月27日にフレッド・ブラッシーを破り、ハワイ版のNWA北米ヘビー級王座を再三獲得した[13]

同王座は1972年11月25日にダスティ・ローデスに奪われるが、以降もハワイでの活動を続け、キャリア晩年の1977年9月28日、ジョン・トロスを破って4度目の戴冠を果たし、12月にキラー・トーア・カマタに敗れるまで王者として活躍した[13]

2001年5月2日アルツハイマー病に起因する合併症のため死去[4]。71歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ノース・アメリカン・レスリング・アライアンス
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAミッドアメリカ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA南部タッグ王座(ジョージア版):1回(w / エディ・グラハム)[14]
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA南部タッグ王座(ミッドアトランティック版):1回(w / エディ・グラハム)[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『THE WRESTLER BEST 1000』P300(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.19』P71(2011年、辰巳出版、ISBN 4777808920)
  3. ^ a b c Sam Steamboat”. Wrestlingdata.com. 2013年7月11日閲覧。
  4. ^ a b c Sam Steamboat was a Hawaiian legend”. SLAM! Sports (May 4, 2006). 2013年7月11日閲覧。
  5. ^ a b NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。
  6. ^ a b NWA World Tag Team Title [Florida version]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Sam Steamboat in 1964”. Wrestlingdata.com. 2017年10月20日閲覧。
  8. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-America version]”. Wrestling-Titles.com. 2013年9月23日閲覧。
  9. ^ The JWA matches fought by Sam Steamboat in 1966”. Wrestlingdata.com. 2015年1月21日閲覧。
  10. ^ JWA 1966 Golden Series - Day 18”. Wrestlingdata.com. 2015年1月21日閲覧。
  11. ^ The IWE matches fought by Sam Steamboat in 1967”. Wrestlingdata.com. 2015年1月21日閲覧。
  12. ^ IWE Pioneer Summer Series - Day 13”. Wrestlingdata.com. 2015年1月21日閲覧。
  13. ^ a b c NWA North American Heavyweight Title [Hawaii version]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。
  14. ^ a b c d Wrestler Profiles: Sam Steamboat”. Online World of Wrestling. 2013年7月11日閲覧。
  15. ^ International Television Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月10日閲覧。
  16. ^ NWA Hawaii Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。
  17. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。
  18. ^ NWA Southern Tag Team Title [Mid-Atlantic version]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。