サモア内戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サモア内戦
1886年1894年
場所サモアウポル島アピア太平洋
結果 マリエトア・ラウペパ英語版が権力を取り戻した。
衝突した勢力
イオセフォ英語版の支援国
支援:
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ラウペパ英語版の支援国
ドイツ帝国の旗 ドイツ帝国
指揮官
Flag of Samoa (1879).svg マタアファ・イオセフォ英語版
アメリカ合衆国の旗 ルイス・キンバリー英語版
Flag of Samoa (1879).svg TT. Titimaea (1891年まで)
Flag of Samoa (1879).svg TT. Lealofi I (1891年以降)
ドイツ帝国の旗 (オイゲン・ブランダイスドイツ語版) [1]

サモア内戦: Samoan Civil War)は、南太平洋サモア諸島でサモア人同士が対立し合う中で勃発した紛争である。

この戦争は、大まかに1886年から1894年まで続き、主にマリエトア・ラウペパ英語版マタアファ・イオセフォ英語版のどちらがサモア王になるかでサモア人同士で戦っていた。

しかし、ドイツ軍が一部の局面で干渉した。また、アメリカ合衆国、ドイツ帝国、イギリスとの間で海軍の膠着状態が存在した。

1889年のアピアサイクロン英語版により、サモアに駐留していた6隻のドイツ船、アメリカ船が破壊されたことで、3国はラウペパを王にすることに決めた[2]

背景[編集]

ドイツは、当代の王マリエトア・ラウペパが簒奪され追放された後、タファイファすなわちサモアの王に選んだタマセセを守るためにサモアで戦った。タマセセとドイツの同盟は、人気があったサモア首長マタアファ・イオセフォが率いる対立派閥と対峙した。ドイツは、新帝国と商業的な利益を拡大しようと目論んでいた。アメリカもまた、サモアの商業的な利益を守ろうとして、3隻の戦艦、ヴァンデーリア、トレントン、ニプシックを島の監視のために派遣した。さらに、イギリスも同様に戦艦カリオペを派遣した。

カイミロアに乗船中のハワイ使節とマリエトア・ラウペパ(1887年)

ハワイ王国の首相ウォルター・ギブソン英語版は、長い間、太平洋において帝国を樹立することを目標にしていた。1887年、彼の政府は、植民地主義の権力に対抗するための同盟相手を探すために、国産の戦艦カイミロアをサモアに派遣した。それは、ドイツ海軍からの疑惑と乗組員の行動に対する当惑で終わった[3]

戦争[編集]

1887年、マタアファがいた反乱軍の村をドイツが砲撃し、アメリカ所有の財産を破壊したことで、アメリカとの緊張が高まった。ドイツが自らと対立する村に砲撃した後に、1889年9月のヴァイエルの戦いで、マタアファの戦士が侵略中のドイツ部隊を壊滅させ、彼らのプランテーションを略奪した[4]。戦時中、アメリカ、イギリス、ドイツの戦艦はサモア危機英語版として知られる膠着状態にあった。1889年のアピアサイクロン英語版により、アピア湾のドイツ戦艦とアメリカ戦艦が破壊され、敵対行為が停止したことで、西洋3国は最終的にラウペパをサモア王に復帰させることに合意した[5]。しかし、サモアの紛争は1894年にラウペパ が復位するまで続いた。

第二次サモア内戦[編集]

9年後、マリエトア・ラウペパが死去し、1898年に第二次サモア内戦が勃発し、再び敵対行為が発生した。しかし、この紛争は、1899年の三国間条約英語版により、諸島が分割されたことによってすぐに終結した。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Morlang (2008), p. 128.
  2. ^ Editor. “Samoan Showdown – Germany Risks War With America In The 1880s | Militaryhistorynow.com”. 2021年3月13日閲覧。
  3. ^ Mormon Beginnings in Samoa: Kimo Belio, Samuela Manoa and Walter Murray Gibson” (英語). Brigham Young University. 2021年3月13日閲覧。
  4. ^ Kohn, George C (1986). Dictionary of wars, Third Edition. Facts on File Inc, factsonfile.com. pp. 479–480. ISBN 0-8160-6577-2. https://books.google.com/books?id=OIzreCGlHxIC&q=mataafa&pg=PT670 
  5. ^ Stevenson, Robert Louis (1892). A Footnote to History: Eight Years of Trouble in Samoa. BiblioBazaar. ISBN 1-4264-0754-8 

参考文献[編集]