サヤ (サムライスピリッツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サヤ (沙耶)[1] プロフィール

サヤ(沙耶)は、SNK対戦型格闘ゲームサムライスピリッツ』シリーズに登場する架空の人物。声優は氷上恭子[1]

概要[編集]

剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃 サムライスピリッツ新章』にて初登場した女性キャラクター。武器は、直刀の止燕【シエン】と飛燕【ヒエン】[4]。流派の慈梵式相殺術は、育ての母から受け継いだもの[5]。戦闘では二刀流のカマを使い、時にはそれらを合体させてブーメラン攻撃を行う[6]

キャッチコピーは、闇に咲く向日葵[1][2][7]

サヤは青い目をした金髪の外国人で、彼女は小さい頃、外国人商人である両親を殺され、元くの一の柊呼に育てられた[6]。サヤは柊呼から、カマの使い方と女性の生き方を教わり、今では離天京のほとんどの男を手玉に取ってしまうぐらい人気がある[6]

反幕府の人間で[6]、同じく反幕の榊銃士浪とは仲間であるが、仲が良いのか悪いのかといった間柄である[6]

明るく、優しく美しく、それでいて女の狡さを併せ持ったイイ女である[6]。設定画のイメージは、古き良き時代のイイ女[6]

衣装[編集]

胸元の開いた、黒いレオタード風の服を着ており、脚の部分に黄色いストライプが入り、ブーツカットになっている[6]。肩の部分は折り返して露出している[6]
背中には短い黒いマントを付け、腰には茶色のベルトを着けている、ピンヒールの黒いサンダルを穿いている[6]
髪はポニーテールにしていて、髪留め布で留めている[6]

武器[編集]

止燕、飛燕[編集]

仕様
刀銘 止燕【シエン】飛燕【ヒエン】[2]
柊呼(トウコ)[4]
作日 1790年(寛政二年)[4]
刀剣の種類 直刀[4]
刀身 一尺七寸[4]
造込 片切刃造(かたきりはづくり)[4]
止燕と飛燕は、折畳み式の(ソムリエナイフ風)の刀で[6]、刃を収納する時は、木製のグリップ部分に設置されたスイッチを押す[4]。この刀は、柊呼の暗殺術と共に発展し、今の形状になった[4]
止燕と飛燕は、組み合わせる事によりブーメランのように投げる事ができ、敵を背後から仕留めることが可能。2つの刀の柄の部分に凹凸があり、これを合わせて合体させる[4]
作者の柊呼とは、サヤの育ての母で、元覇業三刃衆の一人だった「弁天の柊呼」である。彼女は、サヤが幼少の頃から暗殺術を手ほどきし、サヤが自分の下を去る時、己の過去を何も告げず、止燕と飛燕を彼女に譲り渡した[4]

キャラクター性能[編集]

弱攻撃で牽制しつつ、巧みに踏み込んで防御を崩していく戦い方を得意とする[8]。武器の見た目通り、斬り攻撃のリーチが短く、立ち強斬りの発生も遅い為、距離を取っての戦いは苦戦する[8]

技の解説[編集]

必殺技[編集]

鎌車・鬼火
刀華・落陽
華纏・雅

武器飛ばし技[編集]

鎌車・御魂裂

秘奥義[編集]

百花繚乱 醒蕾
百花繚乱 乱咲
百花繚乱 散華

ストーリー[編集]

川原で寝そべっている凜花の顔を覗き込んだサヤは、その横に身を横たえた。「起こす気は無かったのだが、なんとなく逢いたくなった」と言うサヤに、凜花は逆に質問した。サヤは、美しい青い瞳で川面を見つめて、凜花の声にも上の空である。その様子に何かを感じた凜花は、愛鼠の鉄之介をサヤに差し出すと、彼女は涙を伝わらせ、凜花の頭を抱き寄せた。「どうしたのか」と尋ねる凜花に対し、立ち上がったサヤは笑顔で「何でもない……私情の絡んだ仕事が舞い込んだから迷ってだけ。心配させてゴメンネ。仕事が終わったら、甘味屋へ行こう。おごっちゃう!」と言う。サヤの後ろ姿に、凜花は大人の女の哀愁を垣間見た気がした。

七坐灰人と遭遇したサヤは、そんなに見つめられると照れると茶化すが、灰人は言葉を返さない。続けて「気持ちは分かるわ、イイ女ですもの、私って。」と言った直後、灰人の堪忍袋の緖が切れた。サヤは「あなたみたいな人好みじゃないのよ。」と謝ると、更に灰人の堪忍袋の緖がブチブチと切れた。その音を不審に思いサヤは質問するが、灰人は「ナンデインダヨ。テメエみたいなのがいるから、イラツクんだよ。」と喧嘩腰である。サヤは灰人の見た目が日本人らしくないと言うと、更に灰人の堪忍袋の緖が切れた。サヤは「見た目で人を判断するなんて流行らないわよ。」と言うと、灰人は「騙るな。」と怒り、戦闘になった。

洞窟で不穏な気配に獣がいるのではないかと、振り返ったサヤの前に、つむじ風の臥龍が立っていた。その出で立ちから臥龍を熊扱いするサヤは、彼が森に帰るよう追い払う仕草をする。臥龍は遂に口を開き、自分の事かと聞く。サヤは熊が喋ったと驚き、臥龍はいい加減にしないと身ぐるみを剥ぐと凄む。漸く臥龍が人間だと気付いたサヤは「人だったら、人らしい姿しててよね!!」と彼を糾弾する。その態度に臥龍も「オメ~も、人の事言えた義理か、オゥ!!」と返し、彼女に服と金を置いていくように脅す。そんな臥龍はやはり獣だと、サヤは断言した。

覇業三刃衆の朧と相対したサヤは、彼に身元を確認するがはぐらかされる。サヤは朧の身体から、血の臭いがプンプンする事を指摘すると、彼から何故自分を追うのか聞かれる。サヤは、朧が余りにも人を殺めすぎたと言い、その中にはサヤの両親も含まれていた。朧は全く悪びれる様子もなく「弱い者が敗れ、強い者が生き残る…。自然の理に従ったまでよ。」と言い放つ。「弱い者は生きる価値がないと?」と聞くサヤに、「自然の理に従ってウヌも死ねや。」と朧は返した。

夕方の森林地帯で、サヤの前に忍者装束に身を包んだ謎の女が立っていた。彼女が言うにはまだ戦いは終わっていないらしいが、サヤは女の素性を問う。女は、覇業三刃衆の一人である弁天の柊呼と素性を明かした。今しがた倒したはずの三刃衆の出現に驚愕するサヤ。柊呼は、数年前に三刃衆により、ある英国人一家が殺害され、一人生き残った娘のサーシャがいると語る。柊呼はサヤに「お前は秘密を知り過ぎている。あの世で二人が待っているから後を追え!!」と襲いかかる。刃を抜いた二人の戦いは、サヤの勝利に終わるが、地面に横たわる柊呼の身体を抱き起こした彼女は、トドメを刺すことが出来ないでいた。弁天の柊呼は、サヤの育ての親でもあるからだ。柊呼は自分の正体がバレた事に驚くが、いくら顔を隠そうが、たった一人の母である彼女に、サヤが気付かないはずがなかったのである。柊呼は、サヤの両親を殺したのは自分なのだから斬るよう言う。理解できないサヤは何故なのかと問うと、柊呼は過去を語りだした。「この国は長い幕府の繁栄により貧富の差が生まれ、弱い者は日々怯える暮らしをしていた。そんな世を正すために自分たちは三刃衆になった。」のだと。だが朧だけは異なり、目的の為なら、サヤの両親のような何の罪もない人々をいともたやすく殺めて行った。その所業に耐えられなくなった柊呼は、囚われていたサヤを連れて逃げ出したが、逃亡中に彼女の夫は、柊呼とサヤに生きるよう言い残し、盾となってこの世を去った。サヤはその事実が悲しすぎると感情を吐露し、柊呼はせめてもの償いとして、この日の為にサヤを育てのだと打ち明ける。サヤは「どうして育てたりしたのよ!!」と慟哭しながら、柊呼目掛けて刃を振り上げた。結局、サヤは柊呼を殺めず、地面にカマを突き刺した。「この街には自分のような身寄りのない子供がたくさんいて困っている、育ててくれて・・・アリガトウ・・・母さん」と言うサヤ。サヤは「自分の母はもう死んだ、彼女が教えてくれた女の生き方を一人歩んでいく。だって、女が頑張らないとこの国の男達は頼りないもの。」と独白する。自分はイイ女だと自負するサヤは「イイ女はメソメソしてられないわ。さようなら・・・ママ。」と柊呼に別れを告げた。彼女を見送った柊呼も同様に別れを言い、サヤは自分の愛する娘なのだから、彼女のとびっきりを保証した。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l サヤ:SAMURAI SPIRITS OFFICIAL WEBSITE
  2. ^ a b c d e f g h i j サムライスピリッツ新章 公式ガイドブック, p. 50.
  3. ^ a b Days of Memories ~大江戸恋愛絵巻~
  4. ^ a b c d e f g h i j サムライスピリッツ新章 公式ガイドブック, p. 51.
  5. ^ サムライスピリッツ新章 公式ガイドブック, p. 53.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l サムライスピリッツ新章 公式ガイドブック, p. 52.
  7. ^ サムライスピリッツ新章 解説書, p. 25.
  8. ^ a b サムライスピリッツ新章 公式ガイドブック, p. 107.

参考文献[編集]

  • 『剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃 サムライスピリッツ新章 解説書』SNK、1999年12月22日、初版。
  • 『剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃 サムライスピリッツ新章 公式ガイドブック』株式会社講談社、1999年12月22日、初版。ISBN 978-4-06-339359-0。