サラスリンク機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サラスリンク機構はヒンジにより直線的な動きを実現する。

サラスリンク機構とは、1853年に数学者であるピエール・フレデリック・サラスが発明した、ガイドなしに回転運動を並行・直線運動に変換する並行・直線リンク機構である。チャールズ・ニコラス・ポーセリエが平行運動を最初に発明したと広く認識されているが、サラスはそれより早く発見していた(しかし、長い間知られていなかった)[1]

詳細[編集]

図のように、水平な赤い板が平行移動する。中央にヒンジを持つ緑色の板の組が、赤い板を接続し、ヒンジの角度の変化が直線的な垂直方向の動きを生み出す。

サラスリンク機構の3次元版はspace crankであり、2次元空間で動くポーセリエ・リプキンリンク機構とは異なる。

ギャラリー[編集]

See also[編集]

  • 4節リンク
  • Mathematica: A World of Numbers... and Beyond – iconic exhibition of mathematical models, which includes a Sarrus linkage
  • チェビシェフリンク機構英語版(Chebyshev linkage)
  • ホーキンスリンク機構英語版(Hoekens linkage)
  • ワットの並行動作とワットリンク機構英語版


References[編集]

  1. ^ pergatory.mit.edu Archived 2007-02-10 at the Wayback Machine. – Sarrus' mechanism