サラスヴァティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サラスヴァティー
芸術・学問・知恵の女神
サラスヴァティー
ラヴィ・ヴァルマ1896年の絵画『サラスヴァティー』
デーヴァナーガリー सरस्वती
サンスクリット Sarasvatī
位置づけ デーヴィートリデーヴィー
住処 ブラフマロカ英語版
シンボル 数珠ヴェーダヴィーナ
配偶神 ブラフマー
ブラフマー
子供 マヌ
ヴァーハナ 白鳥またはクジャク
テンプレートを表示

サラスヴァティーサンスクリット語: सरस्वती, Sarasvatī)は、芸術学問などの知を司るヒンドゥー教女神である。

日本では七福神の一柱、弁才天(弁財天)として親しまれており、仏教伝来時に『金光明経』を通じて中国から伝えられた。

容姿[編集]

肌は白く、額には三日月の印を付け[1]、白い衣をまとい[2]、4本の腕を持ち、2本の腕には数珠ヴェーダ、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる琵琶に似た弦楽器を持ち、白鳥またはクジャクの上、あるいは白い蓮華の上に座る姿[2]として描かれる。白鳥・クジャクはサラスヴァティーの乗り物である。

神性[編集]

サラスヴァティーは水辺に描かれる。サンスクリットでサラスヴァティーとは「水(湖)を持つもの」の意であり、水と豊穣の女神であるともされている。インドの最も古い聖典『リグ・ヴェーダ』において、初めは聖なる川、サラスヴァティー川(その実体については諸説ある)の化身であった。流れる川が転じて、流れるもの全て(言葉・弁舌や知識、音楽など)の女神となった。言葉の神、ヴァーチと同一視され、サンスクリットとそれを書き記すためのデーヴァナーガリー文字を創造したとされる。後には、韻律・讃歌の女神ガーヤトリーと同一視されることになった。

神話[編集]

ヒンドゥー教の創造の神ブラフマーの妻(配偶神)である。そもそもはブラフマーが自らの体からサラスヴァティーを造り出したが、そのあまりの美しさのため妻に娶ろうとした。逃れるサラスヴァティーを常に見ようとしたブラフマーは自らの前後左右の四方に顔を作りだした。さらに、その上に5つ目の顔(後にシヴァに切り落とされる)ができた時、その求婚から逃れられないと観念したサラスヴァティーは、ブラフマーと結婚し、その間に人類の始祖マヌが誕生した。また、元々はラクシュミーガンガーと共にヴィシュヌの妃であり、三人の仲が悪かったからって、後にブラフマーの妻になったという異説もある。

ブラフマーとガーヤトリーとの結婚譚は聖典『パドマ・プラーナ英語版』に出てくる。サラスヴァティーはプライドが高く、高慢な性格の持ち主である。ブラフマーが神々を集めて祭儀をプシュカルで行なった際、定刻になってもサラスヴァティーは出席しなかった。ブラフマーは使者を派遣してサラスヴァティーを呼んだが、サラスヴァティーは化粧中なので、「もう少し待って欲しい」と返事した。それを怒ったブラフマーは神々にもう別の妃に彼と一緒に祭儀を執り行うことが欲しいと乞う所、神々はブラフマーにグジャール族英語版の少女ガーヤトリーを紹介した。ブラフマーはガーヤトリーを妃に迎えて祭儀を執り行った。その後、祭儀の場に到着したサラスヴァティーは激怒し、ブラフマーに祭儀は1年に1度しかできない、プシュカルでこそブラフマーが崇拝されるという呪いをかけた。

信仰[編集]

サラスヴァティーはゾロアスター教アナーヒターと同起源と推定される。アナーヒターには、ハラフワティー・アルドウィー・スーラー(Harahvatī Arədvī Sūrā)という別名があり、ハラフワティーは言語学的にはサラスヴァティーのペルシア語読みとされるためである。これは偶然の一致ではなく、インド・イラン共通時代から信仰されていた女神が民族の分裂とともに2つに分かれたものではないかとされている。

サラスヴァティーを扱った画像[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 蔡丈夫『インド曼陀羅大陸 神々/魔族/半神/精霊』新紀元社、1991年、91頁。
  2. ^ a b 中村元『東書選書〈3〉仏教語源散策』東京書籍、1977年、123頁。

関連項目[編集]