サラブレッド・マーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

サラブレッド・マーチ:Thoroughbred March)とは、日本中央競馬に於いてかつて使用されていた楽曲の一つである。

概要[編集]

元来は1969年に開催された第8回アジア競馬会議向けに日本人である渡辺岳夫の手により製作された楽曲である。しかしながらその曲の素晴らしさを惜しんだ日本中央競馬会の関係者の尽力により、重賞競走の本馬場入場での行進曲として使用されるようになった。この当時はすべての競馬場の全重賞競走で使用され、アラブ系競走馬の重賞競走(セイユウ記念タマツバキ記念)でも使用されたが、1987年11月中央競馬でのオリジナル版の使用は終了した。なお地方競馬でも、開始時期は不明ながら高崎競馬場でオリジナル版が使用されていた(2004年閉鎖まで使用)。

1987年12月に全競馬場のファンファーレや本馬場への入場曲が刷新された際、以前より使用されていてファンに親しまれていたこの曲は、関西・東海・九州と北海道の競馬場で行われる特別競走(重賞競走ではない)の本馬場入場の際の入場行進曲として残されることになり、新たに鷺巣詩郎の編曲により録音し直したうえで同年12月から使用された。この再録音曲の初披露は第1回国際騎手招待競走の開催された週であった。

その後も2007年12月まで使用されたが、2008年1月に本馬場入場曲が刷新され、使用されなくなった。

2012年9月1日・2日の札幌競馬で2日間限定ながら再録音曲が本馬場入場に使用された。

この楽曲が使用されていた競馬場と競走種別[編集]

作成者[編集]

  • 作曲:渡辺岳夫
  • 編曲:オリジナル版・小谷充 再録音版・鷺巣詩郎
    • オリジナル版は、CD『One Man's Music 〜作曲家・渡辺岳夫の世界〜[ドラマ編]』(KICS-1546/7)に収録されている。

エピソード[編集]

  • 関西テレビの競馬実況アナウンサーであった杉本清は、とりわけ八大競走、特に関西テレビでの放送であった桜花賞天皇賞・春菊花賞において、本馬場入場時に流れる当曲に沿って「ダービーの無念を菊で晴らせ!」や「晴れの舞台に悔いを残すな!」などと言った短フレーズを必ず添えて出走馬を紹介していた[1]が、重賞競走において当曲が使用されなくなると、ただ馬名を言うだけとなった。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これはポニーキャニオンから1980年代中頃に発売されていた「不滅の名馬テンポイント」に収録されている映像の中に1976年の第37回菊花賞の本馬場入場のシーンで確認できる。