サラリーマン清水港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サラリーマン清水港
監督 松林宗恵
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄
出演者 森繁久彌
加東大介
小林桂樹
三木のり平
フランキー堺
東野英治郎
音楽 神津善行
撮影 西垣六郎
編集 岩下広一
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年1月3日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 続・社長道中記
次作 続サラリーマン清水港
テンプレートを表示

サラリーマン清水港』(サラリーマンしみずみなと)は、1962年1月3日東宝系で公開された日本映画である。カラー。東宝スコープ

キャッチコピーは「富士と並んで日本一! 東宝サラリーマン喜劇決定版!」。

概要[編集]

『社長』シリーズ第12作。本作も『サラリーマン忠臣蔵』正続同様、タイトルに『社長』の名は入っていないが、『社長』シリーズの1本である。しかし『サラリーマン忠臣蔵』正続の監督が杉江敏男だったのに対し、本作と次作『続サラリーマン清水港』はシリーズの中心監督・松林宗恵が担当する。

次郎長三国志』をモチーフにしており、清水次郎長一家を酒造会社に見立てている。

出演者は森繁久彌加東大介小林桂樹らお馴染みの顔に、『サラリーマン忠臣蔵』正続では未登場だった三木のり平英百合子が出演、また前年デビューした藤山陽子が本作から『続・社長紳士録』までレギュラー出演する。またフランキー堺が本作のみ出演、その軽妙なキャラが好評となり、次々作『社長洋行記』(監督:杉江敏男)よりレギュラーに加入する。

ストーリー[編集]

静岡県清水市に、「株式会社清水屋」という一流の酒造会社が有った。清水屋は、恐妻家で浮気者の社長・山本長五郎を筆頭に、真面目で常に会社の事を考えている大柾専務、軽妙で回りくどい言い方が癖の小政工場長、遠州森の生まれで酒豪で喧嘩っ早い「石松」こと石井松太郎秘書課長、そして口八丁手八丁の社員の計28人で構成されており、「清水屋二十八人衆」と呼ばれていた。

今日は香港から華僑バイヤー・邱六漢(キュー・ロッカン)が来日しており、清水屋は特級清酒「次郎長正宗」を売ろうと懸命、なにしろ商売敵の「黒駒醸造」も邱を狙っているのだ。そんな折、小政が本社に現れ、黒駒が作ったウイスキー「ブラックホース」に対抗すべく、ウイスキーを作った事を教え、そして名前を「マウントフジ」と決めた。やがて邱がホテルにいる事を知った長五郎は、邱を日頃通っている料亭に案内し、「次郎長正宗」を勧めた。ところが邱は一言、「まずい!」と言った。あわてた長五郎はバー「バタフライ」に河岸を変え、今度は「マウントフジ」を勧める。ところがこれも「アルコールの色付きだ!」とけなされた。まずい事に「バタフライ」には黒駒醸造の社長・黒田駒造が来店していた。チャンスだと思った黒田は、「ブラックホース」を勧めた所、邱は「うまい!」と宣言した。長五郎大ショック! こうなったら、近々開催される「創立30周年記念式典」で挽回するしかない。

そして開催当日、邱が再びやって来た。喜ぶ長五郎。一方石松は、ガールフレンドである秘書・青木妙子を待っていた。そこへ石井家の居候で清水屋社員の追分進吾から、「今度僕は妙子と婚約する事となった」と言わされ、石松大ショック! おかげで余興の「ちゃっきり節」も、石松は身が入らなくなり、小政を突き飛ばして余興はメチャクチャ。その夜邱は、石松が清水屋製の焼酎「清水湊」で自棄酒をあおっているのを見て、自分も「清水湊」を飲んだ。すると邱は「うまい!」と一言、しかし飲んでいるうちに二人は大喧嘩になり、石松は左目を殴られ、翌日長五郎と大柾に散々叱られ、「禁酒」「禁暴力」を厳命された。そこへ邱が現れ、「『清水湊』を8000ガロン買いたい」と、大量契約を申し込んだのだ。一同大喜び。ところが「清水湊」の原料である乾燥芋が足りない事が分かった。そこで長五郎と石松は、愛媛県は松山市で乾燥芋を造っている「都田物産」に、乾燥芋の仕入れをする事とした。

やがて二人は客船で出発するが、長五郎は〆蝶の誘惑を受け大阪で下船、石松が一人で行く事に、その船内で石松は、一人の女性と知り合う。その女性は「都田京子」といい、都田物産の社長・都田吉兵衛の娘だ。渡りに船だと喜ぶ石松。だがその様子は、同じ客船に乗っている黒駒の社長秘書・大岩に知られた。大岩は乗っている黒田に出し抜きを画策する。そうとは知らぬ石松と京子は、金毘羅代参をした後、都田家に向うが、既に都田社長は「黒駒に乾燥芋を売った」と宣言、しかも黒駒の策略で禁酒を破った石松は、黒駒に寝返った都田社長に激怒し、ぶん殴ってしまった。そして大阪の長五郎に「酒を飲んだ!都田を殴った!会社を辞める!!」と宣言。これは一大事と、長五郎は都田家に直行、ところが吉兵衛の夫人・時子は何が何だか分からない。というのも、吉兵衛は長五郎と逢うという事で、家を開けていたのだ。その結果、都田の乾燥芋も長五郎に売り渡す事になった。そして石松も許されたのだ。

かくて帰社した長五郎と石松。だが社長室には、長五郎の妻・蝶子が居た。浮気未遂の事が知られていたのだ。うろたえる長五郎に対し、大柾は「〆蝶は『ちょう』、千代子も『ちよ』で、奥さんが忘れないのですよ…」とフォローした。それを信じて帰る蝶子。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

椿三十郎

映像ソフト[編集]

  • 東宝からビデオソフト(VHS)化されたが廃盤、その後はレーザーディスクは元より、DVD化もされてない(『続』も同じ)
  • また、2013年から2015年から発売されたDVDマガジン「東宝 昭和の爆笑喜劇」(講談社)では、『社長シリーズ』は『サラリーマン忠臣蔵』から『続・社長紳士録』まで発売されたものの、本作と『続』はラインナップから外された。

参考資料[編集]

関連項目[編集]