サラ・グッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サラ・グッド
生誕 サラ・ソラート
1653年7月21日
マサチューセッツ湾植民地
ウェナム英語版
死没 1692年7月29日
マサチューセッツ湾直轄植民地
セイラム・ヴィレッジ
死因 絞首刑
国籍 イングランド人
職業 主婦
著名な実績 セイラム魔女裁判で魔術を使ったとして有罪判決を受けた。
配偶者
  • ダニエル・プール(1682年死亡)
  • ウィリアム・グッド
子供
  • ジョン・ソラート(父親)
  • エリザベス・ソラート(母親)
セイラムのサラ・グッドのメモリアルストーン[1]

サラ・グッド: Sarah Good1653年7月21日 - 1692年7月29日)は、1692年にマサチューセッツ湾直轄植民地で発生したセイラム魔女裁判で、魔女という告発を受けた最初の3人の女性の1人。グッドは1692年3月6日に、サミュエル・パリス牧師と関係があるアビゲイル・ウィリアムズベティ・パリスによって、彼女の手の下で魔術が行われたとして訴えられた。サラ・グッドは容疑を否認したが有罪判決を受け、1692年7月29日に他の有罪判決を受けた4人の女性と共に絞首刑が執行された。彼女は逮捕された時に妊娠しており、イプスウィッチの刑務所の独房で子供を産んだ。 乳児は母親が絞首刑を受ける前に死亡した。1710年、夫のウィリアム・グッドは大法廷に訴え、最終的に魔女裁判の犠牲者の家族に与えられた最大の金額である30ポンドを受け取った[2]

関連項目[編集]

  • ドロシー・グッド - サラ・グッドの4歳の娘。セイラム魔女裁判で魔女の罪で拘束された最年少の人物。

参考文献[編集]