サリュー級哨戒艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サリュー級哨戒艦
INS Saryu.jpg
基本情報
艦種 哨戒艦 (OPV)
運用者  インド海軍
 スリランカ海軍
就役期間 2013年 - 現在
前級 スカーニャ級
次級 シャチ―級(en)
要目
排水量 2,230トン
全長 105.0m
最大幅 12.9m
吃水 3.6m
主機 キルロスカ ピルスティク16PA6B STCディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 21,725馬力
速力 25 ノット (46km/h)
航続距離 6,500海里 (12kt巡航時)
乗員 123名
兵装
搭載機 HAL ドゥルーブヘリコプター×1機
FCS EON-51 電子光学式
レーダー
  • ブリッジマスター Iバンド
  • 航法用×1基
電子戦
対抗手段
  • 電波探知妨害装置
  • カバチ デコイ発射機×4基
  • テンプレートを表示

    サリュー級沿哨戒艦英語: Saryu-class patrol vessel)は、インド海軍哨戒艦(OPV)の艦級。

    概要[編集]

    本級はインド海軍が保有する哨戒艇の中で性能、能力面で最も進んだ哨戒艇であり、海上監視およびシーレーン監視行動時に運用される。海底油田施設や客船などの海上施設の護衛に投入することも可能である[1]。またスリランカ海軍にも2017年から2018年にかけて同型艦2隻を購入し、運用している。

    設計・建造[編集]

    建造はゴア造船所英語版が行い、設計もゴア造船所の社内チームが設計を行った。主機はSEMT ピルスティク16PA6B STC2基を搭載しており、スリランカ海軍のものはMTUフリードリヒスハーフェン 20V 8000 M71に変更されている。

    同型艦[編集]

    運用国 # 艦名 建造所 起工 進水 就役 母港
    インド P54 サリュー
    INS Saryu
    ゴア造船所 2006年
    12月15日
    2009年
    3月30日
    2013年
    1月21日
    ポートブレア
    P57 スナイナ
    INS Sunayna
    2007年
    9月25日
    2009年
    11月14日
    2013年
    10月15日
    コーチ
    P58 スメーダ
    INS Sumedha
    2008年
    5月7日
    2011年
    5月21日
    2014年
    3月7日
    ポートブレア
    P59 スミトラ
    INS Sumitra
    2010年
    4月28日
    2010年
    12月6日
    2014年
    9月4日
    チェンナイ
    スリランカ P623 サユララ
    SLNS Sayurala
    2014年
    9月10日
    2016年
    6月11日
    2017年
    8月2日
    コロンボ
    P624 シンドラ
    SLNS Sindurala
    2015年
    5月9日
    2017年
    5月2日
    2018年
    4月19日
    コロンボ

    脚注[編集]

    1. ^ Indian navy launches patrol vessel”. Livemint.com (2009年3月30日). 2009年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月12日閲覧。

    関連項目[編集]