サルトルとボーヴォワール 哲学と愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サルトルとボーヴォワール
哲学と愛
Les amants du Flore
監督 イラン・デュラン・コーエンフランス語版
脚本 シャンタル・ドゥ・リュデールフランス語版
エヴリーヌ・ピジエ
製作 ニコラ・トローブ
製作総指揮 ソフィー・ラヴァール
出演者 アナ・ムグラリス
ロラン・ドイチェフランス語版
音楽 グレゴワール・エッツェルフランス語版
撮影 クリストフ・グライヨ
編集 ユーグ・オルデュナ
製作会社 Arte France
フランス3
Fugitive Productions
Pampa Production
TV5 Monde
配給 フランスの旗 Pampa Production
日本の旗 スターサンズ
公開 フランスの旗 2006年4月15日
日本の旗 2011年11月26日
上映時間 104分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』(サルトルとボーヴォワールてつがくとあい、Les amants du Flore)は、2006年フランステレビ映画。20世紀を代表する哲学者ジャン=ポール・サルトルと、その生涯のパートナーで女性論の古典『第二の性』を著したシモーヌ・ド・ボーヴォワールの愛と苦悩を描いた伝記映画である[1]

テレビ映画として制作され、本国フランスをはじめ、いくつかの国でテレビ放送されたが、日本では劇場公開された。

ストーリー[編集]

ボーヴォワールを主人公に、サルトルとの出会いから、サルトルとの契約結婚自由恋愛、米国の作家ネルソン・オルグレンとの恋とその破局、代表作『第二の性』出版などのエピソードを通じ、サルトルとのパートナー関係を描く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ サルトルとボーヴォワール 哲学と愛”. WOWOW. 2013年5月25日閲覧。