サルファラーズ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Sarfaraz Khan
サルファラーズ・ハーン
ベンガル太守
Sarfaraz Khan.jpg
サルファラーズ・ハーン
在位 1727年
1739年 - 1740年
戴冠 1727年7月1日
1739年3月13日
出生 1700年以降
死去 1740年4月26日
ギリヤー
王朝 ナーシリー朝
父親 シュジャー・ウッディーン・ムハンマド・ハーン
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

サルファラーズ・ハーン(Sarfaraz Khan, 1700年以降 - 1740年4月26日)は、東インドベンガル太守(在位:1727年、1739年 - 1740年)。

生涯[編集]

1700年以降、サルファラーズ・ハーンはシュジャー・ウッディーン・ムハンマド・ハーンの長男として生まれた[1]

1720年から1726年にかけて、サルファラーズ・ハーンはベンガルディーワーンであった。

1727年6月30日、サルファラーズ・ハーンの祖父であるベンガル太守ムルシド・クリー・ハーンムルシダーバードで死亡した。その場にいた彼は太守として指名されており、7月1日には太守として即位した[1]

だが、その場にいなかった父シュジャー・ウッディーン・ムハンマド・ハーンはこれを認めず、その副官アリーヴァルディー・ハーンとともにムルシダーバードへと大軍を連れて向かった。

結局、同月ムルシド・クリー・ハーンの娘が混乱を避けるために二人を和解させ、サルファラーズ・ハーンは退けられ、父が太守となった[1]。とはいえ、彼はサラファラーズ・ハーンを自身の後継者としていたことから、その後の父子関係は悪くはなかったようである。

12年後、1739年8月26日に父シュジャー・ウッディーン・ムハンマド・ハーンは死亡した。それより既に前、3月13日にサルファラーズ・ハーンは太守位を譲られていた[1]

だが、サルファラーズ・ハーンが待ち望んだその地位は、父の時代に力をつけた強力な部下である副官アリーヴァルディー・ハーンに狙われていた。70歳近いこの男は太守位の簒奪を図り、新たな王朝の創始を企てていた。

1740年4月26日、サルファラーズ・ハーンはアリーヴァルディー・ハーンをギリヤーで迎え撃ったが、部下のアーラム・チャンドに裏切られた。彼は必死に戦ったが、敵の銃弾が命中したために死亡した(ギリヤーの戦い)[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]