サンエー西原シティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンエー西原シティ
SAN-A NISHIHARA CITY
店舗概要
所在地 903-0102
沖縄県中頭郡西原町字嘉手苅130番地
座標 北緯26度13分27秒 東経127度45分53秒 / 北緯26.22417度 東経127.76472度 / 26.22417; 127.76472座標: 北緯26度13分27秒 東経127度45分53秒 / 北緯26.22417度 東経127.76472度 / 26.22417; 127.76472
開業日 2003年10月1日
施設所有者 新中糖産業
施設管理者 サンエー
敷地面積 43,844 m²
延床面積 69,397 m² (容積率158%)
商業施設面積 21,614 m²
中核店舗 サンエー
店舗数 42店舗(テナントのみ)
営業時間 9:00-24:00(一部テナントは22:00閉店)
駐車台数 1,800台
前身 中部製糖工場
商圏人口 170,000人(西原町与那原町南風原町南城市中城村北中城村
外部リンク www.san-a.co.jp/nishiharacity/
San-a

サンエー西原シティ(サンエーにしはらシティ)は、沖縄県中頭郡西原町字嘉手苅にある株式会社サンエーが運営するGMSである。

略称は「ニシティー」。キャッチフレーズ(コンセプト)は「ただいま、夢の成長期。」。同社が運営するGMSの中では2番目の規模を持つ。

概要[編集]

1993年に閉鎖された中部製糖(現新中糖産業、以下同じ)の製糖工場の跡地に建設された。建設地である中頭郡西原町には、国立大学法人である琉球大学や私立である沖縄キリスト教学院大学などが所在し、同町自身も「文教の町」としている。サンエーは、学生などの若年層が多い学園都市であり、また人口増加率の高い点に着目し、建設が決定した。

建物の建設、及び所有は土地を所有している中部製糖が行い、サンエーが建物を借り、運営を行う方式をとっている。前述の通り、同社が運営するGMSの中では、那覇市にある那覇メインプレイスに次ぎ2番目の規模を持っており、中頭郡西原町においては、初の大型ショッピングセンターである。

フロア構成[編集]

  • 1階 - 食品館・電器館・レストランと専門店のフロア
  • 2階 - ファッション館と専門店のフロア
  • 3階 - 駐車場
  • 4階 - 駐車場
  • 屋上 - 駐車場

沿革[編集]

主要店舗[編集]

アクセス[編集]

モノレール[編集]

路線バス[編集]

  • 30番・泡瀬東線(東陽バス) ●
  • 33番・糸満西原線(那覇バス) ■
  • 46番・糸満西原線(那覇バス) ■
●の路線は小那覇バス停下車、■の路線は西原シティ前バス停、又は小那覇バス停下車

その他[編集]

同ショッピングセンターに設置されている宝くじ売り場において、2005年から2007年までの間に当せん金1億円が5本出たということから、テレビ番組などで報道され話題となり、2008年末の年末ジャンボ宝くじ販売の際、連日行列ができるという現象が発生した[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年12月19日付け 琉球新報[1][リンク切れ]