サンガリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サンガリオス川(サカリヤ川)。

サンガリオス古希: Σαγγάριος, Sangarios, : Sangarius)は、ギリシア神話の神である。大洋神オーケアノステーテュースの息子の1人で[1]小アジアのサンガリオス川(現在のサカリヤ川)の河神である。サンガリオス川はプリュギア地方やビテュニア地方を流れて黒海に注ぐ。一説によるとメトーペーとの間にトロイアプリアモスと結婚したヘカベーをもうけた[2]。さらにパウサニアースによると、サンガリオスの娘(ナナ英語版)から美青年(アッティス)が生まれ、アグディスティスから愛されたという[3]。サンガリオス川の名はレアーに罰せられて川になったサンガス(Sangas)に由来するとも言われる[4]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、344行。
  2. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  3. ^ パウサニアス、7巻17・10-12。
  4. ^ ロドスのアポローニオス、2巻722行への古註。

参考文献[編集]