サンクス東海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンクス東海株式会社
Sunkustokai co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
440-0075
愛知県豊橋市花田町字石塚42-5[1]
設立 1989年(平成元年)8月1日[1]
業種 小売業
事業内容 愛知県三河地区、および静岡県遠州地区におけるサンクスのフランチャイズ事業および店舗経営。
代表者 小嶋民子(代表取締役社長)[1]
資本金 50百万円[1]
売上高 182億円(2014年2月期)[1]
従業員数 80名[1]
主要株主 (株)川清商店 81%
(株)サークルKサンクス 19%
テンプレートを表示

サンクス東海株式会社(サンクスとうかい、: Sunkustokai co.,ltd.)は、かつて存在し、愛知県豊橋市に本社を置いたコンビニエンスストアサークルKサンクスのエリアフランチャイズ企業である。愛知県三河地方、および静岡県遠州地方における「サンクス」の店舗経営・管理・運営指導を行っていた。

概要[編集]

豊橋市で酒類卸業を営む、文政年間創業の「株式会社川清商店」が、当時の株式会社サンクスとエリア・フランチャイズの契約を目的に、カワセイグループの関連会社「サンクス東海株式会社」を設立。

2014年(平成26年)4月末日時点の店舗数は122店舗[1]

サークルKサンクスにおいては、地元資本によるエリアフランチャイズの完全子会社化(うち、サークルKサンクス本体への吸収合併実施のエリアFC会社あり)や契約満了による同業他社への鞍替えが相次ぐ中、2016年7月時点で、同社としては唯一最後まで残った、サークルKサンクスの地元資本によるエリアフランチャイザーとなっていた。

沿革[編集]

  • 1989年平成元年)
    • 8月1日 - サンクス東海株式会社設立
    • 9月6日 - 株式会社サンクスとエリアフランチャイズ契約締結
    • 11月3日 - 豊橋市西小鷹野に1号店「もぐら沢店」開店
  • 1991年 - 浜松地区1号店「本沢合店」開店
  • 1992年 - 岡崎地区1号店「岡崎伊賀店」開店
  • 1993年 - 浜松市に浜松事務所開設
  • 2005年12月 - 岡崎市に岡崎事務所開設
  • 2011年10月 - 初のエリア外出店として、三重県津市に「津インクル店」開店
  • 2016年8月1日 - コンビニエンスストア事業(108店舗)を吸収分割方式によりサークルKサンクスに譲渡[2]

かつて存在した事業所[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 会社概要”. サンクス東海株式会社. 2016年4月11日閲覧。
  2. ^ サンクス東海株式会社の事業承継に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社サークルKサンクス. 2016年4月11日閲覧。

関連項目[編集]