サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス
クイーンシングル
B面 マン・オン・ザ・プロール
愛こそすべて
リリース
規格 7" vinyl, 12" vinyl
録音 1984年
ジャンル ロッククリスマス
時間
レーベル EMI/キャピトル
作詞・作曲 ブライアン・メイロジャー・テイラー
プロデュース クイーン、マック
クイーン シングル 年表
ハマー・トゥ・フォール
(1984)
サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス
(1984)
ワン・ヴィジョン
(1985)
テンプレートを表示

サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」 (Thank God It's Christmas) は、イギリスのロックバンド、クイーンクリスマス・シングルである。ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが作曲。

1984年11月26日にリリースされ、シングルはイギリスで、1984年と翌年の1985年にかけて、クリスマスをはさんで6週間チャートにはいり、最高位21位を獲得した[1]

解説[編集]

この曲は、どのクイーンのスタジオアルバムにも収録されず、1999年にリリースされたクイーンの『グレイテスト・ヒッツIII 〜フレディー・マーキュリーに捧ぐ〜』と、1995年のアルバム『メイド・イン・ヘヴン』からのシングル『ウインターズ・テイル』のB面にのみ収録されている。しかし、この曲は、2011年にリマスター、リリースされたアルバム『ザ・ワークス』の豪華版のボーナスEPに収録された。

クリスマス・コンピレーションLP『ザ・エッジ・オブ・クリスマス』に収録されているフル12"バージョンには、ドラムイントロがある。

アルバムの収録[編集]

この曲は、いくつかのクリスマス・コンピレーションアルバムに収録されている。これらの1つは、1985年にリリースされ、1989年に廃盤となった『ナウ・ザッツ・ワット・アイ・コール・クリスマス』である。さらに、米国のみのコンピレーションボックスセットで、『クラシック・クイーン』や『クイーン・グレイテスト・ヒッツ』と『クイーン・トークス』と呼ばれるボーナスCD(歌に沿って1989年のインタビューが収録されている)からなる『ザ・クイーン・コレクション』にも収録されている。

プロモーションビデオ[編集]

プロモーションビデオは、テレビの音楽チャンネルで将来使われるのに妨げになるため撮影されなかった。この理由のため、あまり知られていないクリスマスシングルとなっている。

収録曲[編集]

7" レコード[編集]

EMI / QUEEN 5

Side one
#タイトル作詞・作曲時間
1.「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」(Thank God It's Christmas)May, Taylor
Side two
#タイトル作詞・作曲時間
1.「マン・オン・ザ・プロール」(Man on the Prowl)Mercury
2.「愛こそすべて」(Keep Passing the Open Windows)Mercury

12" レコード[編集]

EMI / 12QUEEN 5

Side one
#タイトル作詞・作曲時間
1.「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」May, Taylor
2.「マン・オン・ザ・プロール」(Extended version)Mercury
Side two
#タイトル作詞・作曲時間
1.「愛こそすべて」(Extended version)Mercury

チャート[編集]

チャート (1984年) ピーク
イギリス[2][1] 21
アイルランド[3] 8
チャート (1985年) ピーク
オーストリア[4] 21
ドイツ[5] 57

担当[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ChartArchive - Queen - Thank God It's Christmas”. 2014年5月3日閲覧。
  2. ^ everyhit.com search results”. 2009年2月24日 (2009-02-24)閲覧。
  3. ^ irishcharts.ie search results”. 2009年2月24日 (2009-02-24)閲覧。
  4. ^ Queen - Thank God It's Christmas - austriancharts.at”. 2009年2月24日 (2009-02-24)閲覧。
  5. ^ charts-surfer.de search results”. 2009年2月24日 (2009-02-24)閲覧。