サンシャイン (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サンシャイン
SUNSHINE
メンバー 坂田光
のぶきよ
結成年 2011年
事務所 吉本興業東京本社
活動時期 2011年4月 -
出身 NSC東京校16期
出会い 福岡大学
現在の活動状況 ライブ 等(コンビとして)
ラジオパーソナリティ(坂田)
芸種 コント
ネタ作成者 坂田光
現在の代表番組 SCHOOL OF LOCK!(坂田)
同期 コロコロチキチキペッパーズ
霜降り明星
しゅんしゅんクリニックP
やさしいズ
ゆにばーす
ランパンプスなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
【坂田】
*カタリエ2 大賞
*「原作開発プロジェクト」ノンフィクション部門 大賞
* キナリ杯 一発逆転優勝
テンプレートを表示

サンシャインは、吉本興業東京本社所属のお笑いコンビ2011年4月結成。

メンバー[編集]

坂田光[編集]

坂田 光(さかたひかる、生年月日: (1987-08-04) 1987年8月4日(33歳)- )

  • 坂田の祖父が、仲間と一緒にセロリ栽培に挑戦し、町の名産にまで築き上げたとのこと[※ 2]
  • 3人兄弟の次男である[※ 2]
  • 特技は小学校1年~高校3年まで続けた剣道(3段所持)[2]。中学校時代には大将を務め、県大会でベスト8の成績を残した。その功績から福岡県内でも有名な剣道部の強い高校に、スポーツ推薦で進学した[※ 2]
  • ライブ観戦や漫画を読むのが趣味。趣味が講じて、邦楽ロック等の音楽、漫画好き芸人とのトークライブを開催している。また、バンドマン漫画家との付き合いも多い[※ 1]
  • 自身の「スーパーヒーロー」として、ナインティナイン岡村隆史と、銀杏BOYZ峯田和伸をあげている[3]
  • 著書発売時、岡村はインスタグラムで本の紹介をした[4]
  • 峯田とは、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で共演した[5]

来歴[編集]

  • 岡村への憧れから、芸人を目指すようになる[6]
  • 17歳の夏、お笑い芸人になることを決意する。しかし、親友だった相方候補にコンビ打診を断られ、高校卒業後は地元で進学[※ 2]
  • 大学卒業後に上京し、NSC東京校へ入学。16期生。
  • 2019年、初の著書を出版[7]
  • 2020年4月より、全国ネットのラジオ番組のメインパーソナリティに就任[8]

受賞歴[編集]

  • カタリエ2 大賞[9]
  • 「原作開発プロジェクト」ノンフィクション部門 大賞[10]
  • キナリ杯 一発逆転優勝[11]

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

「さかた校長」として

  • SCHOOL OF LOCK!TOKYO FMJFN系列、月曜 - 木曜22:00 - 23:55、2020年4月1日 - )
  • SCHOOL OF LOCK! FRIDAY 学校運営戦略会議(TOKYO FM/JFN系列、金曜22:00 - 22:15/22:45 - 22:55)
  • SCHOOL OF LOCK! 応援部(TOKYO FM/JFN系列、金曜22:15 - 22:30)
ミュージックビデオ[編集]
連載[編集]

「さかた校長」として

過去のメディア出演[編集]

テレビ[編集]
連載[編集]
インターネット配信[編集]

出版物[編集]

のぶきよ[編集]

のぶきよ(生年月日: (1987-12-09) 1987年12月9日(33歳)- )

  • 本名は信清淳(のぶきよ じゅん)。2020年3月2日より現在の芸名に改名[13]
  • 立ち位置は向かって右。ボケ担当。
  • 166cm、70kg。A型。左利き。
  • 福岡県福岡市出身。
  • 福岡大学卒業
  • 姉と双子の兄を持つ3人兄弟の末っ子。
  • 一発ギャグを得意とし1000個以上のギャグを持っている。
  • 下戸である。

来歴[編集]

  • 学生時代、皆の前で先生のモノマネとかをやったりしていて、笑いを取っていたことから「これだったら俺も芸人になれる」っていう軽いノリで芸人を目指し始めたという[6]
  • 大学時代は、学校の先生になろうと、教職の講義も受けていた[※ 2]
  • NSC東京校16期生。

概要[編集]

結成の経緯[編集]

  • 2人は福岡大学の同級生。共通の友人を通して出会い、結成[※ 2]
  • 福岡のアマチュア芸人団体(当時)の「お笑い番長」に入って活動する。
  • 2010年、もう1組のコンビとともに上京。NSC東京校へ入学する[6](16期生)。
  • 現在のコンビ名は、当時の売れるコンビ名のジンクス(「ン」が名前にあるコンビは売れる)にあやかり付けた[※ 2]

特徴[編集]

  • 主にコントを行う。
  • ヨシモト∞ホールを中心に活動中[14]
  • 劇場でのネタライブのほか、月1回程度トークライブを開催している。
  • 渡辺裕太が座長を務める演劇×コントユニット「わたなべやしき」のメンバー。
  • 2018年9月 - 2019年7月にかけて、キングオブコントの優勝を目指し、コントの新ネタを100本制作、披露した[15]
  • 2019年、みやま市観光大使に就任[16]

実績[編集]

  • 2012年 2回戦進出
  • 2013年 2回戦進出
  • ABCお笑いグランプリ
  • 2013年 2回戦進出[17]
  • 2018年 最終予選進出[18]
  • キングオブコント
  • 2013年 準決勝進出(最年少)[17]
  • 2015年 準決勝進出
  • 2019年 準決勝進出
  • 2020年 準決勝進出
  • 2015年 3回戦進出
  • 2016年 2回戦進出
  • 2017年 3回戦進出
  • 2018年 2回戦進出
  • 2019年 準々決勝進出
  • 2020年 2回戦進出

メディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 「お前の宇宙に入れてくれ」(2014年7月19日、ヨシモト∞ホール)[23]
  • 「ギムレットには早すぎる」(2015年4月4日、ヨシモト∞ホール)[24]
  • 「東京ファンファーレ」(2015年8月31日、ルミネtheよしもと)[25]
  • 「サマータイムブルース」(2016年6月25日、よしもと沖縄花月)[26]
  • 「FOREVER YOUNG」(2016年7月27日、ルミネtheよしもと)[27]

トークライブ[編集]

  • 「メメメメメリケン」(ヨシモト∞ドーム)
約1時間のトークライブ。毎月開催中。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 公式プロフィールより抜粋。
  2. ^ a b c d e f g 坂田の著書より抜粋。

出典[編集]

  1. ^ 坂田光 (2018年7月10日). “投稿内容”. Instagram. 2018年9月19日閲覧。
  2. ^ 坂田光 (2016年8月20日). “投稿内容”. Twitter. 2020年5月5日閲覧。
  3. ^ 坂田光. “君はベイビー 2017.12.26”. note. 2020年3月23日閲覧。
  4. ^ 岡村隆史 (2019年4月14日). “投稿内容”. Instagram. 2021年1月23日閲覧。
  5. ^ “銀杏BOYZ 峯田和伸先生が来校!! さかた校長の“最愛”の人!!”. SCHOOL OF LOCK! (TOKYO FM). (2020年10月27日). https://www.tfm.co.jp/lock/staff/index.php?catid=36&itemid=15636 2021年1月23日閲覧。 
  6. ^ a b c “【ビッくらぼんの365日・芸人日記(301)】キングオブコント初制覇を見据えるコンビ、サンシャイン”. SANSPO.COM. (2017年3月8日). https://www.sanspo.com/geino/news/20170308/owa17030811000001-n1.html 2018年9月19日閲覧。 
  7. ^ “サンシャイン坂田、芸人人生描くノンフィクション「この高鳴りを僕は青春と呼ぶ」刊行”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2019年1月14日). https://natalie.mu/owarai/news/315961 2020年3月24日閲覧。 
  8. ^ “サンシャイン坂田が「SCHOOL OF LOCK!」3代目校長に、新教頭の小森隼と4月着任”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2019年9月30日). https://natalie.mu/owarai/news/369977 2020年3月9日閲覧。 
  9. ^ この高鳴りを僕は青春と呼ぶ”. Storys.jp. 2020年4月2日閲覧。
  10. ^ サンシャイン坂田が半生綴った「この高鳴りを僕は青春と呼ぶ」コンテストで大賞に”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年4月23日). 2018年9月19日閲覧。
  11. ^ 岸田奈美 (2020年6月3日). “【キナリ杯受賞発表】敗者復活優勝・一発逆転優勝”. Note. 2020年6月27日閲覧。
  12. ^ アンガールズ田中ら「実家が農家芸人」集結、実家の農作物を試食”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年7月8日). 2018年9月19日閲覧。
  13. ^ のぶきよ (2020年3月2日). “投稿内容”. Twitter. 2020年5月5日閲覧。
  14. ^ 出演芸人一覧”. 吉本興業. 2020年3月30日閲覧。
  15. ^ 坂田光 (2019年7月9日). “投稿内容(新ネタ100本目ツイート)”. Twitter. 2020年5月24日閲覧。
  16. ^ お笑いコンビ「サンシャイン」がみやま市観光大使に”. みやま市. 2020年3月24日閲覧。
  17. ^ a b サンシャインの出演・関連番組”. スカパー!. 2018年9月19日閲覧。
  18. ^ 「第39回ABCお笑いGP」最終予選で60組が熱戦、本日生配信で決勝12組発表”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年6月20日). 2018年9月19日閲覧。
  19. ^ サンシャイン”. M-1グランプリ. 2018年9月19日閲覧。
  20. ^ 「朝まであらびき団SP」今夜4時間、キュートン「我々が唯一輝ける場所」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2017年12月29日). 2018年9月19日閲覧。
  21. ^ 板尾創路の“天然伝説”を今田東野が語る「本能Z」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年1月16日). 2018年9月19日閲覧。
  22. ^ 2019年01月25日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年5月24日閲覧。
  23. ^ ヨシモト∞ホール (2014年7月19日). “投稿内容”. Twitter. 2020年5月18日閲覧。
  24. ^ ヨシモト∞ホール (2015年4月4日). “投稿内容”. Twitter. 2020年5月18日閲覧。
  25. ^ 「やっと夏が終わった!」サンシャイン、ルミネ初単独ライブ大入りに感無量”. お笑いナタリー. ナターシャ (2015年9月1日). 2018年9月19日閲覧。
  26. ^ 「沖縄方言を織り交ぜたコントを披露 コントの魔術師サンシャインの初沖縄単独ライブ”. よしもとニュースセンター (2016年7月5日). 2020年5月18日閲覧。
  27. ^ サンシャイン、ルミネ2回目の単独ライブで「僕らなりの若者のすべて」表現”. お笑いナタリー. ナターシャ (2016年6月10日). 2018年9月19日閲覧。