サンタプレゼントパーク・マロースゲレンデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンタプレゼントパーク・マロースゲレンデ
サンタプレゼントパーク・マロースゲレンデ2.JPG
スキー場遠景(2013年)
所在地 〒070-8025
北海道旭川市神居町富岡555-2
座標 北緯43度45分39秒
東経142度18分10秒
座標: 北緯43度45分39秒 東経142度18分10秒
標高 330 m / 170 m
(標高差) (160m)
コース数 6本
最長滑走距離 1,000m
最大傾斜 25
索道数 3 本
ウェブサイト サンタプレゼントパーク

サンタプレゼントパーク・マロースゲレンデ: Santa Present Park Mallows Garande)は、北海道旭川市にあるスキー場

概要[編集]

旭川市街から車で15分程の距離にあり、気軽にスキースノーボードを楽しむことができる。1999年平成11年)、2001年(平成13年)、2015年(平成27年)には国際スキー連盟による『スノーボード・ワールドカップ』(FIS Snowboard World Cup)を開催している[1][2][3]

「ニコラス展望タワー」(夏季のみ営業)は「恋人の聖地」サテライトに選定されている[4][5]。また、夏季はゲレンデをドッグランとして利用している。

沿革[編集]

1969年昭和44年)に「三榮スポーツ産業株式会社」が設立し、「旭川台場ヶ原サンバレースキー場」としてオープンした[6]1985年(昭和60年)にはセンターハウスを建設したほか[6]1987年(昭和62年)にはエリア内に遊園地がオープンした[6]1988年(昭和63年)にスキー場と遊園地を地元の建築資材メーカー「旭ダンケ株式会社」が譲受し、「サンタプレゼントパーク」と改称した[6]1996年平成8年)には山頂に「ニコラス展望タワー」が完成した[7]。その後、遊園地は期間限定で営業していたが[8][9]、現在は営業を取り止めている。

施設[編集]

索道[編集]

リフト一覧
名称 定員 所要時間 備考
センター 2名 約5分 かつてはロープトゥだった
ブラッキー 2名 約9分
グリーン 2名 約8分

1980年代までは、第2ゲレンデにシングルリフト(通称ブルーリフト)が存在していたが、ゲレンデの閉鎖に伴い廃止された。

その他[編集]

  • クリスマスロッヂ(レストラン、レンタルコーナー、スキースクール)

アクセス・駐車場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スノボW杯閉幕*「コース最高」選手絶賛*入場者半減*PRなど課題も”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2001年2月27日). 2019年3月3日閲覧。
  2. ^ スノーボードW杯、韓国が辞退で2001年以来3度目となる旭川での開催へ! 竹内選手要望、市が誘致”. heavysnowker (2014年8月13日). 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ <新年号・第5部 道北特集>冬のスポーツ 道北を熱く*スノボ 20カ国から精鋭*来月28日、3月1日にW杯旭川大会”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2015年1月1日). 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ 旭川サンタプレゼントパーク/ニコラス展望タワー”. 地域活性化支援センター. 2019年3月2日閲覧。
  5. ^ 大雪山連峰や夜景が楽しめる!恋人の聖地「旭川ニコラス展望タワー」”. 北海道ファンマガジン (2018年8月20日). 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ a b c d 会社沿革・HISTORY”. 三榮プロパティマネジメント. 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ 旧旭川サンバレースキー場・遊園地全面改修*サンタの世界ご一緒に*テーマパーク12月開業*高さ50メートル「タワー」も”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1996年10月13日). 2019年3月2日閲覧。
  8. ^ 遊園地「サンタプレゼントパーク」*今季の営業見送り*スキー場は継続*旭川”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2006年8月11日). 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ GW、お盆のみ営業へ*サンタプレゼントパーク*旭川”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年1月9日). 2019年3月3日閲覧。

関連項目[編集]