サンダカン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンダカン(Sanda kan、山打根)は、中華人民共和国模型メーカー。2009年以降はケーダー社の一部門である。

概要[編集]

1973年に創業した、プラスチックや金属を用いたスロットカー鉄道模型の製造会社である。アメリカ合衆国イギリスドイツ日本などの玩具メーカーや模型メーカーの下請けとして、模型の設計から金型製造、生産、印刷・塗装までの全てを、自社の東莞市万江工場と深圳市松崗工場で行なう。

取り扱う鉄道模型は1/22スケールから1/220スケールまで幅広く、世界中の主要なメーカーと密接に協力し、精密な製品を送り出している。[1]

歴史[編集]

1973年に香港で創業、玩具・模型の下請け生産を開始する。1981年に香港山打根實業有限公司を設立。1985年には中華人民共和国に進出し、広東省東莞市に東莞模型玩具五金廠を設立。1988年には事業を拡大し、深圳市に松崗溪頭山打根玩具廠を設立した。[2]

1990年代、会社は中国の経済改革の波に乗り繁栄していたが、会社代表であったWai Shing Ting[3][4]が病に倒れた影響もあり、会社は2000年にZSファンドに売却された。さらに2004年にはJPモルガン・チェースに買収され、2008年にはケーダーに買収された[5]2006年には業務再編と経営改革によりTingは会社を退き、深圳市の松崗溪頭玩具廠は山打根科技(深圳)有限公司となり、東莞市の東莞模型玩具五金廠は山打根實業(東莞)有限公司となった。ケーダーによる買収後、TingはサンダカンのCEOに復帰した。

下請け製造[編集]

同社は、COX、K&B、ライオネルマイクロエースホーンビィBRAWAメルクリントリックストミーテックなどから発売されているスロットカー鉄道模型の生産を行なっている。

これらの生産は、設計から金型製造、射出成型、塗装、印刷など全てを自社の工場で行なっており、全ての生産品を輸出している。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.kader.com.hk/our_business/manufacturing_services.html
  2. ^ http://big5.jobcn.com/position/company.xhtml?redirect=0&comId=366516&s=redirect
  3. ^ 1934年生まれ。上海工科大学卒業後、1962年より香港で機械技師として働き、1979年にサンダカンに入社。
  4. ^ http://www.atlasrr.com/News/mrting.htm
  5. ^ http://www.kader.com.hk/investor_relations/pdf/press_081117e.pdf
  • [1] - ケーダー社ウェブサイト(英語)