サンダークロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンダークロス
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 コナミ開発1課
発売元 コナミ
音楽 兼田潤一郎
深見誠一
シリーズ サンダークロスシリーズ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
稼働時期 日本 1988101988年10月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU KONAMI (@ 3 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.579545 MHz)
YM2151 (@ 3.579545 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
288×224ピクセル
60.00Hz
テンプレートを表示

サンダークロス』 (THUNDER CROSS) は、1988年コナミから稼働されたアーケード用横スクロールシューティングゲームで、続編として『サンダークロスII』(1991年)も発売された。

本作には、難易度が低すぎて満足なインカムを得られなかったことから調整を受けた後期版、後後期版のROM基板が存在する。具体的な変更は敵の耐久度上昇や、周回による難易度の上昇である。また、まったく内容の異なる海外版も存在する(後述)。

概要[編集]

本作にもグラディウスシリーズと同様に、自機「ブルーサンダー45型」(2Pはレッドサンダー24型)本体と同じ攻撃をする無敵の分身であるオプションシステムが搭載されている。オプションは「O」と書かれたアイテムを取得することによって自機の上下に1個ずつ追加されていき、最大4個まで(2人プレイ時は合計4個まで)装着される。本作の最大の特徴は装備したオプションの間隔をボタン操作で自由に変えられたり、その場復活にしたりすることによってグラディウスシリーズとの差別化を図っている部分でもあり、『沙羅曼蛇』のシステムの影響が見られる。

武器もノーマルショットのほか、連射機能が付いているバルカン、敵や壁に当たると跳ね返るブーメランショット、後方にも攻撃可能なツインレーザーのレギュラー武器3種と、太いレーザーを発射可能なマクロレーザー、爆風が広範囲におよぶナパームショット、常に前方へ攻撃したままの体勢にできる火炎放射のスペシャル武器3種と、多彩である。なお、オプション4個装備の状態で最強状態のブーメランショットを連射すると、処理落ちが激しくなる。

グラディウスII -GOFERの野望-』(1988年)の全盛期と重なり、家庭用には長らく移植されなかった。さらには、サウンドトラック『KONAMI GAME MUSIC COLLECTION VOL.0』(1993年)に日本国外では本作が『グラディウスII』よりも人気があることが当時のゲーマーにやや意外性を感じさせることを匂わせる記述が見られ、ゲーマーの間でも知名度はやや低かったようである。また、ゲーム誌『ゲーメスト』にてゲームデザイナーのMTJ(三辻富貴朗)に「オプションを活かし切っていない」とも評された。

サウンド面では音源にYM2151チップを搭載しているほか、作曲はコナミ矩形波倶楽部のプロフェット・FUKAMI(深見誠一)およびJ_KANE(ジェイ・アンダーバー・カネ、兼田潤一郎)が担当している。また、1989年に発売された本作のオリジナル音源および2面BGM"Skywalker"のアレンジを収録したサウンドトラック『サンダークロス』(1993年)はコナミレーベル第1弾の1枚となったほか、サウンドトラック『こなみすぺしゃるみゅーじっく -千両箱-』(1990年)のディスク2では"Skywalker"の制作過程が解説されており、当時のゲーム音楽作曲の一端を垣間見ることができる。

ゲーム内容[編集]

パワーアップ[編集]

赤い敵の編隊や単体を倒すと以下のパワーアップアイテムを落とす。

レギュラー装備[編集]

O(オプション)
自機と同じ攻撃をするオプションを上下に2個ずつ、計4個まで付けることができる。ミス後のパワーアップアイテムはOが優先して出るようになっている。
S(スピードアップ)
自機の移動速度を上げる。14段階の速度が定義されているが、1つ取るとそれ以後は出現せず、取らないままアイテムを出しても[1]時間経過に伴って他の種類に変化してしまうため、出現パターン上2段階目にすることさえ困難である。
V(バルカン)
連射機能が付いており、ボタンを押したままでも連射はされるが、手動で連打すると速射性はさらに上がる。威力は3種中、最も低い。
B(ブーメランショット)
敵や壁に当たると跳ね返る。最終面以外ではほとんどこの武器が便利だが、1発当たりの画面内への滞在時間が長いため、1段階目の場合は連射力に劣る。
T(ツインレーザー)
前方と後方に同時に攻撃可能。3段階目になると、弱敵なら貫通する威力を持つ。見た目も長くなるが、『グラディウス』のレーザーのようなY軸誘導はできない。

V・B・Tの威力はどれを取っても3段階まで上がる。

スペシャル武器[編集]

フル装備状態(オプション*4、スピード*1、ショット3段階目)になると、以降のパワーアップアイテムは出現時のみ L→F→N と変化し、その後は V→B→T→V→ のループになる。スペシャル武器のいずれかを取るまで、この順が続く。

L(マクロレーザー)
Y軸誘導できる太いレーザーを発射する。ただし、見た目より当たり判定は小さめになっている。
F(火炎放射)
ボタンを押している間だけ持続する火炎放射を行う。このパワーアップのみボタン押しの時間の長さでゲージを消費する仕組みで、1目盛分減らすにも多少の押し時間を要するため、効率的に使えば長持ちさせることができるのが特徴。
N(ナパームショット)
爆風が広範囲におよぶ。飛距離は3種中、最も短い。

スペシャル武器は、どれも障害物も貫通して敵を破壊できる。

スペシャル武器を装備している間にアイテムを落とす敵を倒すと、パワーアップアイテムの変化の最初だけ「?」になる。「?」はボーナス点になるが、2個目、258個目、514個目(つまり256の倍数+2個目)…は「1UP」になる。258個目の1UPが出現するのは、効率よくプレイしても1千万点にやっと到達する7周目であるため、1UPは一度だけという記述が各種ゲーム誌(例:『マイコンBASICマガジン』1988年11月号)上で見られるが、実際はエブリエクステンド以外でも残機を複数増やせる。

隠れキャラ[編集]

ステージ1から6までのステージ中に登場する特定の障害物の中には、イカトンボといった2種類の隠れキャラが潜んでいる。

どちらもオプションを地形に食い込ませて撃つか、あるいはスペシャル武器でないと出現させることは困難であるが、破壊すれば5000点のボーナスが入る。

日本国外版[編集]

日本国内版とは以下のような違いがある。

  • オプション2個が標準装備。
  • スピードアップやスペシャルパワーアップ、1UPといったアイテムが存在しない。すなわち残機はスコアエブリのみで増加する。
  • オプションの上下幅は固定。国内版でのオプションボタンは、後述のボム発射に使用する。
  • パワーアップがバルカン1種のみ。アイテム取得により日本国内版での最大火力相当になる。
  • 1ステージにつき3発、「LIL'BABY」というボムを使用できる。国内版でのオプションボタン押下で発射。ナパームショットが画面中に広がり、敵と敵弾を消し去る。自機が破壊されても回復せず、補充アイテムも存在しないが、ステージクリアすると残弾が3発に戻る。
  • ステージ順序が一部入れ替わっており、2→1→4→3→…となっている。
  • 敵が自機に向かって発砲する弾の中に、時々高速弾が混じることがある。
  • 破壊するか一定時間で破裂した際、拡散弾と誘導弾を発射する敵が追加されている。誘導弾の追尾能力は非常に高く、これによって難易度が大幅に上昇している。
  • エンディングは、スタートデモでの惑星をバックとしてスタッフロールが流れるものに変更されており、1面ボス復活の演出は取り入れられていない。

設定[編集]

ストーリー[編集]

人類は辺境の星「ハミアムIV」の開拓を進めていたが、突如として連絡が途絶えてしまう。宇宙軍はパトロールチームを派遣して調査に向かったが、そこに待ち受けていたのはアンドロメダ星雲でも最も強力な力を持つと言われる、冷酷無比な超機械化軍団であった[2]

ステージ構成[編集]

全7ステージ。エンディングでは敵がなお壊滅していないことを示唆する演出があり、終了後に次周回が始まる。コンティニューは1周目の6面まで可能で、それ以降はコンティニュー不可。

St. ステージ使用曲 ボス 解説
1 First Attack エッガー 岩山ステージ。中ボス直後にガス噴射地帯がある。
このステージで最強の状態にすることも可能。ボスは触手の根元部分には当たり判定が無く、通り抜けられる。
2 Skywalker ガンガー ビル街を進む。中ボスは後ろからやってくるものがいる。
また、隠れキャラのイカゲソがステージの何処かにいる(他にもステージ3、5、6にいる)。
3 Machine Graveyard ガーチャイーガー 機械墓場。障害物を盾にして隠れているザコや、攻撃すると割れて破壊不能な破片になるザコ、後方から高速で体当たりしてくるザコなどいやらしい攻撃が多い。
ガスバーナーのソーダクトは非常に硬いが、破壊せず進むこともできる。ボスは腕を伸ばして攻撃してくるうえ、弱点部分にバリアも張っている。
4 Great Battleship ビッガー 巨大戦艦ビッガーと夕焼けの中で対決。本体の上下の幅を狭めて来たりレーザーを発射したりする。
ザコも多い。コアは3回目の突入時に破壊可能。
5 Endless Labyrinth ボッガー 基地の内部。他のステージと比べてスクロールがやや早めである。通路が分かれる箇所はオプションを広げていると、自機がいない通路の敵も攻撃できる。
ボスは2段階に変化し、2段階目ではレーザーを乱射してくる。
6 Fire Cavern フィガー 溶岩洞窟。緑の溶岩岩は当たり判定が甘い。途中で飛んでくる火の玉は数が多いうえに硬いが、誘導して回避できる。
ボスは左下がやや安全。
7 Final Base マシンガー 最終要塞。後ろから来る敵が多いので、ツインレーザーを装備しなければ太刀打ちできない。最終ボスは比較的耐久力が高いが、分裂弾とレーザーのタイミングにパターンがある。
ツインレーザーを装備してボス右上でミサイルを撃っているだけで、永久パターンになる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 オレたちゲーセン族
サンダークロス
日本 200702082007年2月8日
PlayStation 2 コナミ ハムスター CD-ROM SLPM-62744
2 サンダークロス 日本 201706082017年6月8日
Play Station 4 コナミ ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
CUSA-04523 日本版OLD、日本版NEW、北米版、欧州版を収録。
3 アーケードクラシックス
アニバーサリーコレクション
日本 201904182019年4月18日
アメリカ合衆国 201904182019年4月18日
ヨーロッパ 201904182019年4月18日
PlayStation 4
Xbox One
Nintendo Switch
Steam
ハムスター
ゴッチテクノロジー
コナミ ダウンロード 本作も含むアーケードゲーム8作品を収録したオムニバスソフトの1作として収録。
アップデートにより英語版(THUNDER CROSS)が追加。

X68000への移植も計画されたが頓挫している。

スタッフ[編集]

  • ソフト・テクニシャン:KALCIUM WADA、THE GREAT UTAMARO
  • チーム・コンサルタント:BEAUTY HIDE
  • プロダクション・スーパーバイザー:K.HIRO
  • アニメーション・キャラクター:MORIYAMA 24
  • セット・ビジュアル・アーティスト:M.SUNACHAN
  • スペシャル・サンクス:KEN HEINE、STRONG AUSHER、MOMONGA STONE、DR.HIDE
  • サウンド・デザイン:NAYNPY J-KANE(兼田潤一郎)、PROPHET FUKA(深見誠一)
  • プロセッシング・ハード:TAKA
  • パッケージ・デザイン:MAYA 2095

評価[編集]

評価
受賞
媒体受賞
第3回ゲーメスト大賞ベストシューティング賞8位[3]
ベストVGM賞6位[3]
年間ヒットゲーム36位[3]
アーケード版
ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第3回ゲーメスト大賞」(1989年度)において、ベストシューティング賞8位、ベストVGM賞6位、年間ヒットゲーム36位を獲得した[3]

他作品への影響[編集]

本作が後のコナミゲームに与えた影響はさまざまな部分に出ている。例えば、本作のBGMを作曲したプロフェット深見は『グラディウスIII -伝説から神話へ-』(1989年)の曲も作曲しており、特に同作3面BGM"In The Wind"については同作のサウンドトラックライナーノーツで「サンダークロスのあの曲と双子の関係にある」と本作の"Skywalker"との関係を強く示唆する発言をしている。また、MSX2用ソフト『スペースマンボウ』(1989年)は当初、本作の移植版として開発されていたほか、『グラディウスV』(2004年)では本作と同種のオプションを装備として選択できる(オプションタイプ3・スペーシング)。

後発の作品との関連については#関連項目節を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 取らないでいると延々Sが出続ける。ただし、一定時間で →V→B→T→O→S→ と変化していく。
  2. ^ 『オレたちゲーセン族 サンダークロス』 名作が蘇る” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2006年11月1日). 2019年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 「ゲーメスト大賞11年史」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 20 - 21頁、 ISBN 9784881994290。

関連項目[編集]

  • グラディウスIIIスーパーファミコン版)
    • オリジナルパワーアップにF(フォーメーション)オプションがあり、本作と同じ上下配列(ただし、こちらは上側から順に付く)となり、全部揃えた上でゲージをオプションに合わせておくと、パワーアップボタンを押している間のみオプションの間隔が広がる。
  • スペースマンボウ
    • MSX版シューティングで、本作と同じオプション配置とゲーム性に繋がりがあり、ボスとステージが一部、次作のサンダークロスIIに流用されたほか、さらにマンボウモチーフの自機は後述する極上パロディウスのマンボウの元になった。
  • パロディウスだ! 〜神話からお笑いへ〜
    • PS版にある隠しステージは本作の4面を元にしている(曲も本作の4面BGMのアレンジになっている)。
  • 極上パロディウス 〜過去の栄光を求めて〜
    • スペシャルステージで"Sky Walker"が使われている。使用キャラのひかる・あかねと、マンボウ、サンバは、本作の自機と同じオプション配列となる。SFC版ではブーメランショットもひかる・あかねの装備として登場する。
  • セクシーパロディウス
    • 前作に引き続き、ひかる、あかね、マンボウ(マンボと改名)、サンバが登場する。また新キャラクターであるオプション(およびマルチプル)は、本作の自機と同じ形状とオプションに変身してブーメランショットを撃てる。
  • オトメディウス
    • 主人公の1人であるエモン・5の乗るライディングバイパー「クセルバイパー」が本作の機体をモチーフにしている。さらには、Xbox 360用ソフト『オトメディウスG』のダウンロードコンテンツの1つであるBGM集「エモン・5パック」に本作および『II』、『スペースマンボウ』の曲が用いられている。
  • エアフォースデルタ
    • 自機がゲスト出演している。
  • 遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム
    • 「ブルーサンダーT45」というモンスターカードが存在する。
  • 悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス
    • デュアルクラッシュ(パートナーとの協力技)の1つに「サンダークロス」がある。