サンダーストーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サンダーストーム
ジャンル 3Dシューティング
レーザーディスクゲーム
対応機種 アーケード (AC)
開発元 データイースト
発売元 データイースト
ディレクター 岸本良久
デザイナー 岸本良久
プログラマー 熊谷慎太郎
音楽 TAO
人数 1人
メディア 業務用基板(72キロバイト
レーザーディスク
稼働時期 INT 1984051984年5月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Intel 8088 (@ 5 MHz)
MOS 6502 (@ 1 MHz)×2
サウンド DAC (@ 2 MHz)×2
AY-3-8910A (@ 3.120 MHz)×2
SP0250 (@ 3.12 Mhz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×240ピクセル
61.00Hz
パレット16色
売上本数 5000台
テンプレートを表示

サンダーストーム』(THUNDER STORM)は、1984年5月に日本のデータイーストから稼働されたアーケード3Dシューティングゲーム。日本国外では『Cobra Command』というタイトルで稼働された。

幻魔大戦』(1983年)に続く同社のレーザーディスクゲーム第2弾である。プレイヤーは戦闘ヘリコプター『LX-3』のパイロットとして、全世界を舞台に暗躍する武装テロ組織を鎮圧し、地球の平和を守るという設定。プレイヤーは操縦桿と2つのボタン(ミサイル/機関銃)を使ってLX-3を操作し、各ステージの「アクシデント」、すなわちLX-3を攻撃してくる飛行機やヘリコプター、戦車、空母、自走式対空ミサイル、戦艦といった敵の軍隊(テロ組織)を壊滅する。

開発はデータイーストが行い、ゲーム・デザインは岸本良久、プログラムは熊谷慎太郎が担当し、両者は後にテクノスジャパンから稼働された『熱血硬派くにおくん』(1986年)や『ダブルドラゴン』(1987年)を手掛ける事となった。また、音楽はロックバンドのTAOが担当している。

1985年X1MSXに移植された他、1988年にはタカラビデオチャレンジャーとして稼働され、1992年には『サンダーストームFX』のタイトルでメガCDに移植された。アーケード版は後にセガサターンおよびPlayStation用ソフト『サンダーストーム&ロードブラスター』(1995年)として同社の『ロードブラスター』(1985年)との同時収録された他、2009年にはiOS用ソフトとして、2010年にはWindowsおよびX68030用ソフトとして発売された。

概要[編集]

『幻魔大戦』とは違い、既存のテレビアニメや劇場アニメの映像を一切使用しない、データイースト初のオリジナルレーザーディスクゲームで、アニメパート部分は東映動画が製作を担当した。

基本的に『幻魔大戦』から流用された専用のコクピット筐体で出回ったが、後に他社のLDゲームの筐体[1]を流用する改造キットも発売されている。

本作の筐体は同社の『ロードブラスター』及びTAITOの『宇宙戦艦ヤマト』(1985年)の筐体として流用され改造されたキットもあった。

アニメ動画を使った国産のアーケードゲームという事で当時の『月刊アニメージュ』でも紹介されている。それによりアニメパートのスタッフリストは公開されているが、ゲーム部分のスタッフリストは企業秘密(当時)という事で公開されていない。

開発者の岸本良久の公式サイトによると、セル画枚数は5万枚以上を使用し、制作期間は1年。総スタッフは500人以上。制作費は1億円掛ったという。BGMはTAOが担当している。出荷された筐体は5000台と、レーザーディスクゲームでは最高の売り上げを記録した。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

デモ画面では各地のテロリスト達が動き出したという司令部への入電、指令を受けて出撃する対テロ部隊、やはり出動のためLX-3に飛び乗るパイロット(プレイヤー)が順に放映される。

飛行機(戦闘機や爆撃機等)やヘリコプターは航空機関砲とミサイルどちらでも破壊できるが、地上の敵(テロリストが乗る車、戦車、自走式対空ミサイル、要塞の武器、敵兵器の武器等)、戦艦航空母艦はミサイルでなければ破壊できない。

具体的には、画面に表示される指示(マーカーや矢印)に従い、敵兵器に照準を合わせて「攻撃」、上下左右に操縦桿を動かして「操縦」してコマンドを入力する。入力したコマンドが正しければ次のシーンに進め、誤っていればミスとされ、自機が撃墜されるアニメが流れて残機が一機減る。全部無くなると、その時点でゲームオーバーとされる。システム上、ランダム性は全くない完全なパターンゲームである。

その他[編集]

  • ステージ1でのビル側面に「TAO」(BGMを担当したバンドの名)・「KISHI」(本作品担当ディレクターの岸本のクレジット)・最後に登場するビルの屋上広告塔部分に「DECO」の文字が見られる。
  • ステージ3で登場する空母の甲板には、数字の「25」ではなく「Z5」(アニメパート担当のうちの製作スタジオ「スタジオZ5」に由来)と書かれている。また、『六神合体ゴッドマーズ』のコスモクラッシャーが少しだけ登場している。

設定[編集]

ストーリー[編集]

全世界を舞台に暗躍する武装化テロリストの集団を壊滅すべく、最新税攻撃ヘリコプター『LX-3』が飛び立つ! 様々な兵器での敵の攻撃、ニューヨーク、グランドキャニオン、ローマなど、世界各国で激しい戦闘が繰り広げられる。最終目標は、テロリストの本部「大要塞」! 今、世界の平和を取り戻すため、LX-3の戦いが始まる!

ステージ構成[編集]

ステージは全部で10ステージある。

ステージの流れはシーケンシャル(ステージ1からステージ10までを順序どおりにプレイ)とランダム(ステージ5・10以外をアトランダムに選択)を基板の設定で選択できる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 サンダーストーム 日本 1985年
X1 データイースト 日本ビクター VHDpc INTER ACTION VIA-1001(VHD)
VIAX-1001(カセットテープ)
2 サンダーストーム 日本 1985年
MSX データイースト 日本ビクター VHDpc INTER ACTION VIA-1001(VHD)
VIAM-1001(カセットテープ)
3 サンダーストーム 日本 1988年
ビデオチャレンジャー データイースト タカラ - -
4 日本 サンダーストームFX
アメリカ合衆国 Cobra Command
ヨーロッパ Cobra Command
日本 199208281992年8月28日
アメリカ合衆国 199210151992年10月15日
ヨーロッパ 199304191993年4月19日
メガCD ウルフチーム 日本 ウルフチーム
アメリカ合衆国 RENO
CD-ROM 日本 T-32064
アメリカ合衆国 4402
ヨーロッパ 4130
5 サンダーストーム&ロードブラスター 日本 199510201995年10月20日
セガサターン
PlayStation
エクゼコ・デベロップメント エクゼコ・デベロップメント CD-ROM T-20701G
SLPS-00094~5
6 Cobra Command/Thunder Storm アメリカ合衆国 200912022009年12月2日
iPhone
iPod touch
(iOS)
Revolutionary Concepts Revolutionary Concepts ダウンロード 333243662
7 サンダーストーム 日本 2010年5月4日[2][3]
Windows
X68030
自転車創業 自転車創業 DVD-ROM -
X1版・MSX版
ビデオチャレンジャー版
  • タカラより発売。
メガCD版
  • ウルフチームより発売。
セガサターン版・PlayStation版『サンダーストーム&ロードブラスター』
  • エクゼコ・デベロップメントより発売。
Windows 2000/XP/Vista/7版とX68030版のハイブリッド版
  • 自転車創業より発売。2012年12月販売終了。
iOS版(iPad互換)『コブラコマンド/サンダーストーム (Cobra Command/Thunder Storm)』
  • App Storeにて、かつて購入可能だった。販売はRevolutionary Concepts。Appleの32bit-iosアプリ廃止の方針で、事実上の販売停止

スタッフ[編集]

アーケード版[編集]

ゲームスタッフ
  • クリエイター:SABU、YOSHI(岸本良久)、RIE
  • プログラマー:TSUYO、SHIN(熊谷慎太郎)、TOMO
  • サウンド・プログラマー:MASA
  • エンジニア:TAKA、JUN
ピクチャースタッフ
  • 制作:平尾みき
  • 監督:高山秀樹
  • メカデザイン、作画監督:亀垣一
  • デザイナー:やまもととしゆき
  • 撮影技師:しみずまさお
  • インク&ペインター:つかだつとむ
  • 音楽:たおひでのり (TAO)
  • 演出:松浦錠平、高山秀樹
  • 作画監督補佐:今隅眞一
  • OP原画:青鉢芳信、亀垣一
  • 原画:亀垣一、白土武、白南烈、佐々木正光、大島城次、八島義孝、本橋秀之、湖川友謙
  • 音響効果:スワラ・プロ

メガCD版[編集]

  • プロデューサー:浅沼穣、宇野正明
  • ディレクター:横尾和泰
  • プランナー:鈴木宏、則本真樹
  • メイン・プログラム:平地慎二
  • メガCDプログラム:徳弘親昭
  • ビジュアル・ディレクター:おかのたけし、T.KONISHI
  • デザイン・スーパーバイザー:永田和宏
  • グラフィック:田島清香、松島正幸、蒲谷明弘、安森淳俊、なかじまひでとし、西谷由美子、木村まり、藤田圭一、田尻一直、森山大輔、石黒久美子、いながきよしあき
  • エンディング・ミュージック・コンポーズ:桜庭統
  • BGMレコーディング
    • 「SOLID GOLD」作曲:なかむらのりあき
    • 「SOLID GOLD」編曲・演奏:H.MIZUNO
    • 「SOLID GOLD」ミュージック・コーディネート:T.SATOH
    • レコーディング・エンジニア:S.YOSHII(ミキサーズラボ)
    • アシスタント・エンジニア:Y.OSHIMA(ミキサーズラボ)
    • マニピュレーター:H.SHIMAHARA(フェノメノンスタジオ)
    • レコーディング・スタジオ:ウエストサイド
    • レコーディング・ディレクター:H.YAMAGUCHI
  • バイナラル・サウンド・レコーディング
    • MAエンジニア:T.UEMURA(アバコクリエイティブスタジオ
    • MAアシスタント・エンジニア:M.OTSUBO(アバコクリエイティブスタジオ)
    • MAディレクター:N.MATSUMOTO(アバコクリエイティブスタジオ)
    • 3Dエンジニア:F.TSUTSUMI(日東紡音響エンジニアリング)
    • 3Dプロデューサー:T.SHIGETA(日東紡音響エンジニアリング)
    • ナレーション:S.HERMAN
    • MAスタジオ:アバコクリエイティブスタジオ
  • サウンド・プロデューサー:K.SENZAKI
  • 広報:飯島公人、小林恵美子、村上友子
  • サンクス:後藤清治、内田学、T.KUNIMATSU、門脇勲、石沢隆一、H.NINA
  • スペシャル・サンクス:福島和行
  • エグゼクティブ・プロデューサー:秋篠雅弘

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3/5stars (MD)[4]
ファミ通23/40点 (MD)[5]
GameFan94% (MD)[4]
IGN7.7/10点 (iOS)[6]
WizardB- (MD)[7]
Sega Force95% (MD)[4]
メガドライブFAN22.07/30点 (MD)[8]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[9]
アーケード版
ゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』(1991年)内の「ビデオゲームフルリスト」の紹介文では、「パイロット視点のアニメ映像はとにかくド迫力」とグラフィック面に関して絶賛された[10]。また、ゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』(1998年)においてライターのスーは、本作が戦闘ヘリのコックピット視点で展開される事に関して「当時はこの臨場感は衝撃的だった」と称賛し、ミスした際の映像パターンが豊富である事を指摘、またデモ時に流れるオープニングのアニメーションの完成度を高く評価した上で「コンシューマーなどでも発売されているので一度は見てほしい」と称賛した[11]
メガCD版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6・5・7・5の合計23点(満40点)になっている[5]。レビュアーはLD版ほどの画質ではないがプレイ感覚は相変わらずでアニメを取り込んだビジュアルは雰囲気があり見ているだけでも楽しい、一方でLD版はもっとスピーディーだったがメガCD版はぎこちなさが感じられる、コンティニュー回数に制限があるのが残念、指示に従ってレバーとボタン操作で進めることについてディズニーランドのスター・ツアーズのように興奮できるとした者と面白いのはステージ1のみでそれ以降は難し過ぎて敵を倒せるポイントを覚える必要があるため用意されたアニメーションに合わせて攻撃している感覚が強く面クリアをしてもあっけないせいで気分が盛り下がるとした者で分かれた[5]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.07点(満30点)となっている[8]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.60 4.12 3.13 3.54 3.49 4.19 22.07
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、メガドライブ本体の同時発色数が16色しかないためアニメーション部分が見にくいとの指摘をしたが、敵機を撃ち落とし矢印に従い障害物を避ける部分に関しては「スリルは変わらず」と肯定的に評価した[9]
セガサターン、PlayStation版
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」ではSS版が25/40、PS版が23/40[12]

関連作品[編集]

全てLDゲーム。

本作同様のシステムを持つ。
一部のステージで本作のシステムが流用されている。
本作のシステムを持った続編。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アストロンベルト』(1983年)、『スターブレイザー』(1983年)、『インター・ステラ』(1983年)、『アルベガス』(1984年)
  2. ^ LDゲーム『サンダーストーム』がWindowsとX68030で遊べる! 5月4日に発売” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2010年3月13日). 2020年3月16日閲覧。
  3. ^ Chun (2010年3月15日). “懐かしのLDゲームがWindows版として復活。「サンダーストーム for Windows/X68030/60」が自転車創業より5月4日に発売” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年3月16日閲覧。
  4. ^ a b c Cobra Command for SEGA CD (1992)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年10月6日閲覧。
  5. ^ a b c 「新作ゲームクロスレビュー」『ファミコン通信』第7巻第36号、アスキー、1992年9月4日、 40頁。
  6. ^ Cobra Command for iPhone (2009)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年10月6日閲覧。
  7. ^ a b Rubenstein, Glenn (January 1993). “At the Controls”. Wizard (Wizard Entertainment) (17): 21–24. 
  8. ^ a b 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 56頁。
  9. ^ a b 「Chapter 05 1992年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、134頁。ISBN 9784872338805。
  10. ^ 「ビデオゲーム フルリスト」『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社、1991年7月1日、 175 - 216頁、 ASIN B00BHEECW0
  11. ^ 「ザ・ベストゲーム」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 126頁、 ISBN 9784881994290。
  12. ^ NEW GAMES CROSS REVIEW: サンダーストーム&ロードブラスター. Weekly Famicom Tsūshin. No.358. Pg.31. 27 October 1995.