サンダースノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンダースノー
DSC 3412ThunderSnow.jpg
2018年ブリーダーズカップ・クラシック出走時
(2018年11月3日)
欧字表記 Thunder Snow
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2014年3月24日
Helmet
Eastern Joy
母の父 Dubai Destination
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Darley
馬主 Godolphin
調教師 Saeed bin SuroorイギリスUAE
競走成績
生涯成績 24戦8勝
テンプレートを表示

サンダースノーThunder Snow)は、アイルランドで生産されたイギリスの競走馬。主な勝ち鞍は2016年クリテリウム・アンテルナシオナル2017年ジャンプラ賞・2018、19年のドバイワールドカップ

戦績[編集]

2歳時(2016年)[編集]

レスター競馬場のデビュー戦を勝利で飾ったが、その後ロイヤルアスコット開催の2歳重賞のG2コヴェントリーSで2着、続くG2シャンペンSでリヴェットの2着、G1デューハーストステークスチャーチルの4着と善戦はするものの4連敗。デビュー6戦目でクリストフ・スミヨン騎手を背にフランスG1クリテリウム・アンテルナシオナルに挑むと、2着に5馬身もの差をつけ優勝。初重賞勝利をG1で達成した[1]

3歳時(2017年)[編集]

1月にはダート未出走ながらアメリカ三冠競走への予備登録を行い、2月のUAE2000ギニーで始動。自身初となるダートを克服し5馬身差で圧勝した[2]。続くUAEダービーでも日本から遠征してきたエピカリスとの叩き合いを制し、優勝。ケンタッキーダービーへの出走馬選定の100ポイントを獲得した[3]。しかし、本番のケンタッキーダービーでは発馬直後に跳ね上がるような歩様になり競走中止となった[4]

その後立て直し愛2000ギニーセントジェームスパレスSへ出走、それぞれ2、3着と好走。そして7月にシャンティ競馬場で行われたジャンプラ賞を制覇、G1競走2勝目を挙げる。続くジャック・ル・マロワ賞は1番人気に推されたがアルウケール、インスオブコートに次ぐ3着に敗れ、その後10月のクイーンエリザベス2世Sでは過去最低の15着と大きく崩れてしまった。

4歳時(2018年)[編集]

4歳シーズンは1月のマクトゥームチャレンジラウンド1から始動、UAEダービー以来となるドバイのダート戦でヘヴィメタルの2着に好走し復調をアピールした。2月のマクトゥームチャレンジラウンド2では残り100mでノースアメリカを捉え重賞制覇。しかし3月に行われたマクトゥームチャレンジラウンド3では主戦のスミヨン騎手からオイシン・マーフィー騎手へ乗り替わり挑んだが前走のラウンド2で負かしたノースアメリカを捉えきれず5馬身差の2着に屈した。迎えた本番のドバイワールドカップには前年のトラヴァーズSペンシルベニアダービーの覇者で2018年初戦のペガサスワールドカップガンランナーの2着からの転戦となるウエストコースト、前年の米最優秀ダート古馬牝馬でBCディスタフ含め2017年はG1競走2勝を含む3戦全勝、ここが始動戦となるフォーエバーアンブライドルド、同じゴドルフィンでこちらはアンドレ・ファーブル厩舎所属、前年のBCターフ覇者のタリスマニック、日本からも武豊を背にアウォーディーが参戦して10頭立てながら錚々たるメンバーとなった。レースはスタート直後からウエストコーストと外からサンダースノーが主張し譲らずハナを切る展開に、4コーナーでウエストコーストが競ってくるも先頭を譲らず、直線に入るとあっという間に後続を突き放し、最後は2着のウエストコーストに5馬身つけ圧勝した。この勝利でサイード・ビン・スルール調教師はドバイワールドカップ通算8勝目を挙げ、鞍上のスミヨン騎手にとってもこれがドバイワールドカップ初制覇となった。その後は休養に入り夏のインターナショナルステークスから始動、プリンスオブウェールズSクラックスマンを破りキングジョージも制したポエッツワードエクリプスSを勝って挑むロアリングライオンなど出走馬8頭のうち7頭がその年にG1を勝っている近年稀に見るハイレベルな一戦となった。レースはドバイワールドカップの時と同じく先手を主張したが最後の直線で力尽きロアリングライオンに大きく離される最下位に終わった。秋はかねてより計画されていた米国遠征を決行、初戦となったジョッキークラブゴールドカップ2着を挟んで挑んだBCクラシックは直線抜け出したアクセラレートと並ぶところまではいったものの差し切れず、後方から追い込んできたガンナヴェラに僅かに交わされ3着に敗れた。

5歳時 (2019年)[編集]

前年に引き続いてドバイに遠征し、3月9日のマクトゥームチャレンジラウンド3では惜しくも2着。3月30日のドバイワールドカップでは道中3番手で追走すると直線で早めに抜け出したグロンコウスキーとの壮絶な叩き合いをハナ差制し、史上初の連覇を達成した[5]。帰国後、6月8日のメトロポリタンハンデキャップに出走したが3着に終わる。11月5日、ゴドルフィンのホームページで現役引退が発表された。引退後はダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスで種牡馬となる[6][7]

血統表[編集]

サンダースノー(Thunder Snow)血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 デインヒル系ダンジグ系

Helmet
2008 栗毛
父の父
Exceed And Excel
2000 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Patrona Lomond
Gladiolus
父の母
Accessories
2003 鹿毛
Singspiel In the Wings
Glorious Song
Anna Matrushka Mill Reef
Anna Paola

Eastern Joy
2006 鹿毛
Dubai Destination
1999 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
Mysterial Alleged
Mysteries
母の母
Red Slippers
1989 栗毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Morning Devotion Affirmed
Morning Has Broken
母系(F-No.) (FN:4-k) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×5・4=12.50%、Nureyev 5・3(母内)=15.63%、 [§ 3]
出典
  1. ^ [8][9]
  2. ^ [8]
  3. ^ [8][9]


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サンダースノー、クリテリウム国際を5馬身差の圧勝 JRA-VAN Ver.World 2016年10月31日配信 2018年4月6日閲覧
  2. ^ ゴドルフィンのサンダースノー対日本のエピカリス KENTUCKEY DARBY 2018年4月6日閲覧
  3. ^ サンダースノーは直線での叩き合いを制し、エピカリスを下した。 KENTUCKEY DARBY 2018年4月6日閲覧
  4. ^ オールウェイズドリーミングがKダービー制覇、サンダースノーは競走中止JRA-VAN Ver.World 2017年5月7日配信 2018年4月6日閲覧
  5. ^ 【ドバイワールドC】サンダースノーが史上初の連覇達成”. サンケイスポーツ (2019年3月31日). 2019年11月6日閲覧。
  6. ^ 【海外競馬】ドバイWC連覇のサンダースノーが現役引退”. netkeiba.com (2019年11月6日). 2019年11月6日閲覧。
  7. ^ ドバイWC連覇のサンダースノーが日本で種牡馬入り ダーレー・ジャパン発表”. netkeiba.com (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。
  8. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Thunder Snow(IRE)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年3月31日閲覧。
  9. ^ a b サンダースノーの血統表”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年3月31日閲覧。