サンダーフォースIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンダーフォースIII
サンダーフォース AC
サンダースピリッツ
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 メガドライブ[MD]
アーケードゲーム基板[AC]
スーパーファミコン[SFC]
セガサターン[SS](サンダーフォース ゴールドパック)
ニンテンドー3DS[3DS]
Nintendo Switch[Switch]
開発元 テクノソフト
発売元 [MD][SS] テクノソフト
[SFC]東芝EMI[1]
[3DS]・[Switch]セガゲームス
メディア [MD]4Mbitカセット
[SFC]8Mbitカセット
[SS]CD-ROM1枚
[3DS]3DSカード、ダウンロード
[Switch]ダウンロード
発売日 [MD]1990年6月8日[2]
[AC]1990年12月
[SFC]1991年12月31日
[SS]1996年8月27日1996年12月6日
[3DS]2016年12月22日
[Switch]2020年以降
テンプレートを表示

サンダーフォースIII』は、テクノソフトが開発・発売したシューティングゲームであり[2][3]サンダーフォースシリーズの第3作に当たる。 本作は1990年6月8日にメガドライブ用ゲームソフトとして発売された[2]のち、アーケードを含む様々なプラットフォームへ移植された。 本項では移植版についても解説する。

内容[編集]

システム[編集]

本作の操作体系は8方向移動と3ボタン(ショット、武器切り替え、移動スピード調節)[4]であり、この操作系統は『IV』以降にも引き継がれる。

『II』における自機の移動スピードは固定だったのに対し、任意で4段階に切り替えられる様になった他、難易度NORMALの時に限り、撃墜された際に失う装備が「その時装備していた強化武器」とクローだけとなっている(難易度HARD以上では初期装備以外全て失う)。既に所持しているアイテムを取得した場合は1,000点加算される。

ショットは初期装備されている2種とアイテム取得することで使用できる3種の計5種[4]

難易度はNORMAL・HARD・MANIAの3段階。演出や敵パターンなど、全体的に後継の『IV』、『V』ほどマニアックな味付けはされていない。オールクリア時にはクリア時のスコア(残機及び残クレジットボーナス加算後)に対し難易度に応じた倍率が加えられる(NORMAL…1倍、HARD…2倍、MANIA…5倍)。一見高難易度だが、繰り返しプレイすることでパターンが覚えられるため攻略が楽になる[4]

ストーリー[編集]

100年にわたるオーン帝国との戦いで衰退した銀河連邦は、状況を打破するためにオーン帝星の攻略を図る。オーン帝星は5つの惑星に点在する亜空間転移システムと無人防衛システム(ケルベロス)に守られており、連邦は総力をあげ高機動戦闘機「STYX」を開発した。

自機[編集]

FIRE LEO-03 "STYX"(ステュクス
ケルベロスに反応しないほど小型で、大型戦艦に匹敵するほどの火力を備えている。パイロットであるジーン・R・ファーン大尉と、シェリー・M・ジュピター少尉は連邦のマザーコンピューターによって選ばれた。
このうち、ジーンは銀河連邦軍第110宇宙航空師団に所属しており、第一作の主人公エイドラ・ファーンの孫にあたる。また、シェリーは銀河連邦軍第119宇宙防衛大隊に所属する16歳の少女であり、『II』の主人公ライド・A・ジュピターとディアナ・リーンの長女にあたる。

武装[編集]

タイプ 武装名 説明
攻撃 TWIN SHOT

SEVER
標準装備の前方2連ショット。
強力な前方2連レーザー攻撃。アイテムを取得することにより、ツインショットと入れ替わる。
BACK FIRE

LANCER
標準装備の前後方向単発ショット。
強化高速弾を前方に1発、後方に2発発射する。アイテムを取得することにより、バックファイヤーと入れ替わる。
WAVE 巨大な超音波を前方に飛ばす広範囲攻撃。地形を貫通する特性があるが、破壊可能な地形も貫通するため地形の破壊はできない。
FIRE 前方へノーマルショット、上下に地を這うミサイル攻撃を行う。
HUNTER 自動追尾攻撃。威力は他の武器に比べ低め。地形を貫通する特性があるものの、破壊可能な地形であっても貫通するため地形の破壊はできない。
攻撃補助 CLAW 自機の周りを回転するユニットであり、敵弾を打ち消すことを可能とする。外殻があり、自機の爆破時以外は破壊されない。
本作より、アイテムを取ると自動で2個装備される様になった。また、主攻撃ほどの威力はないが、攻撃の補助も行う。
防御 SHIELD 敵からの攻撃を3回防御し、赤く変色した後にダメージを受けると消失するバリア。障害物に対しても効果があり、遮蔽物を通り抜けることも可能。

ステージ構成[編集]

本作は全8ステージから構成されており、概ね『II』のサイドビューステージに近いスタイルだが、ステージによっては上下や斜め、後ろ方向といった変則的なスクロールが登場する。また、SEIRENステージ(水中面)では気泡に接触すると浮力で水面に押し上げられたり、HAIDESステージ(洞窟面)では天井や地面が突然動いて進路を塞いでしまうなど、各ステージに特徴的な仕掛けが豊富に盛り込まれている。反面、かなりダイナミックな仕掛けが多く、初プレイで通り抜けるのが至難の業となっている場面も少なくない。また、ミスにより全てパワーアップを失っても、全ての場所でハマらないような配慮がなされ、Gロブスター(HAIDESボス)や最終ボスなど敵が物量作戦で攻めて来る場所でも、紙一重で突破口が開けるようなゲームバランスになっている。

MD版のみ、ステージセレクトが実装され、前半5ステージ(HYDRA、GORGON、SEIREN、HAIDES、ELLIS)に限り、開始ステージを任意に選択できるようになった[2]。例えばHAIDESステージから開始した場合は、HAIDES→ELLIS→HYDRA→GORGON→SEIRENの順に攻略したのち、後半ステージに進むことになる。苦手なステージがあっても、そのステージを最初に選んで何度も練習することにより、攻略の糸口をつかむことが可能である[2]

サンダーフォースACとサンダースピリッツのステージ4、5は、MD版と全く別のステージとなるが、ステージ名はMD版と同じくHAIDESとELLISとなっている。[5]

ステージ名の左の文字はM:MD版、A:AC版、S:SFC版にのみ存在することを示す。

ステージ名 BGM ボス ボスBGM
1 HYDRA Back to the fire Gargoyle
2 GORGON Venus fire Twin Vulcan
3 SEIREN The grubby dark blue King Fish
4 M HAIDES Truth Giant Lobster
A S HAIDES(ASTEROID) Omake-2[6] 名称不明 Mobile Fort
SFCオリジナル1
5 M ELLIS Final take a chance Mobile Fort Mobile Fort
A S ELLIS(ANCIENTMAZE)[7] Dark side requiem - death face's - Big na okata 5
SFCオリジナル2
6 M A CERBERUS His behavior inspired us with distrust (ステージ自体がボス)
S (オリジナル戦艦) SFCオリジナル3 名称不明 SFCオリジナル4
7 ORN BASE Hunger made them desperate Base Guarder Off luck
8 M A ORN CORE Final point Cha Os Be menaced by Orn
S (オリジナル)+ORN CORE SFCオリジナル5/SFCオリジナル6

移植[編集]

本作は、1990年に『サンダーフォース AC』という題名でアーケードへの逆移植版が稼働した[8]。システム面での変更として、『III』では大量に出現していた1UPアイテムが減少など、アーケード向きにゲームバランスが調整されたほか、1UPアイテムの減少に伴い、ALLクリア時の残機ボーナスが1機当たり10万点になった。さらに、獲得済みアイテムを取得した時のボーナス点が10,000点になっている。また、ステージセレクトが省略されたほか、一部ステージが差し替えられている。一方で、ソフト連射が搭載されておらず連射は手動または外付けの連射装置を使用しなければならない。

1991年12月31日には『サンダースピリッツ』という題名で、東芝EMIよりスーパーファミコン用ソフトとして発売された。同作の内容は『AC』を元にしているものの、ステージ6と最終ステージはオリジナルとなっている。

また、 1996年8月27日 に発売されたセガサターン用ソフト『サンダーフォース ゴールドパック1』にはMD版が、1996年12月6日 に発売された『サンダーフォース ゴールドパック2』には『AC』がそれぞれ収録されている。

さらに、2016年12月22日に発売された ニンテンドー3DS用ソフト『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』には、MD版をもとにしたアレンジ版が収録されており、本作の携帯ゲーム機への移植は初めてとなる。基本的な内容はオリジナル版と一緒だが、3D映像化のほかにも「途中セーブ/ロード」機能といった新しい機能が追加され、難易度設定には『サンダーフォースゴールドパック1』で追加された「KIDSモード」が搭載された[9]。難易度設定とは別に内容を日本版と海外版に切り替えることも可能であり、難易度の低い海外版モードを選択したうえで難易度設定を「KIDSモード」にすることで、最も簡単な内容にすることができる[9]。 なお、同年に本作を含めテクノソフトのIP資産をすべてセガホールディングスが取得したため[10]、販売元およびクレジット表記が「©SEGA」になっている。

2019年9月19日にセガゲームスから発売されたメガドライブ復刻機・メガドライブ ミニにも、プリインストールされる42作品の一つとしてMD版が収録されており、ゲーム途中のセーブ(ステートセーブ)に対応している。

Switch版『サンダーフォースIV』発売直前の2018年9月13日には、Swtich版SEGA AGESの一環として『AC』を基にした『SEGA AGES サンダーフォースAC』の制作が発表され[11]、Switch版『IV』と概ね同様の仕様になる予定であることが明かされた。

開発[編集]

雑誌での評価やアンケートはがきを通じて『サンダーフォースII MD』の好評ぶりが証明された一方、テクノソフトのスタッフたちはメガドライブの性能を十分に引き出せなかったという思いがあり、この反省を生かすために、本作の開発を決定した[10]。 『II』のアンケート結果より、横スクロールステージに支持が集まったことから、本作は横スクロール専用ゲームとして開発された[4][9]。本作には専任の企画者はおらず、プログラマーやデザイナーが話し合いながら開発が進められていった[10]山西利治と大谷智巳が作曲を手掛け、一部BGMの編曲は新井直介が担当した。

開発(3DS版『III』)[編集]

テクノソフト創業者の大園富美男は2014年に亡くなる前、テクノソフトのブランドをセガに譲渡する旨を周囲に伝えていた[12]。 セガゲームスの奥成洋輔が、本作のスタッフの一人である新井直介のフェイスブックを見て大園が亡くなったのを知ったことがきっかけで交流が進み、最終的に新井の仲立ちで、当時トゥエンティワンが所有していたテクノソフトの権利をセガが取得した[10]。 奥成から業務を引き継いだ下村一誠は、ドリームキャスト時代のセガのサードパーティー事業部でテクノソフトを担当していた経緯があったことに加え、『サンダーフォースII MD』でメガドライブの楽しさに惹かれ、セガに入社した経緯があり、シリーズに対する思い入れから、トゥエンティワンとの話し合いでは先頭を切った[10]。 最終的に、当時企画中だった『セガ3D復刻アーカイブス3』に本作の移植版を入れようという提案により、権利の取得にこぎ着けることが出来た[10]

3DSへの移植を担当することとなった有限会社エムツーの堀井直樹は、最初、セガからみればサードパーティーの製品である本作を『セガ3D復刻アーカイブス3』の一環として発売することに驚いたものの、経緯を知って納得した。裸眼立体視による3D映像化の作業は『ガンスターヒーローズ』の時と同じスタッフが担当した[9]。 オリジナルにあたるMD版『III』では、4メガビットという容量の中で多彩なステージを表現するために様々な技法が使われており、立体的な形状であっても見え方に破綻がなければゲームの中に取り入れられていた。その結果として、3D立体視化する際に画面の情報だけでは形状の判断が難しく、自分の頭の中で想像する必要があったとエムツーの堀井直樹はGAME WATCHとのインタビューの中で述べており、ステージごとに一つ一つ違いがあるという点においては『ガンスターヒーローズ』と同様に苦労し、同作のノウハウがあってこそ『III』の復刻版の開発を頑張ることができたと振り返っている[9]

開発(Swich版『AC』)[編集]

大本である『III』が『セガ3D復刻アーカイブス3』にて移植済みだったことから、Switch向けに『III』を出すよりかは、アレンジ版である『AC』を移植してみてはどうかという話が持ち上がった[13]。また、SEGA AGESのリリース候補には『II』も挙がっていたが、既に『III』が発売されており、もし『II』を出せばナンバリングが逆戻りになってしまうことや[13]、プレイヤーに美しいグラフィックを届けたいという思いから『AC』の移植化につながった[14]。 さらに、東京ゲームショウ2019最終日にあたる2019年9月15日には、自機をSTYXからRYNEXに変更できるという、Switch版『IV』の「STYXモード」の逆に相当するモードが収録される予定であることが明らかになった[8]

反響[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通31 of 40 (MD版)[15]
23/40(スピリッツ)[1]
MegaTech89%[16]
Mean Machines86%[17]

本作の紹介記事などでステージ1のボスであるガーゴイルが炎を吹く場面の写真が使われたことなどもあり、発売前からメガドライブのユーザーの間で本作の美麗なグラフィックに注目が集まっていた[2]

週刊ファミ通での点数は40点満点中31点だった[3]MegaTechはサウンドやシステムに加え、視差を利用した点を評価した。 本作は、イギリスのメガドライブ専門誌メガ英語版のメガドライブ名作ランキングの17位にランクインした [18]。 イギリスのゲーム雑誌ミーン・マシーンズ英語版でのスコアは86%だった[17]

ライターの稲元徹也はGame Watchに寄せた記事の中で、当時の同作が初見殺しとして知られていたことについて触れつつも、当時のメガドライブ用ソフトを遊んでいたユーザーならクリア可能な程度の難易度だったと述べており、「その頃の“メガドライブオリジナルの横スクロールシューティングはイマイチ”という悪評を払拭したのも痛快だった。 」と振り返っている[2]。また、稲元はゲーム開始時に前半の5つのステージを任意選択制にしたことにより、ステージの概要を把握しやすくなったと評価している[2]

移植版に対する反響[編集]

週刊ファミ通における、本作のスーパーファミコンへの移植版である『サンダースピリッツ』の点数は40点満点中23点と、オリジナルであるMD版よりも低い点数がつけられた[1]

書籍『スーパーファミコンクソゲー番付』と『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』 において、『サンダースピリッツ』は、画面の幅の変更に伴い必要な調整が為されていない他、BGMの質にも問題があり、移植失敗作という評価が下されている[19][20]

ライターの団長は電撃オンラインに寄せた記事の中で、メガドラミニ収録版のゲームバランス、グラフィック、そしてBGMを肯定的に評価している[21]

関連商品[編集]

  • TECHNO SOFT GAME MUSIC COLLECTION VOL.3 「Thunderforce III」(TCS-0003) 税込1,500円。
『サンダーフォースIII』のBGMと、アレンジBGMを収録。
オリジナルのBGMトラックはゲームのROMでは容量が足りずカットされたパートを本来の形で収録している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c サンダースピリッツ [スーパーファミコン / ファミ通.com]”. www.famitsu.com. 2018年7月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 稲元徹也 (2019年10月4日). “【特集】【メガドラミニ全タイトルレビュー!】「サンダーフォースIII」”. GAME Watch. インプレス. 2019年10月19日閲覧。
  3. ^ a b サンダーフォースIII [メガドライブ / ファミ通.com]”. www.famitsu.com. 2018年7月27日閲覧。
  4. ^ a b c d 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p75
  5. ^ AC版の該当ステージ開始時に「PLANET HAIDES」「PLANET ELLIS」のボイスが流れる。
  6. ^ 初出時は曲名は無く、『IV』のサウンドテストモードのアレンジ版で曲名がついた。
  7. ^ 『II』に存在したステージをアレンジしたもの。
  8. ^ a b 早苗月 ハンバーグ食べ男 (2019年9月17日). “[TGS 2019]「G-LOC」の検証状況や「SHINOBI 忍」などの実機プレイ,「TFAC」の新要素がお披露目された「SEGA AGES」ステージをレポート”. www.4gamer.net. Aetas. 2019年10月19日閲覧。
  9. ^ a b c d e 山村智美 (2016年12月22日). “「セガ 3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE」インタビュー”. Game Watch. 2018年4月29日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 馬波レイ (2016年10月8日). “『サンダーフォースIII』はいかにして『セガ3D復刻アーカイブス3』に収録されることになったのか? 元テクノソフト新井氏を交えてのスタッフインタビュー”. 2018年4月29日閲覧。
  11. ^ 「SEGA AGES」シリーズのラインナップに「アウトラン」「コラムスII」「サンダーフォースAC」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」が追加”. www.4gamer.net. Aetas (2018年9月13日). 2019年10月20日閲覧。
  12. ^ 馬波レイ (2016年9月18日). “新規収録タイトル2本目は驚きの『サンダーフォースIII』! 開発者による秘話が明かされた『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』ステージをリポート”. ファミ通.com. 2019年11月12日閲覧。
  13. ^ a b 岩井省吾 (2018年9月22日). “現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】”. インサイド. イード. 2019年10月20日閲覧。
  14. ^ 早苗月 ハンバーグ食べ男 (2018年9月23日). “[TGS 2018]「SEGA AGES」ステージイベントの模様を紹介。移植希望アンケートのTOP30が発表,1位は「ジェットセットラジオ」に”. www.4gamer.net. Aetas. 2019年10月20日閲覧。
  15. ^ 30 Point Plus: サンダーフォースIII.ファミコン通信. No.309. Pg.39. 11–18 1994年11月号.
  16. ^ MegaTech rating, EMAP, issue 5, page 81, May 1992
  17. ^ a b Thunderforce 3 - Sega Megadrive - Mean Machines review”. www.meanmachinesmag.co.uk. 2018年7月27日閲覧。
  18. ^ Mega magazine issue 1, page 76, Future Publishing, Oct 1992.
  19. ^ 株式会社QBQ編 『スーパーファミコンクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117097 p105
  20. ^ マイウェイ出版『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』 (ISBN 9784865119855、2018年10月10日発行)、65ページ
  21. ^ 『メガドラミニ』レビュー連載その1。『サンダーフォースIII』『スペースハリアーII』『ダライアス』”. 電撃オンライン (2019年9月7日). 2019年10月19日閲覧。