サンダー・ザボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いサボー・アレクサンデルと表記することもあります。
サンダー・ザボー
(シャーンドル・サボー)
プロフィール
リングネーム ピーター・ザボー[1]
サンダー・ザボー[1]
本名 アレクサンデル・サボー
Alexander Szabó
ニックネーム 雷帝[2]
身長 183cm[2]
体重 107kg[2]
誕生日 1906年[1][3]
死亡日 (1966-10-16) 1966年10月16日(60歳没)
出身地 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国
ブダペスト[2]
スポーツ歴 レスリング[2]
テンプレートを表示

サンダー・ザボーシャーンドル・サボー / Sándor Szabó1906年 - 1966年10月16日)は、ハンガリーブダペスト出身のプロレスラー

来歴[編集]

アマチュアレスリングでは1928年にハンガリー選手権で優勝[2]1931年から1932年にかけては、ニューヨークでタロー三宅(三宅多留次)と数回他流試合を行った[4][5]

プロ転向後、1937年1月1日にカリフォルニア州オークランドでNWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座(サンフランシスコ版)を獲得(以降、同王座には1951年まで13回に渡って戴冠)[6]。11月にはロサンゼルスにてカリフォルニア州ヘビー級王座を奪取、翌1938年11月23日にハードボイルド・ハガティに敗れるまで保持した[7]

1941年6月5日、ミズーリ州セントルイスにて、ブロンコ・ナグルスキーを破りNWA世界ヘビー級王座(統一前のアソシエーション時代)を獲得[8]、第30代の王者となった。1944年3月22日にはボストンにてユーボン・ロバートからモントリオール地区のタイトルだったMAC世界ヘビー級王座を奪取[9]1945年4月25日にはスティーブ・ケーシーを下してボストン版のAWA世界ヘビー級王座を獲得している[10]

1950年代は古巣のカリフォルニア地区を主戦場に活動。1952年2月22日にはロン・エチソンと組んでシャープ兄弟(ベン・シャープ&マイク・シャープ)からNWA世界タッグ王座(サンフランシスコ版)を奪取[11]。5月にはビート・ザ・チャンプTV王座を獲得している[12]

1954年はロサンゼルスにてウイルバー・スナイダーボボ・ブラジルと組み、NWAインターナショナルTVタッグ王座を度々獲得した[13]。ロサンゼルスでは1955年の6月から10月にかけて、日系レスラーのグレート東郷&ハロルド坂田とタッグマッチで再三対戦している[14][15][16]1957年4月30日には、サンフランシスコにて海外修行中の豊登とシングルマッチで対戦した[17]

1963年4月、日本プロレスに来日し、キラー・コワルスキーパット・オコーナーヘイスタック・カルホーンジノ・マレラフレッド・アトキンスボブ・エリスらと共に、力道山の生前最後の開催となった第5回ワールド大リーグ戦に出場[18]。すでに全盛期を過ぎていたこともあって戦績は芳しくなかったものの、公式戦では猪木完至フロント・ネックチャンスリー・ドロップで下している。猪木は後年、この技を「アントニオ・ドライバー」として用いた。

1966年10月16日死去。60歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

モントリオール・アスレチック・コミッション
  • MAC世界ヘビー級王座(モントリオール版):1回[9]
ナショナル・レスリング・アソシエーション
NWAサンフランシスコ
NWAミネアポリス
  • 世界ヘビー級王座(ミネアポリス版):4回[20]
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回[21]
NWAロサンゼルス
AWAニューイングランド
  • AWA世界ヘビー級王座(ボストン版):1回[10]
その他
  • レスリング・オブザーバー誌殿堂入り(2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P102(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ Sandor Szabo - Online World of Wrestling”. Onlineworldofwrestling.com. 2013年8月14日閲覧。
  4. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月15日閲覧。
  5. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月15日閲覧。
  6. ^ a b NWA Pacific Coast Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  7. ^ a b California State Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  8. ^ a b National Wrestling Association World Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  9. ^ a b World Heavyweight Title [Montreal]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  10. ^ a b American Wrestling Association World Heavyweight Title [Boston]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  11. ^ a b NWA World Tag Team Title [San Francisco, by Joe Malcewicz]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  12. ^ a b Television Title”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  13. ^ a b International Television Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  14. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月15日閲覧。
  15. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月15日閲覧。
  16. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月15日閲覧。
  17. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月15日閲覧。
  18. ^ JWA 1963 The 5th Annual World League”. Puroresu.com. 2017年11月12日閲覧。
  19. ^ NWA Pacific Coast Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  20. ^ World Heavyweight Title [Minneapolis]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  21. ^ NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。
  22. ^ NWA World Tag Team Title [Los Angeles]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月15日閲覧。