サンティアゴ・カシーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • サンティアゴ・キャイシーヤ
  • サンティアゴ・カシージャ
サンティアゴ・カシーヤ
Santiago Casilla
IMG 8820 Santiago Casilla.jpg
サンフランシスコ・ジャイアンツ時代
(2010年8月29日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・クリストバル州サン・クリストバル
生年月日 (1980-07-25) 1980年7月25日(38歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 アマチュアFA
初出場 2004年8月9日
年俸 $5,500,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2013年2017年
獲得メダル
男子 野球
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

サンティアゴ・カシーヤSantiago Casilla, 1980年7月25日 - )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル州サン・クリストバル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBオークランド・アスレチックス所属。現在は、フリーエージェント(FA)。

愛称はウィリー[2]。苗字の「Casilla」は、英語では「キャシーヤ(発音:cah-SEE-ya)」と読むのがより発音に近い[3]。また、「ハイロ・ガルシア/Jairo Garcia」という別名も持っている[4]

経歴[編集]

プロ入りとアスレチックス時代[編集]

2000年オークランド・アスレチックスと契約してプロ入り。

2004年8月9日ミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビューを果たした。

2009年のシーズン終了後にノンテンダーFAとなった。

ジャイアンツ時代[編集]

2010年1月21日サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。この年は5月21日にメジャーへ昇格すると、防御率1点台の活躍でワールドシリーズ制覇の一員となった。

2011年ブライアン・ウィルソンの離脱時にクローザーを務めることがあった。

2012年はウィルソンがトミー・ジョン手術で不在となり、自己最多の25セーブを記録した。ただし、後半戦はセルジオ・ロモハビアー・ロペスにクローザーの座を奪われた。シーズン終了後にFAになったが、12月17日に3年総額1500万ドル[5]でジャイアンツと再契約した[6]

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[7]。同大会でドミニカ共和国は優勝したことにより、史上初のワールドシリーズを経験した年の後にWBCで優勝を果たした選手となった[8]

2014年7月からクローザーとなり、19セーブを挙げた。防御率は3年ぶり3度目となる1点台でクローザーとして定着した。ポストシーズンでは、登板した9試合すべてで無失点に抑え、4セーブを挙げてワールドシリーズ制覇に貢献した。

2016年4月25日サンディエゴ・パドレス戦で通算100セーブを達成。7月16日のパドレス戦、投球動作中にバランスを崩してしまい、史上21人目となるサヨナラボークを記録した[9]。オフの11月3日にFAとなった[10]

アスレチックス復帰[編集]

2017年1月20日に古巣アスレチックスと2年総額1100万ドルで契約を結んだ[11]。開幕前の2月8日第4回WBCドミニカ共和国代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[12]

2018年7月15日DFAとなり[13]、19日に自由契約となった[10]

投球スタイル[編集]

2016年では、オーバースローから、平均94mph(約151km/h)の二種類の速球ツーシームフォーシーム)、決め球である平均81mph(約130km/h)のナックルカーブと、平均89mph(約143km/h)のカッターに近いスライダーの上記4球種を主に使用し、その他に平均87mph(140km/h)チェンジアップも使用する[14]
速球の球速は、2010年では最速99.7mph(約160km/h)・平均96.6mph(約155km/h)を記録している。カーブは2007年から使わなくなったが、2010年から再び使用するようになった。また、ツーシームは2009年以降取り入れた。チェンジアップの使用率は低く、2010年以降は全く使っていないシーズンもある[14]
2013年以前は与四球率が概ね4前後であったが、2014年以降は概ね3前後となっている。また、2014年までは、GB%が上昇し、奪三振率が低下する傾向が続いていたが、2015年以降は奪三振率が10前後に上昇し、GB%が47%程度に低下した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 OAK 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 32 5.2 5 3 9 0 1 5 0 0 8 8 12.71 2.47
2005 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 3.0 2 0 1 0 0 1 1 0 1 1 3.00 1.00
2006 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 2.1 2 0 2 0 0 2 0 0 3 3 11.57 1.71
2007 46 0 0 0 0 3 1 2 12 .750 219 50.2 43 6 23 6 1 52 5 0 25 25 4.44 1.30
2008 51 0 0 0 0 2 1 2 8 .667 229 50.1 60 5 20 2 3 43 6 0 22 22 3.93 1.59
2009 46 0 0 0 0 1 2 0 5 .333 233 48.1 61 6 25 3 3 35 5 0 36 32 5.96 1.78
2010 SF 52 0 0 0 0 7 2 2 11 .778 225 55.1 40 2 26 4 4 56 10 0 14 12 1.95 1.19
2011 49 0 0 0 0 2 2 6 6 .500 211 51.2 33 1 25 1 2 45 5 0 11 10 1.74 1.12
2012 73 0 0 0 0 7 6 25 12 .538 272 63.1 55 8 22 4 2 55 1 0 24 20 2.84 1.22
2013 57 0 0 0 0 7 2 2 23 .778 208 50.0 39 2 25 6 2 38 8 0 14 12 2.16 1.28
2014 54 0 0 0 0 3 3 19 10 .500 218 58.1 35 3 15 2 3 45 3 1 13 11 1.70 0.86
2015 67 0 0 0 0 4 2 38 0 .667 244 58.0 51 6 23 2 2 62 1 0 19 18 2.79 1.28
2016 62 0 0 0 0 2 5 31 3 .285 241 58.0 50 8 19 2 5 65 4 2 23 23 3.57 1.19
2017 OAK 63 0 0 0 0 4 5 16 4 .444 259 59.0 58 8 22 1 6 57 3 0 29 28 4.27 1.36
2018 26 0 0 0 0 0 0 1 1 ---- 132 31.1 18 0 20 0 4 22 4 0 11 11 3.16 1.21
MLB:15年 655 0 0 0 0 42 31 144 95 .575 2745 645.1 552 58 277 33 38 583 56 3 253 236 3.29 1.29
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 46(2004年 - 2006年、2010年 - 2018年)
  • 44(2007年 - 2009年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Santiago Casilla Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac. 2017年1月21日閲覧。
  2. ^ Explaining A's Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  3. ^ Santiago Casilla Statistics and History”. 2017年1月26日閲覧。
  4. ^ Baseball Player Name Notes”. 2017年1月26日閲覧。
  5. ^ 2016年の違約金100万ドルを含む。2015年に55試合以上登板で2016年は650万ドルで自動更新
  6. ^ SF Giants sign reliever Santiago Casilla to a three-year deal SFGate.com
  7. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  8. ^ ワールドシリーズに続いてWBCでも優勝。過去に経験した選手はいる!? 今年はカブスの2人が候補 (2017年2月14日) 2017年3月16日閲覧
  9. ^ Giants pitcher Santiago Casilla stumbles to record 21st walk-off balk in MLB history” (英語). デイリーニューズ (ニューヨーク) (2016年7月18日). 2016年12月25日閲覧。
  10. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年7月21日閲覧。
  11. ^ Jane Lee (2017年1月20日). “A's bring reliever Casilla back across the Bay”. 2017年1月21日閲覧。
  12. ^ DR aims to defend title as WBC '17 roster set MLB.com (英語) (2017年2月15日) 2017年3月4日閲覧
  13. ^ Jane Lee (2018年7月15日). “Casilla DFA'd after 15 years in Bay Area” (英語). MLB.com. 2018年7月21日閲覧。
  14. ^ a b Santiago Casilla Pitch Type” (英語). FanGraphs Baseball. 2017年2月7日閲覧。

関連項目[編集]